WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

火打山BC 小雪2016GWもたっぷり滑る♪

当初29〜1日だった火打山テレマークスキーツアー。催行人数2人のところが申し込みは私だけと聞いたのは4/23のこと。他に申し込みがなくても1泊で行きましょう!と申し出てくれたので今年のGWは火打山に決定。
c0321967_20563767.jpeg
天気予報をチェックし始めるとどうにも29日は荒れるお天気。30-1か1-2かと思ってたところ、参加申込がひとり現れ、30-2日の3日に変更してのツアーとなった。





4月30日飯山駅でT.M.N.スキースクールの望月さんにピックアップしてもらい、道の駅しなのへ。もうひとりの参加者T井さんと合流。
c0321967_21010214.jpeg
ここから見える火打山。雪少な〜い!それでもお天気に恵まれ良かったと安堵。
前日はあちらこちらで吹雪いたり、強風だったり冷えてもいたから、笹ヶ峰への道も凍結が心配されたのでスタットレスの望月さんの車一台で向かうことにしたそうなのだけど…ぽかぽか陽気に笹ヶ峰への道は初夏の陽気(≧∇≦)
さて…笹ヶ峰の登山口からすでに木道が出ちゃってるものだからスキーを担いで登ります。
c0321967_21042759.jpeg
10:00ちょい前スタート。先頭を歩かせてもらいます(*^^*)てくてく。
水芭蕉も葉っぱが大きくなっちゃって…
c0321967_21062782.jpeg
木道はともかく、ドロドロぬかるみはテレブーツで歩くのやーねーと思いながら出来るだけ乾いたところを選んで歩く。
足元を見ていたら、あらあらまんまるネズミちゃん(*^^*)
c0321967_21082779.jpeg
死んでるのかな?とツンツンしてみたらチョロチョロチョロと走って茂みへ入って行きました。
黒沢橋通過は9:50程よいペースで歩いてきました。
c0321967_21105553.jpeg
橋を渡ってひと休み。
c0321967_21115676.jpeg
さて先頭を望月さんに代わってもらい私は最後尾を歩きます!
c0321967_21133098.jpeg
T井さんはテレマーク歴3シーズン目。登山経験はほぼなく、この日が初めての山小屋泊とか。
この道をいきなりテレブーツで歩くのもアスリートだからできることかもね(≧∇≦)それにしても背が高くてスキーが木に引っかかって大変そう!
c0321967_21153515.jpeg
背の低い私はそう簡単には引っかからないなんて油断してるとね、あたた。油断大敵ですね!
c0321967_08011695.jpeg
十二曲がりの急登は雪がそれなりについていたけれど、緩んでいたのでキックステップで意外と楽に登れました。振り返ると北アルプスの山々も見えていたっけ。
c0321967_21173442.jpeg

c0321967_21203882.jpeg
この辺りからはしっかり雪かなぁなんて思っていたけれどまだまだ岩が露出してるので、もう少し進みます。少し視界が開けたところまで登ってお昼ご飯。荷物がずっしり重く感じてきたので、3食分のお昼用のパンのうち一番重いチョコクリームパンから食します(≧∇≦)カレースープで!甘いんだか辛いんだか!
お昼を食べたらますます体が重くなった。もう少し登って、雪が落ち着いてきたところでシールを付けた板を履く。これで楽になるかと思いきや…足取りが重い。
ん〜なんとなくついていけずに少し引き離される。
c0321967_21250326.jpeg
疲労がたまってきてるのね…。
火打山に登るのは2度目。前回は2014年の9月のこと。あの時もザックが重かったっけ…テント担いでいたし。その時に比べたら体力ついてるから楽には感じたのだけれど。
富士見平の辺りに着いたのは13:20頃。火打山が見えたのも嬉しかったけど、やっぱり目標地点の高谷池ヒュッテが見えたのが嬉しかったな(*^^*)b
c0321967_21312181.jpeg
お天気は少し崩れてきて雪が舞ったりしてきたので、アウターを羽織って歩いたら汗が出てきた。温度調整難しい…。
c0321967_21331490.jpeg
そして結構な急斜面のトラバース。上になる右足がやたらと疲れてしんどかった。ここでもついて行くのがしんどかったけれど、あとから聞くとT井さんも腿がピクピクいっぱいいっぱいだったとか。(*^^*)
夏道よりも近道できる分少し楽に感じてヒュッテ到着〜!13:55。
c0321967_21371724.jpeg
望月さんのツアーでは大概10時スタートで15時を超えるらしいのだけど…ツボ足で登ってる方がどうやら早いよう。疲労は結構たまったけど!!
荷物を下ろして落ち着いたら自炊室でコーヒー飲んでまったり。希望があれば少し滑りに行きますが…と望月さん。
私もT井さんもぐったり。明日も明後日もあるし、外は雪というか雨というか白いもの舞ってるし、今日はいいです!と拒否(≧∇≦)
身体があったまったら缶ビール飲み始めちゃったしね☆えへへ

夕飯はハヤシライスにカレーライスお代わり自由。この日はハヤシを普通盛りで。お代わりでちょこっとカレーを食べました。なかなか美味しかった(*^^*)

食後少し穏やかになったようなのでお散歩。前にテントを張った辺りまで。
c0321967_21415909.jpeg
綺麗な夕焼けとはならなかったけれど静かな穏やかな夕暮れ。
c0321967_21430502.jpeg
秋の鮮やかな景色とはまた違う白の世界もやっぱり大好き。
c0321967_21440731.jpeg
無雪期には歩けない高谷池の辺りを歩いてみたり(*^^*)
c0321967_21475058.jpeg
6:15からは火打山のビデオが上映されたので四季折々の景色や花々を眺め、のんびり。そしてNHKの天気予報を見る。長野の放送、最寄りの町の天気予報は晴れマークが並んでいるけれど、富山新潟は悪そうだし、低気圧が通過するので、やっぱり悪天だろうと望月さん。
場合によってはなか日、ヒュッテ停滞もと覚悟していたので、まぁケ・セラ・セラ。

持参の白ワインを望月さん、T井さんにもおすそ分けして…まったりストーブのそばに座ってのんびり。
消灯時間9時に就寝。外は強風どんどん強くなる夜でした。

翌日5月1日 5時に目がさめる。寝る前よりすごい風の音。妙高まで行きたいと言っていた登山者も強風に断念。みんなのんびり。
6時に布団から出て朝ごはん。ヒュッテでは夕飯だけお願いしたので、朝ごはんは自前。私はどん兵衛ごはんをぐつぐつ煮て蒸らして食べました(*^^*)ガスもコッヘルも持参で来たけれど、ガスコンロや鍋食器は宿泊者は自由に使えるのね!ありがたや。

朝ごはんを食べても強風は収まらず…天気を確認しながら、皆のんびり支度をして、出発する人停滞する人。
私達もまずは9時まで待機でのんびり。本を読んだり、アルバム眺めたり。

9時を過ぎて風の音はすれどで歩けないほどでもないので少し滑りに行きましょうと望月さん。じっとしてるのも飽きてきたところ、喜んで行きませう!!
10時スタートということでのんびり身支度して出かけます!
まずはヒュッテの下を滑ります。
c0321967_21552753.jpeg
緩斜面ながら登りの疲れもあるので少し緊張。雪も茶色っぽいところはザラメで滑りやすいものの、白いところは新たに降り積もった湿雪、ブレーキ雪。
c0321967_08025848.jpeg
選んでコース取り考えつつ滑るのもまた良い経験!!
c0321967_21574736.jpeg
お天気は少しずつ回復するのやらしないのやら。青空見えたりしつつも雲の流れの速いこと。
午前中は一度登り返し2本滑って終了。小屋に戻ってランチにしました。

午後は晴れるらしいですよと小屋の方にお聞きしつつも、雪女の私、そんな急に晴れないだろうと疑心暗鬼(≧∇≦)まぁ大荒れになることはないだろうしね。

火打山手前、雷鳥平の辺りから北斜面澄川へと流れる斜面を滑る。
c0321967_22035492.jpeg
雄大な斜面はとっても心地よくて、向けない下を頑張って向いて攻めようなんて思うとひっかかって前転ごろりん(≧∇≦)そこからは下向けず横向き慎重滑りに逆戻り!それでも気持ちよく滑れる斜面でした!
c0321967_22044113.jpeg
ここから登り返す時が大変で…強風、突風に飛ばされそうで風が近づいてきたと思えばしっかり足を手を踏ん張って耐える。ふぅ!!

気持ち良い斜面、もう一本滑りたいくらいだけれど風が強過ぎる。
とりあえず小屋方向に戻ります!

でも小屋に戻らず黒沢池方面へ
黒沢池湿原めがけてすべり降りました。
c0321967_22093869.jpeg
これがまた結構長い距離。テレマーク歴4年の私、3年のT井さんにとっては結構な急斜面。雪は茶色いしなんだけ不安もあれど…滑ってみると引っかからないし、ズレるし、気持ちよく滑れました。気持ち良かった〜!…が、後半、太ももぷるぷる限界でした〜(≧∇≦)

せっへと登り返して16時過ぎヒュッテに戻り、シールやらウェアやら干したら、乾いた喉に潤いを!缶ビールぷしゅり。幸せな時間!
夕飯は17:30から前夜と同じメニューだけれど盛り方を変えてみましたよ(≧∇≦)カレー&ライス&ハヤシ!
c0321967_22132487.jpeg
この夜は酒もつきて…珈琲飲んで21:00就寝。翌日の好天を期待してぐっすり眠ります…。

5月2日5時起床。窓から外を見るとまだ曇っていたけれど、少しずつ東から光が入り始め、良くなる気配(*^^*)b
6時過ぎ、朝ごはんはカップヌードルごはんを煮炊きして、しっかり食す。
8時、荷物を置いて、火打山山頂に向けて出発です!
c0321967_22212652.jpeg
この日の焼岳は怖いほどに轟音立てて水蒸気をあげていました。
c0321967_22233965.jpeg
小屋のなかに貼ってあった新聞記事で知ったのだけど、もう随分昔のことだけれど、水蒸気爆発で数名巻き込まれて登山者が命落としているのね。
自然の脅威はやっぱり計り知れません…。大好きな山で哀しい事故は起きて欲しくないし起こさないようにしないとね。
c0321967_22263082.jpeg
美しい山々を眺めながら歩きます!
c0321967_22273734.jpeg
北アルプス方面も少し霞んではいるものの、白馬、雪倉、朝日と見えていました!
c0321967_22293166.jpeg
少し風はあれど程よいお天気。
c0321967_22303020.jpeg
山頂行く前にやっぱり澄川一本滑りましょう!勿体無いと!
c0321967_22311626.jpeg
海の見える方向へ…ヒュルリ〜随分下まで滑って行ったことって感じでした!
c0321967_22323391.jpeg
滑ってみると前日よりもますます滑りやすく心地よい!なるほど滑ることが楽しくて止まれないわけだ(≧∇≦)まぁ私の足は途中で笑い出すから止まっちゃいますけどね!
c0321967_22342205.jpeg
広大な斜面ホント気持ち良かった〜*\(^o^)/*これを登り返すのがまた難儀なんだけど。ま、登るの好きで苦にはならないし♪

登り返してもう一踏ん張り。山頂到着は10:10でした!
c0321967_22370383.jpeg
まずは山頂からの景色をたっぷり楽しみます!
焼山は近くから見るとますます怖い。
c0321967_22383157.jpeg
地球は生きているんだなぁと感じます。
c0321967_22393348.jpeg
妙高山方面。秋に来た時はテント背負ってあの山越えて燕温泉まで降りたんだなぁ、長かったなぁと記憶が蘇る。
c0321967_22411513.jpeg
乙見湖、高妻山の景色もまた綺麗。
c0321967_22432166.jpeg
と満喫したら、そろそろ下りますか。火打山からは南面に難易度高い急斜面もあるらしいけれど、もちろんそんなとこいけません。
c0321967_08050012.jpeg
一番緩やかな登ってきた稜線の斜面を下りますよ。ちっとも緩やかじゃないですけどね…。それでもこの斜面を下手ながらテレマークターンできるようになったのは大きな成長なのです!!
c0321967_22481119.jpeg
楽しく滑って、足もうれしい悲鳴!?ぷるぷるぷるぷる!
c0321967_08053393.jpeg
中腹まで降りたらさらに急な狭いところを滑り降りて天狗の庭へ平行移動。
c0321967_08060126.jpeg
いやいや満喫もう満足(≧∇≦)ヒュッテまでテクテク帰りましょ。
c0321967_22511315.jpeg
ヒュッテに戻って、荷物をとって、外で気持ち良くランチをして…12:30下山開始!
ありがとう火打山!また来るね火打山!
c0321967_22533242.jpeg
富士見平までシール歩行。その下しばらくシールを外してスキー滑走…も、樹林帯でこぼこ、プルークも横滑りも湿雪にしんどくて…もう足が売り切れてるよ…とT井さんと四苦八苦。
スキーを外してドロドロぐちゃぐちゃの道をテレブーツで下りる。

十二曲がりは登ってきた時には雪に埋もれていた階段も随分と姿を現し、違う道を歩いてるような気分になったり。
c0321967_22565956.jpeg
c0321967_22574793.jpeg
長野や関東では28度を超える夏日だとか聞こえてきたけれど、下界は本当に初夏の風。
c0321967_23004395.jpeg
暑くてもうお腹いっぱい。早く下山して温泉行きた〜い!とてくてくしっかり歩きました!
c0321967_23032189.jpeg
黒沢橋通過14:20 登山口到着は15:05頃。爽やかな空の下、元気に下山完了です!
c0321967_23045351.jpeg
杉野沢温泉 苗名の湯で汗をしっかり流し帰路に着きました。

2016年、雪が少なくてどうなることかと思ったけれど、楽しいテレマークスキー山行となりました!

ガイドの望月さん、同行のT井さん、ありがとうございました〜o(^▽^)oひゃほ〜♪

[PR]
by woodnote2014 | 2016-05-03 23:08 | テレマークスキー