「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

青空の鍋倉山でテレマークo(^▽^)o♪

c0321967_20161640.jpg
4月12日 西大巓のパウダースノーから1週間、季節が全然変わったかのような快晴。
今回は、T.M.N.スクールのツアーに参加させて貰い、鍋倉山に向かうのですo(^▽^)o♪

豊田駅8:30頃に主宰の望月さんにピックアップしてもらい、参加者Aさんと合流。さらには道の駅 千曲川でマイカーで参加の方々と合流。参加者8名。ここのスクールは週末のほぼプライベートレッスンを受けたことがあるだけだったから、参加者にお知り合いはいないだろうと思っていたら、一度、合宿所で一緒になったことのあるIさんがいて驚いたo(^▽^)o♪
c0321967_20161491.jpg
全員揃ったら、長野の山々を眺めながら、鍋倉山に向かいます!
道には全然雪など無かったのに、飯山市はホント豪雪地帯。いつしかたっぷりの雪に囲まれていました!

農道のような道に車を止めて、身支度開始。着込むよりも脱ぐ!!もうアウタージャケットは車に置いて、レインウェアも着ずに持って、長袖、半袖Tシャツの重ね着だけで十分!ってかそれでも暑い!スタートしたのは10:30頃だったかな。
c0321967_20161778.jpg
今回のツアーは初心者向けということで、なだらかな道を進み、この日は足慣らし。
山麓で登って滑って遊びます!
青空広がるお山は歩いているだけでホントに楽しい♪
c0321967_20161748.jpg
高度が上がってくると視界も広がり、美しい山並みと雪原が織りなす世界が気持ち良い。
c0321967_20161839.jpg
ん〜少し疲れてきたぞ!疲れというより
シャリばてね。お腹空いたー!!林道に出て、この先が景色がいいからそこでランチにするよってことで、頑張って歩きます♪
c0321967_20161918.jpg
12:50 こんな景色を眺めながら、ランチです!
あったかいカップスープが…そんなに嬉しくないぞぉ(^◇^;)
じっとしてても暑いもの。
とはいえ、やっぱり雪の上、少しずつ身体も冷えてくるから、レインウェアを羽織りましょ。
食べ終わったら、スキーシールを外して、滑走を楽しみますよぉ!
c0321967_20162078.jpg
なだらかなオープンバーンを滑ります!
一本目はなんだか慎重になり過ぎて身体がフォールラインを向かず、止まったり躓いたりしちゃった。
c0321967_20162129.jpg
ここはシールを貼らずに、ツボ足で登り返して、もう一本。
少し慣れてきてさっきよりは上手く滑れたかしら?でもまだカラダが横向いちゃうの。下向け下(^◇^;)
c0321967_20162234.jpg
シュプールの無かったバーンに私達がたくさんシュプール描き、さてさて下りましょ。
c0321967_20162387.jpg
ゆっくり青空の下、楽しんで、雪が融けている沿道のふきのとうを採ったりしながらね、15:00下山完了。
c0321967_20162583.jpg
下山後は、本日のお宿、森の家といえコテージに向かいます!
ロフト付きのコテージ、2階は寝床、1階は大きな掘りごたつがあって、トイレ、シャワー室もあって、なかなか良いところ。キッチンにはコンロやレンジ、冷蔵庫もあって自炊もできるのだけれど…過去には鍋パーティーなんぞもしたそうだけれど準備や後片付けも大変だし、女性の負担が多くて、不評だったとか(^◇^;)
そんな訳で、ひと休みしたら、みんなでまずは入浴、湯滝温泉へ。ゆっくり気持ち良く汗を流し、のんびり浸かった後は…え〜と、なに食堂だったかしらね。
そうそう、なかまち食堂。メニューがたっくさんあってお店は広くて、なんだか昭和な感じ。安くてボリューミー。
セットメニューがお徳でミニ海鮮丼と塩ラーメンのセットを完食して、お腹ぱんぱん!
風呂上がりで喉もカラカラだったから、ドライバーさんには申し訳ないと思いつつ、生ビールも飲んじゃったし。えへ(*^^*)☆

食後はスーパーに連れて行って貰って、夜のデザートりんご缶チューハイとおつまみと朝ご飯を調達。

宿に戻って、その日撮ってもらった写真や動画を見せてもらってスキー談義。
就寝は22時頃だったかな。
久しぶりに爆睡。夜中に目覚めることもなく、6時頃目が覚めた!

4月13日、今日も良いお天気o(^▽^)o♪
8時には宿を後にして、前日とは違う登山口より入山!
路上には多くのスキーヤーやハイカーの車が次々にやってきて停めてたよ!
さ、林道沿いに登って行きます!
舗装道も除雪されて出ているけれど、雪の上をしっかり進みます。
c0321967_20162646.jpg
今日も暑いくらいの陽気。
楽しく登ります!
たおやかな山容の鍋倉山、スキーだと登頂までのルートはいろいろあるようで、望月さんはずっと悩んでました。
c0321967_20162754.jpg
今回は初心者ツアーだし、最高齢72歳のUさんの希望もあって一番楽チンな沢のコースを行きます。
c0321967_20162870.jpg
楽チンといっても、傾斜は緩やかだけれど、距離は長い。せっせせっせと進みます。
c0321967_20162996.jpg
沢から上を見上げればブナ林。すっかり春めいて、シジュウカラなどの野鳥さんがさえずっていました!
沢を登り詰め、ブナ林の中を歩く
c0321967_20163166.jpg
ブナの森はやっぱり気持ちがいいなぁo(^▽^)o♪
c0321967_2016322.jpg
じぐざくじぐさぐブナの間を進み、稜線に出て、向こう側の景色を眺められたときは嬉しかったなぁ!
さ、山頂まであと少し。頑張って歩きましょ〜♪
c0321967_20163372.jpg
山頂は少し風が強いので、山頂をちょこっと進んだところで、ランチです。11:30。
c0321967_20163478.jpg
妙高や火打、黒姫山などなど眺めながら。
c0321967_20163554.jpg
まだまだ登っていない登りたいお山達を眺めたり、鍋倉山頂から続く、まだまだ雪の残るお山の美しい景色を眺めて、もうご機嫌(*^^*)☆
c0321967_20164327.jpg
のんびりランチを楽しんだ後は、滑走です!
登ってきた沢沿いのなだらかな斜面をゆったり楽しみます。
c0321967_20163817.jpg
ちょこっと枝が落ちていたりもしたけれど、なかなか滑りやすい良い雪で、楽し〜o(^▽^)o♪
c0321967_20164687.jpg
樹間が少し狭いから気をつけて!なんて言われたけど、裏磐梯方面のお山より全然間隔空いてるから滑りやすいもの。
c0321967_20163986.jpg
青い空に白い雪、春スキー満喫♪
降りてきちゃったなぁと思いつつ、川の流れを眺めに立ち寄ったり。
c0321967_20164052.jpg
立ってるこの辺りも湿原?沼?雪が溶けると立ち入れるエリアじゃないんだなぁと感じながら。
c0321967_20164156.jpg

空を見上げると日暈というか彩雲というか…ん〜良い空!
c0321967_20164270.jpg
最後は少し雪も融けてきて滑りにくくなってきたものの、みなケガなく楽しく滑り降りてきて14:00頃、下山完了♪
c0321967_20164434.jpg
またまた湯滝温泉に立ち寄り、気持ち良く汗を流した後、ご近所さんのIさんの車に同乗させていただいて、楽々ご帰宅!

青空嬉しい鍋割山ツアーでしたとさ。

今回は初心者コース、沢沿いの道。
また来年、行こ〜っと!
c0321967_2016479.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-04-22 20:15 | テレマークスキー | Comments(2)

雪女と呼ばれて☆西大巓でパウダースノー♪

c0321967_20124722.jpg

4月4日 裏磐梯の天気は雨。う〜雪が溶ける。
土日の予報には雪マークが付いているけれど…どうなることやら…と思いつつ
磐越西線に揺られた。
車窓から見える景色にも雪はほとんど無い。雨も雪も降っていない。静かな夜。
…が、猪苗代駅のホームに降り立つと、あれれ?ひらひら雪が舞っている。

お迎えに来てくれた塾長が満面の笑みで拍手をしてくれて「お見事!」と。
私が来ると雪が降る?雪女と命名されたのは2週間ほど前のこと。思い出してみれば私が参加する塾やツアーの時は雪が降っている…。今回も素晴らしいタイミングで降り始めてしまった訳で。
車で約30分、駅から合宿所へ向かうに連れ、風も雪も強くなり…自分でも笑ってしまう。
合宿所に着くと部屋割りが下駄箱に貼ってあるのだけれど…「雪女」と書かれているし
c0321967_20123422.jpg
(^◇^;)

4月5日
朝、窓の外から風の音が聞こえてくる。風が吹き、雪が舞う。

雪はいいけど風はいらないなぁ。
今週のツアー参加者は私を含め3名。
朝ご飯をいただき、塾長から予定通り、ボス大巓、ボス吾妻ツアーに行くことが告げられた。心配は春風に小枝がいっぱい落ちていること。

心配しつつ塾長の車を下り口にデポしSYさんの車で4人、デコへ。
ゴンドラに乗り上へ。第3クワッドを下りたら、あれれ?見覚えのあるお方。
合宿所常連のTugさんご夫婦。私を見つけると「ホントに雪降るんだね!」と恨まれてる?あはw

9:50頃だったか、1600m辺りからシールを付けて1780m辺りまでハイクアップ。
塾長と山、テレマークスキー経験豊富な男性陣お二人と初心者の私。
足手まといにならないように頑張って登るo(^▽^)o♪ まぁ頑張り過ぎるとあとあと辛くなるからほどほどに。
雪は程よい感じ。下界の風景も少し見えたり、気持ち良い春の山といったところ。
写真も撮らずに登りに専念!

40分ほどでサクッと登り、西へ移動して、シールを外して、さぁ滑走だぁ☆
c0321967_20123554.jpg
オオシラビソの樹林をくぐり抜け、ブナ林を楽しんで
c0321967_20123650.jpg

心配していた枝もなく、ガリガリも気にならず、心地よく滑走できる。
お☆気持ち良く滑れるぞぉ!楽しいぞぉ!
男性陣3人はひゃっほ〜ひゃっほ〜雄叫びを上げながら、ほ〜んと気持ち良さそう。
私はゆったり優雅に軽やかに…どて。なかなか上手くは滑れないけど、気持ち良い!

あっという間に百貫清水までおりてきた。この後、登りになるのでまたシールを貼ってから、昼食。
c0321967_20123757.jpg
お稲荷さんとワンタンスープ。

お天気はどんより曇りだけれど、雪がと〜っても良いのでみんなうきうきご機嫌!

さ、食べたら登るのだ!
c0321967_20124043.jpg
ボスアルプスとちまた…合宿所では呼ばれる稜線まで登る。
お☆陽射しがあるぞ!青空見えたぞ〜♪
c0321967_20124692.jpg
順調に進んできて、時間も早いので、ザックをデポして、シールだけを持って、楽しそうな雪面を滑るっ!
c0321967_20124179.jpg
わ〜いo(^▽^)o気持ち良い雪にホント上手くなった錯覚にとらわれる。まだまだ前脚に乗り過ぎなんだけども。

あまりの気持ち良さにもう一本登り返して滑ることに。
私はね、まだ距離登って歩くだろうし、体力温存のためにやめておこうかなぁなんて思ってのんびり登ってたの。
でもあまりに楽しそうなおじさま方の姿見てると私も滑りたくなっちゃったもの!
ええい、行っちゃえ〜o(^▽^)oひゃっほ〜!

ホント気持ち良いったらないもの。

さて…登り返しますよ。ぜぃぜぃ。
少し遅れてザックまで辿り着き、ぜぃぜぃ。
さて稜線歩き。波打つ山並み、ダイナミックな雪庇から雪の塊が切れ落ちそうだったり、春山に潜む怖さも考えながら…

ボス大巓〜!
c0321967_20124390.jpg
そして、ボス吾妻〜!
c0321967_2012443.jpg

名もないピークに塾長ことボスざる命名の山域。
静かなブナ林、スキー滑走したくなる斜面がいっぱい!
さっきのとこ登り返さずにこっちも滑れば良かったよね、なんていいながら歩いたっけ。

美味しそうな斜面を指を加えて通り過ぎたストレスを発散するかのようにボス吾妻からひゃっほ〜ひゃっほ〜滑り下りる。
午後になっても気温が上がることもなく、パウダー健在。
c0321967_20124926.jpg
楽しく滑り、1週前にはベタベタののり雪で板が滑らず歩いたという林道も、この日は滑る!
塾長にSさんはすいすいすい〜っと視界から消えてった。
が…私の板はあんまり滑らない。さらには太股ぱんぱんで疲れてきてついついブレーキがかかってしまう。
なんとかかんとか下りてきて、15:00頃、駐車場とうちゃ〜くo(^▽^)o♪

グランデコのホテルで日帰り入浴。1000円とお高くてちと驚いたけど、マッサージチェアが無料で使えたから良しとしよう!

合宿所に戻って、湿ったグローブやらシールを干したら…談話室へ。
プシュッとビールを飲みながら、翌日行く予定(だった)箕輪 四段山のビデオを眺める。
30年に1度?という2008年の映像は何度見ても楽しい!

18:30夕食。合宿所のママがご不在だったので、塾長と塾生、総勢4名で楽しく食べたり、飲んだり(*^^*)☆

そこで翌日の予定が発表された!箕輪は風が強いようだし、雪も強風で溜まっていないかもしれないし、最悪ガスって身動きが取れなくなるかもしれない。
それより西大巓の東斜面の方が良い雪がある筈と塾長から説明。

なるほどなるほど。塾長の判断に疑う余地もなく、異論もないのだけれど…
塾長ってば、実は今季は1度も西大巓山頂に立ってないから、俺が行きたいんだけどさって(^◇^;)

ビール飲んで、私が持って行ったスパークリング日本酒を飲んで、食事もひと段落。
塾長が後片付けをするのを待って、談話室でこの日のビデオ鑑賞会。日本酒飲みつつね☆
いやぁ楽しい時間だった!

22時頃から皆睡魔と戦いはじめ、そろそろお開きといいつつも話がつきず、部屋に戻ったのは23時頃だったかなぁ…☆

4月6日
目覚めてカーテンを開けて見た空はあれ?青い!!!
晴れてるし(^◇^;)風もさほど無いよ。あれれ?

気持ち良い青空広がってるんだけど、皆複雑な表情。気温が高くなると雪は悪くなるし、雪崩の恐れも…。
曇り空で良いと雪を降らせてくれて良いと…!!
それならば降らせましょ!?←私にそんな力があるのか!!

またデコのゴンドラに乗って上へ向かう。
そしたらあらあら雪が舞い、ほどよくガスる。

塾長ってば「本当にすごいね、さすがだね!」と。雪女から雪女大明神へと格上げされて、さらにリフトから下りて、シールを貼って登り始める時には、もう神様扱い!
2礼2拍されて拝まれて(≧∇≦)

さてさて今日は西大巓山頂まで登りますよ〜!!
若干前日の疲労とおちゃけが残ってる私はちょっとスローペース。
それでもせっせと登って、他のパーティを追い越して登っちゃうもの。
ぜぃぜぃ。
樹林帯を抜けると少し斜面はガリガリで登りにくかったり、風をもろに受けてしんどくもなったけど、無事山頂到着11:00ちょい過ぎ。

かなりガスは濃くなっていて、数組のパーティが停滞している様子。
お目当ての東斜面もガスと雪で全く様子が見えないけれど、先に登り着いていた塾長が雪崩の危険性を探るハンドテストをして、大丈夫そうということで、よく見えない斜面を滑り降りて行く!
シュプールが付くと、少し斜面の様相が分かって、私も行っきま〜す(≧∇≦)
ずずず〜っ、ドテっとね。
雪がたんまり積もっていて、気持ち良〜ぃ!
でも足の疲労でテレマークターンなんて全然できないも〜ん☆
テレマークもどきのプルークでも十分楽しいからよしよし!
c0321967_20125536.jpg
お三方は樹林帯ギリギリまで滑り降りていた。
c0321967_20125891.jpg
少しガスが晴れて来て、まっさらだったキャンバスのような雪面のシュプールが浮かび上がった!
滑り終わったら、あらら。お天道様が顔を出した!
c0321967_20125086.jpg
西吾妻方面の景色なんかもちらっと見えて
私はちょこっと上で終わって登り返す!
c0321967_2012522.jpg
それでも追い越されて、ぜぃぜぃ登る。疲れたよ。ってかシャリばてね(*^^*)☆
いつしかお昼回ってたもの!わずかな木陰で風をしのぎつつ、クロワッサンとカップパスタでランチ!うん、美味いっ♪

さ、お腹が満たされたらまた滑るぞ〜!ひゃっほ〜!
でももう私の脚はバテバテさ。
下界まで滑り降りる体力と残しておかなくちゃだから、ゆっくり登り返したら荷物番しつつ休憩!

お三方は元気にもう一度滑って登り返してきた!
c0321967_20125923.jpg
c0321967_20125963.jpg
c0321967_2013157.jpg
タフなおじさま達。おばさんはもうヘトヘトさ。まだまだ滑りたそうなお三方だけれど、ぼちぼち下りますよ〜(*^^*)/

少し西へトラバースしてブナ落ちを楽しみながら下っていく。
c0321967_2013229.jpg
最後まで雪質は良好。

皆に感謝されて…「大明神様、ありがとうございます!」などと言われて困っちゃう!
いやいや私は何もしてないしf^_^;)と言えば「あなたがここにいてくれるだけで良いのです。」とあら(//∇//)異性にそんなこと言われたことかつてあったかしらねぇ!

2日間、青空見えたのはほんの数分のことだったけど、雪質良好。
大満足のテレマークスキーツアーでした(*^^*)♪

塾生さんのおひとりはなんと隣駅にお住まいで、かなりのご近所さんだと判明。
スキー場からそのまま自宅近くまで車に乗せてきてもらって楽チン楽チン。

ボス大巓、ボス吾妻、西大巓。
私にとってはまだまだ遠い未来のお山と思っていたのに…まだ塾では☆☆2つは貰えず、仮免状態だけれど、来れちゃったもんね!
c0321967_12314587.jpg
c0321967_12314462.jpg
憧れの箕輪 四段山はまた来年のお楽しみ!
もっと上手くなってからもっと楽しく滑りなさいってことよね。

さ…今季も残りわずかになってきましたよ☆
でもあと2回はスキーツアーに出かけるのだぁo(^▽^)o♪←ますますテレマーク病悪化ちう。
[PR]
by woodnote2014 | 2014-04-09 20:12 | テレマークスキー | Comments(4)