「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

どっぷりテレマーク病に侵されて☆深雪のツアー三連ちゃん

先週に引き続き裏磐梯へ。
3日もあれば1日くらいは晴れるだろうと思ったのに…雪が降る降る。どうやらその雪は私のせいらしく、塾長から雪女の称号いただきました〜(^◇^;)

21日金曜日。
予定では合宿所ポローニア裏山ツアーでカカ様に借りたウロコ板で楽しくお散歩でしたが…
日中は大雨、途中からボタ雪がぼったぼた。夜、猪苗代に着くと雨で、五色沼あたりから雪だったけど重く湿った雪。水曜あたりはザラメ雪で気持ち良さそうなコンディションだったらしいけれど、もう悪雪だもの。

塾長思案の末、ペンギン沢ー百貫清水方面へと変更。
c0321967_19592769.jpg
朝起きた時は気持ち良さげな景色が窓から見えたけど、雪質はねぇ。朝着の方々も来られ、荷物を置いて、グランデコへ。
c0321967_19592915.jpg
ゴンドラへっと思ったら結構混んでいたのでリフトに変更。3本乗り継いでトップへ。
ガリガリゲレンデを横滑りの練習したりしながらちょこっと下って、林間へ。
強い風も林間に入ってしまえば穏やかな世界。
c0321967_195930100.jpg
重たい雪になかなかテレマークは決められないけれど、不整地にも慣れてきたので、恐怖心がなくなり楽しめるようになってきたぞo(^▽^)o♪
c0321967_19593270.jpg
お昼は百貫清水で。
ここに来たのは2度目かな。
前回は見られなかった湧き水の大きな穴が見られたよ!
c0321967_19593371.jpg
食後も林間を擦り抜け、楽しく滑り…
林道へ出ると青空が見えて来たりして…明日は晴れるのか?なんて期待もしたんだけどね(*^^*)
c0321967_19593464.jpg
宿に戻り、桧山温泉 湖望の湯へ行くというK子さんに私も連れてってとお願い☆えへ。
入浴料400円。小さな大衆浴場、気持ち良く汗を流しました!
夕御飯までの時間はSチームの3人とお山やスキーの話なんぞしながらビールをぐびっとね!

夕食も美味しくいただき、夜のミーティングでは日本酒ぐびり。楽しい夜を過ごしました。

さて2日目、22日土曜日。
予定はペンギン沢ーポローニアルート。宿まで滑りおりて来る予定ならバスで猫魔へ行くから、途中でお酒も飲めるなんて塾長は企んでいたようなんだけど…
昨日の下山時の晴れ間はなんだったのか、温泉から戻る頃から雪が降り続き、たっぷりの深雪。
本来★★2つレベルのルートでさらに難易度が増している。
★2つ仮免レベルの参加者、★1つの参加者もたんまりいるので、参加者9名半分以上が対応困難だろうと…この日も予定変更f^_^;)
雄国沼ルートへ。
猫魔のトリプルリフトを降りて、雄国沼方面へ行くことに。

リフトからゲレンデを滑る人のシュプールを見ているとパウダーが舞うというより、ホワイトソースを作って失敗してできたダマのようにころころ雪が転がってると塾長。
今日の雪も重いのか?…と思いきや…
c0321967_19593586.jpg
1285mピークの南面、良さげな雪と斜面が広がってるぞのそこへ滑り落ちる!
ひゃっほ〜o(^▽^)o♪気持ち良い!
へたっぴながら、なんとかテレマークターンもできる。楽しいぞ☆

シールを付けて登り返し、北面へと滑り落ちる。ひゃっほ〜o(^▽^)o♪
c0321967_19595958.jpg
美しい霧氷の着く白い森。気持ち良い。
風は強いのだけど、樹々に守られ、林間は穏やか。
ランチタイムは少し風や雪も感じたけど、それもまた楽し!

食後は猫魔スキー場方面へと登り返す。たっぷりの風雪に雪庇が立派に成長していて、なかなか稜線に出られなかったりもしてね。
c0321967_19595777.jpg
雪庇は積み重ねたホットケーキのようで、そこに下がるつららは上からかけたメイプルシロップが垂れ落ちているようで(*^^*)♪
c0321967_19595780.jpg
稜線に上がると風が強く顔痛い〜!
先週に比べればまだマシなんだけど、ややホワイトアウト状態。
あれ?方向を見誤った?登らないと言っていた丘に登っていたようで、塾長も珍しく地図を確認しつつ、進んで、無事、正規ルートへ。
c0321967_20016.jpg
林の中は本当に風がおさまり、居心地が良い。繭にくるまれているような不思議な空間。

そして、スキー場上部へ。
1月に深雪講習で四苦八苦したコースを下る。悪雪だったそのコースも気持ち良いパウダーで楽しく滑るo(^▽^)o♪

ひゃっほ〜とあっという間に滑り降り、ゲレンデに出て、センターハウスに戻ったのはまだ2時前だったっけ。

林間にいると本当に穏やかな雪山だけれど、風雪強く…そんな日は早上がりで温泉がいいよね!
この日もK子さんの車に同乗させていただいてSチームと共に裏磐梯ホテルの日帰り入浴へ!
通常1200円のところモバイル宝会員で600円!
広い内湯に露天風呂、ゆっくり浸かってぽっかぽか(*^^*)♨︎

宿に戻ってからたんまり時間もあるので、過去のツアー映像などを鑑賞しつつ、ビアをぐびっとね☆んまいっ!

翌日予定している箕輪四段山の映像を見てイメージ膨らませたり、テレマークのベテラン、ミヒャエルさん(←日本人!)のテレマーク講習?を受けて、重心をしっかり後ろ足に乗せることを学んだり。

夕飯食べて、荷物整理して、夜のミーティングでは日本酒飲んで、ワイン飲んで。毎晩楽しくわいわいわい(*^^*)ひっく。

23日日曜日。
え〜と雪、降り過ぎ。
予定では箕輪に出かけ、現地で四段山か別ルートか…決める予定だったのだけど…
朝食時に大幅に予定変更が告げられた!
箕輪は強風予報も出ているし、雪崩も怖いしってとで…
ツアーでは経験の無いという簗部山へ行くことに。

宿でスキーシールを貼ってしまい、車で10分もかかってない?Hさん宅がスタート地点。スキーを履いて、せっせと歩き始めます。
c0321967_2001910.jpg
道路、遊歩道と雪に埋まっている道を進む。
カーブミラーはかろうじて出ているけれど、こんなに深い雪は2月にも見たことが無いとこの辺りの開拓者、ミヒャエル隊長。
c0321967_20038.jpg
さてさてしばし林道を歩いたら、いよいよお山に取り付きますよ!結構な斜度を直登!クライミングサポートをしっかり上げて、一歩一歩踏みしめて登ります!ぜぃはぁ!
風は冷たいのだけど暑いからっ!汗だくだから。ジャケットを脱いで、薄手のパーカーに変えて登ります。

ぜぃはぁ、ぜぃはぁ。
しっかり登る感覚、なんだか久しぶり!登るのもまた楽し♪

けど、右手は雪庇、雪面は段々畑状態で厳しくなってきた。
これ以上登っても楽しく降りて来られないぞとぼちぼち休憩ポイントを探そうということになったけれど、程よく落ち着ける場所は当初の予定どおりボス平☆
ちょうど東側の雪庇が切れて陰で風をしのげる場所があったので、そこでランチタイム(*^^*)
c0321967_200575.jpg
美しい樹々を眺めながらね☆
c0321967_200698.jpg
ランチ後は東側雪面の状況探索に少し歩き、ベテランテレマーカーの方々はそこを滑り降りたそうでしたが…ムリですよっと!
c0321967_200856.jpg
登ってきた斜面の西側をトラバース気味に林間を滑り降り、少し段々が減ったところから滑走!
c0321967_20091.jpg
塾長は楽しげに滑る!
c0321967_2001077.jpg
ミヒャエル隊長も颯爽と滑る。
c0321967_2001146.jpg
私はプルークでのんびりとf^_^;) あれ?青空出てきたねぇ!せめて数時間早く出てもらいたかったよ!
c0321967_2001386.jpg
真っ白だった樹々も本来の姿が見えてきて、小野川湖や桧原湖、曽原湖なども眺めつつ…下りを楽しむ。
c0321967_2001427.jpg
正直、楽しめたかって〜ともっさり悪雪、樹間狭過ぎ、斜度あり過ぎで、も〜大変f^_^;)
c0321967_2001660.jpg
それでもなんとか下り、沢を渡り、林道を歩き…下山完了!
c0321967_2001754.jpg
最後には美しい青空が広がりました〜o(^▽^)o♪
c0321967_2001875.jpg

今回はあまり歩かれていないコースだってことだからルートの記録をとって見た。
c0321967_2002036.jpg
ふむふむ、ここを登って降りてきたのね!

お天気には恵まれなかったけど…たっぷりバラエティに富んだ雪を楽しんだ3日間だった〜
テレマークもっと練習してうまくなりたいぞ〜っ!
だからまだまだスキーシーズンは続くのだ〜o(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-24 20:00 | テレマークスキー | Comments(0)

テレマークスキーツアー☆美しい雄国沼、ホワイトアウトの雄国山の巻

3月16日 予定では箕輪方面へ行く予定だったのだけど、前日の雪の状態、強風予報から、こんな日に箕輪に行っても楽しめないと、塾長が選んでくれたコースは雄国沼・雄国山。

車を下山予定のアピスパ方面に停めておくためドライバーさん達は8:30に出発。
女性5名は9:00ペンション村から出るネコバスに乗って猫魔スキー場へと向かう!なんか新鮮(*^^*)

トリプルリフトに乗って、そこから歩き始めます!
今日も程良いお天気とこの時は思ったのよね。磐梯山もほぼ山頂まで見えてたもの。
c0321967_2001839.jpg
昨日歩いたのは反対っ側なんだよね!
雪質は前日とは大違い♪柔らかくて心地良い感触。うん、楽しい♪
c0321967_2002041.jpg
標高を下げたこのコースを選んでくれた塾長に感謝☆
樹氷、霧氷、やわらかな雪面を楽しみながら、軽く登って、軽く下っていく。
c0321967_2002115.jpg
そうこうしているうちに雄国沼が見えてきた〜o(^▽^)o♪
真っ白だけどね、半分湿原、半分沼といった感じだそう。
c0321967_2002284.jpg
初夏にはニッコウキスゲやレンゲツツジで彩られ美しい景色だそうな。
そんな季節にも来てみたいなぁと思いつつも今は真っ白な世界が嬉しくて(*^^*)♪
c0321967_2002385.jpg
樹々に付くエビの尻尾を眺めながら、滑り降りて湖畔の小屋へ。
小屋はスノーシューハイカーで賑わっていたので、小屋裏の林間へと進み、シール装着。
この日は9人中うろこ板は3人だけ。私は自分のツルツル板。
うろこ板の人も塾長を除いてみなシールを貼ります。
シールを装着すると楽々登れるの!
とはいえ、汗かきかき。サングラスが曇る。
途中、シールなしのウロコ板では直登できないところで塾長とは分かれて進みます!
鞍部に出たら、あれれ?真っ白白すけ。どんどん視界が無くなってくよ。
あれれ?塾長はどこだ!?進行方向は分かっているけど、塾長がどっちから来るか、分からないから待っていたら上の方から声がする。
進んでみたら…何してたの?って(^◇^;)
鞍部までの道しか聞いてないから!!
塾長も鞍部でこんなに視界がなくなるとは思ってなかったらしい。

さて、さらに登りが急になり、ガリガリだったりするけれど、シール登行はやっぱり楽ちん。
さらにはクライミングサポートを使ってせっせと登って、雄国山登頂o(^▽^)o♪
12:00頃だったかしら?
c0321967_2002773.jpg
(C)URABANDAI TELEMARKSKI SCHOOLより転載。

さて、シールを外し、ここから気持ち良く滑れそうな斜面も雪もあれど、何せ視界がありません!
自由に滑ったりしようものならはぐれて遭難しちゃうもの。
みんなを見失わないように、はぐれないように、ゆっくり、少しずつ少しずつ滑り降ります。
雪も降ってきて、風も少し。
お腹も空いたけど、少し風雪をしのげるところまで進みます。
1102mピーク手前の林間でようやくランチ12:30

それでも視界は開けず、雪も強くなってきて、気温は少し高いのかな?
ウェアもザックも濡れてきた(^◇^;)
ランチを済ませて、またシールを付けて、緩やかに登って1102mピークへ。

またまたシールを外し、あとは下るだけ?
ところがうねうねしてるものだから、そのうねうねが見えにくいものだから、スキーの先がずぼぼぼっと雪に食い込み、前面にばったり倒れ込むっ!
ふ☆先頭行く塾長がいちばん起伏が読めないからね、同んなじように妖怪板掴みの餌食になって、どてっとな(≧∇≦)

いやぁ、みんな転んだ転んだ。
最後は重々の湿雪急斜面。も〜太腿ぱんぱん!
でも楽しく下ってきて無事下山完了☆
c0321967_200244.jpg
いやぁ春の雪山、恐るべし。
雄国パノラマ探勝路をオンコースで滑ってきたらしい。
このコース、樹々が大きく広く育っちゃって昔のような優雅な斜面が楽しめなくなったからと今年のツアーコースからは外していたそうで、塾長も久々に来たらしい!
それでも迷うことなく、コンパスも地図も見ずに来てしまう塾長ボスザルの嗅覚は素晴らしい♪

お山で颯爽とテレマークを決めることなど、まだまだ夢のまた夢だけれど…
不恰好でもなんとか登って降りられるから、レベルは☆1つの初心者だけど、☆☆2つの仮免ということで、来週は☆☆2つコースにも参加しちゃうのだ〜!!

桜も咲き始めそうな季節だけれど、私のスキー熱は冷めやらず。
熱くなり過ぎて雪も溶けちゃうぞ〜(^◇^;)
c0321967_200266.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-18 19:58 | テレマークスキー | Comments(2)

テレマークスキーツアー☆どこがお手軽お散歩コース!?磐梯山 沼の平の巻

ゲレンデレッスン、サイドカントリーで深雪講習、時折まったりスキーハイクとテレマークターンをせっせと練習し、不整地の雪に慣れ…春山スキーシーズン到来!?

3月15日 裏磐梯テレマークスキー塾の☆1つツアー(初級のお山)に参加です!
数日前に降った雨で雪質は期待できないのは分かっていたけれど…想像以上でした。

当日朝、朝食をいただきながら、参加者大半がステップソール、ウロコ板で行くという。
塾長もママもお手軽お散歩コースだからウロコがいいと。
普通のツルツル板しか持ってないから、塾長に貸してとお願いしてみた!
突然言われても、細いのしかないんだよと…探してみてくれたけど、結局貸してくれたのは、普段塾長が使ってる板。

ただキャンバーっての?山なりの板だから体重が軽すぎると使えないということで、なんの心配もなかったけど、出発前に試し履き。
履いた瞬間にしっかり板が地面に接着するのを見た塾長、大丈夫!大丈夫!Hちゃんの体重は俺と一緒、使える使えると…おぃおぃ!
まぁしっかりウロコの跡が雪面に付いたし問題ないけど、塾長よりは軽いやぃ!

出発時は青空がとっても綺麗だったなぁ♪
c0321967_2124234.jpg
いつものハイエースに乗り込み、猪苗代ミネロスキー場へ。
c0321967_2124613.jpg
リフトを一本乗って降りると、そこからは猪苗代湖が綺麗に眺められた。よしよし程よいお天気じゃないの!
c0321967_2124789.jpg
2本目のリフトを降りて、まずはゆっくり赤埴山に向けて登ります!スタートは9:40頃だったかな。
ウロコをしっかり噛ませるように踵をぐっとね、登ります。
今日の参加者は8名に塾長と9名のパーティーです!うちウロコ板7名。シールを張ったり外したりがいらないから楽ちん。でも歩き方間違えるとズリズリ下がって登れなひ!
まぁなんとかコツを得て登っていく。
でも、あれ?塾長下って道探索してる!
c0321967_2124830.jpg
ちょこっと登りすぎたようでちょこっと下って、赤埴山の西側へと回り込む。
それがブッシュの中を四苦八苦。足元はガリガリだけどしっかり踏み締め斜滑降トラバース。
c0321967_2125061.jpg
赤埴山を見上げ、少しなだらかになったコースを楽しみながら歩きます!
c0321967_2125137.jpg
夏の登山道と一緒の道なのね。標識も見え隠れ。
c0321967_2125284.jpg
そして雪原へと辿り着き、小休止。11:00もう少し歩くから行動食食べてスタミナ補給。桜餡の金つばぺろりん。
c0321967_2125360.jpg
ここから気持ち良い雪の湿原を歩く筈が…ガリガリで歩くのもしんどいもの。
c0321967_2125465.jpg
それでもダケカンバの霧氷がとっても綺麗で静かで気持ちの良い冬景色。時折冷たい風に吹かれても許せちゃう!
c0321967_2125581.jpg
さて…沼の平に到着。大きな噴火口跡の広大な景色を眺めながら、本当ならば黄金清水下を登って滑る予定だったそう。
ガリガリだもの、試しにちょこっと滑ってみても、転んじゃうもの。
笑っちゃうくらいだもの。
氷のバーンと雪がシマシマになって波打っていてどうしたって滑降楽しめる筈がないもの。
証拠写真だけ撮って、撤退!!
風も出てきたので、少し風除けになる林間に入って昼食。
あったかいキーマカレーのスープにミートパイをぺろりん。
c0321967_2125668.jpg
お腹も満たされ…帰りましょ。帰りも固い斜面のブッシュをひたすらトラバース。
もう足パンパン。
c0321967_2125793.jpg
スキー場ゲレンデ上まで戻ってきて不整地で滑降をビデオ撮影。
もうテレマークターンする脚力残ってないよ〜!と思いつつ挑戦するも、重い雪と普段より15cm長い板に四苦八苦。
ずずずっどてっと転ぶもの。
見た目は穏やかな斜面なんだけどねぇ、大半ばたばた転んだもの(≧∇≦)

いやいや、どこがお手軽散歩じゃっ!
まぁそれでも良い経験です、はい。

斜滑降に横滑りは上手くなったに違いない☆

そして長いゲレンデを滑り降りる。
猪苗代中央スキー場。プライベートレッスンでちゃんとテレマークターンができた斜面ももう脚に乳酸たまりまくりで大変だもの。
アルペンターンもどきでせっせと下りましたとさ。

14:00前だったかしらね、ツアー終了。
そのあと一旦ペンションに戻り、塾長が国民休暇村に連れて行ってくれたので、のんびり気持ちの良い温泉に浸かることができました。

湯上りはやっぱりビールぷしゅっ(≧∇≦)☆

いやはやハードなスキー散歩だったわ☆
c0321967_2125996.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-17 21:02 | テレマークスキー | Comments(0)

まだまだ伸び盛り☆菅平&峰の原でテレマークレッスン。

3月8日
これまでは裏磐梯でしかレッスンを受けたことがなかった。
テレマークスキーの滑り方は自由度が大きいし、先生によって教え方も違うようだから、いろいろ聞くと分からなくなってしまいそうで…ちょっと躊躇いがあった。
ただ、あちらこちらにあるテレマークスキースクール、受講するとあちらこちらのツアーにも参加できるようになる。
経験経験、いろいろやってみましょ!
もともと頭で考えるより身体で覚える派、いろいろやってみましょ!

ってことで、長野、峰の原高原のT.M.N.スキースクールの門を叩いた!
8日は峰の原ではなにやら大会が開催されてるそうで混雑を避け、おとなり菅平高原奥ダボスでのレッスン。

朝9:05にダボスバス停につき、ペンションふくながの素敵な女主人K美さんにお迎えに来ていただき、荷物を置いて、いざ出陣。

車で数分、送ってもらった場所は…
このトレースを辿って真っ直ぐ行くとゲレンデ、チケット売り場に着くからと…
その場所の景色が美し過ぎて、ずーっとここに立ち尽くしていられるような青空と雪の世界(*^^*)♪
c0321967_21445845.jpg
立ち尽くしていたいけれど、チケットを受け取る待ち合わせもしてるので進まなきゃ!
足慣らしに数本滑ってレッスンへ。
c0321967_2145138.jpg
午前の部は10:40〜12:10初中級クラス受講者は私を含め3名。
最初にピステ、オフピステでの滑りのレベルをチェックしていただき、その後、ターンの時のエッジの利かせ方を学ぶような練習を繰り返す。
小指→フラット→踵の流れでエッジを切り替えていく流れをしっかりと頭に入れつつ繰り返す。

あっという間に1.5hr、ランチ前に一本オフピステを滑って、午後もオフピステで自主練。
どんどんオフピステの綺麗な雪面も多くの人がシュプールを描き、荒らされ放題、滑りにくい状態に。
そうなると足がとられて、ターンが上手くできないよぉσ(^_^;)
それでも青空の下、転んでもパウダースノーが気持ち良〜い!

午後のレッスン14:40〜16:10は私ひとり。
なだらかなオフピステ中心に内傾と私の背筋ピンと姿勢良過ぎ矯正、少し猫背を意識して滑る。
教えてくれる内容や指摘されることは裏磐梯塾長とほぼ同じ。
どうやら少し悪い癖がついてきてるかも?足を入れ替えてから二段階で少し前乗り気味で回ってるみたい。

とにかくお天気が良くて気持ちが良い。
c0321967_2145293.jpg
あっという間に16:10 リフトは17:00まで動いてるらしいのだけど、もうお腹いっぱい。太腿も疲れてきたし…いつもほどパンパンにはならなかったけど(*^^*)

望月先生と一緒に滑って、本日のお宿ペンションふくながさんへ。
本日の宿泊は午前に一緒にレッスンを受けた素敵な紳士Nさんと夕飯無しの夜着の方と私のみと聞いていたし、先にNさんはお風呂を済まされたようだったので、のんびりゆったりお風呂に浸からせていただいた(*^^*)☆
はふぅ。スキー後の入浴は温泉じゃなくても気持ちが良い。

6:30からの夕食。ビールをいただこうかと思ったけれど、Nさんがワインをご馳走してくれるとおっしゃるので、ありがたくいただきました(*^^*)☆
楠ワイン、とっても美味しかった!
そして北欧の家庭料理を思わせるような(北欧の料理なんて何ひとつ知らないのだけど)お野菜たっぷりの優しく温かいお料理。
もうとっくに還暦も越えられたNさんとスキーの話をしたり、マラソンの話しをしたり…Nさんは50歳の頃、初フルマラソンでサブフォー達成されたようなアスリート。今は膝を痛められて年に数回スキーを楽しむ程度らしきのだけれど、とっても素敵な方でした。

レンガのロケットストーブでは白樺が静かに燃えて、気持ちの良い夜。
c0321967_214539.jpg
夕食後、K美さんとNさんととある故人を偲ぶ話しを聞いたりして…会ってみたかったなぁと思うような不思議な方のお話しはなんだか楽しくて。

気付けば…22時近かったかしら。(*^^*)
望月先生が今日のビデオを見ましょうと仰ってくださり、ビデオ講習。
ゲレンデで気持ち良く滑ってたつもりの姿もやっぱりターンの時に少し足が開き気味。
オフピステでは全然ダメじゃん!
悪いクセがあるものの、ちゃんと滑れちゃってるからツアーに行っても大丈夫と言われても、満足できる訳が無い!
もっと上手く気持ち良く滑りたいから、悪いクセは早いうちに治すのだ!
上手い方の滑りも少し見せてくださり、よしよし、明日の課題が見えたぞっと。

ってことで…就寝(( _ _ ))..zzzZZ

3月9日
さて、7:30に美味しい朝ご飯をいただく。
ハニーココナツや菜種油など自然食材でとっても素敵なモーニング。

9:00からは峰の原高原スキー場でレッスン。
今日も運良くマンツーマン。
リフトに乗り、まずは最長部からの景色を楽しむ!
鹿島槍、五竜、白馬三山、北アルプスの山並みがと〜っても綺麗!
c0321967_214554.jpg
気持ち良くレッスン開始!
一本足慣らしに滑り、やっぱり足を入れ替えてから、板を回してるようなところがあるので、足を揃えて内傾姿勢でターンしてからテレマーク姿勢を作るようにして何本か滑る。

そういや塾長のプライベートでもアルペンターンでしばらく滑ったのは、おんなじなんだよね。エッジの切り替えを上手く内傾で行うため。
塾長の言葉でいえば、地球に垂直じゃなく、地面に垂直。

ふむふむ。何度か繰り返し、コースを変えたりして、1.5hr終了。

さ、さ、さ自主練、自主練。
それにしても良い景色〜o(^▽^)o♪
c0321967_2145873.jpg
お腹も空いたのでランチにして、2本ほど滑って、13:00
午後のレッスン開始!
まずは午前のおさらい。
ちょこっとレッスン風景動画
前日は足を入れ替えてから、傾いてターンっていうか板回してターンになっていたのが、少し滑らかになってるのよ。
まだまだ背筋ピンとし過ぎだけどね。

斜度が強くなってくるとやっぱり足が開き気味になっちゃうけど、そこは今後の課題として…

ショートターンも教えてくださった(*^^*)♪
望月先生いわくくるくるターン♪
少し斜度のある中級斜面で、最初は全然できなかったけど、ふっとコツをつかんで、ちょっぴりくるくるターン♪

板は横を向いていても、肩や胸は下方向、フォールラインを向いて、その捻りをバネにくるんくるん。
後ろ足でしっかりブレーキかけて、くるんくるん。

楽しいけど、太腿ぷるぷる。

でも峰の原のゲレンデはさほどコースが長くないので、程良く集中して疲れが溜まり過ぎないうちにリフトで休憩できる(*^^*)♪

リフトトークでアドバイス貰ったり、スキー経験を聞いたり、話したり。
褒められたり、ダメ出しされたり☆

くるくるショートターンをいっぱい練習してレッスン終了。
なかなかのみ込みが早くてスポンジのように吸収するね!と褒められ…スポンジのごとく吸収してもちょっと押すとすぐに出ていっちゃうんですσ(^_^;)なんて照れ隠しと本音。
今回は初中級で申し込んだけど、やったレッスンはすでに中級レベルとのこと。次回からは中級で申し込んでねと嬉しいような、恐れ多いような(*^^*)☆

数本、おさらいの自主練をして、おしまい。

ペンションに戻り、着替えて荷造りして…珈琲飲んでくつろいで帰路についた。
c0321967_2145693.jpg
ちょっと諸事情から運良くマンツーマンレッスンで3コマも受けられたから、いっぱいビデオも撮ってくださり、分かりやすく教えてもらえて、随分成長できた気もするし、課題も自覚できたし。

心配だった滑り方の違いや教え方の違いは感じず。塾長は山を滑るのにショートターンはいらない中回りで良いと言ってたけど、フォールラインを向いて捻りを利用して板が向きを変えていく滑りはショートターンと同じような感じだし。
やっぱり大事なのは両足に程よい荷重ながら、後ろ足の抑えが大事。

夜、帰宅して早寝しちゃったけど、早々にビデオもネットにUPしてダウンロードできるようにしてくださって大感謝。

やっぱりね、ビデオで見るとダメなとこよく分かる!
さてさてゲレンデではなんとか滑れても不整地になるとね…なかなかね。
さ、来週はツアーだ!楽しめ私っ☆
c0321967_21451075.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-10 21:44 | テレマークスキー | Comments(2)

お山を滑るために精進、精進o(^▽^)o♪

3月1日
裏磐梯、今年最後の週末テレマークスキー塾は、ちょっと寂しい受講者6名。
スキルレベルに差が少ないからと少しツアーに役立つ講習もできるようコース外の森林に入れるデコで講習。
c0321967_19342993.jpg
しばらく雪が積もるほどには降っておらず、昼間は暖かく朝晩冷えるから、午前はガチガチのハードバーン。
前日のプライベートレッスン疲労の私にはしんどいぞー!!
アルペンターンで足の動作を確認したり、スケーティングの仕方を教わったり。ガリガリのアイスバーンの横滑りでの交わし方を教わったり。
午後には、気温が上がり、バーンも少し柔らかくなって滑りやすくなってきて、中級斜面で練習しつつ、ビデオ撮り。
ぎゃっ!転んだ(≧∇≦)ビデオ撮影するのは優しいゲレンデにしてぇ!!!
今までこんなとこでビデオとったりしてないもん。それでもなんとかターンしてご愛嬌で転んでみたり。←意図的じゃないけどさ☆

最後にコースアウトしてブナ林へ。
そしてシール登行のノウハウをおさらいして、レッスン終了。

終了といっても、夕飯の後、ビデオ見ながらおさらい、いろいろアドバイスもしてもらう。
お酒ぐびっとしながらね(*^^*)☆

本人パラレルでテレマークターンしてるつもりでも、ビデオで見ると全然シュテム。
それでも以前は絶対テレマークターンなんてできなかった中級斜面をしっかり板をコントロールしてゆっくりテレマークターンできてるじゃん。
まだ前足が仕事し過ぎだからシュテムになっちゃうようで…小指、キャッチ、踵の流れ、後ろ足への荷重のタイミングを少し早目にした方がいいんだなと頭にインプット。

去年から何度かレッスンをご一緒した塾生さんにも今シーズンですごく上達してると言われたり、塾長にもこの中級斜面をゆっくり回れるように成長したことを褒められた(*^^*)♪
いやまだまだだけどさ。素直に嬉しかったな〜♪

夜は長く、ビデオで復習した後は、翌日の予習。
ツアー技術の基礎講習、ゴンドラ、リフトを乗り継いだスキー場最上部で塾長と離れ、ひとり減って5人の塾生だけで、100mほど登り、西へ移動して沢を渡り、滑走。200mほど下ったところにいる塾長を探す。
地図の確認、高度確認係、リーダー、無線連絡係を定め、翌日に備える。
ちなみや私は係なし!だって紅一点だもの(≧∇≦)とはいえ、リーダーと無線係を指名してしまったけども。えへ。

さてさてこれ以上日本酒グビグビやってると、翌日が危うくなっちゃうからね。
就寝23:00(( _ _ ))..zzzZZ

3月2日
前日の朝はガチガチだったから、少し雪が降って欲しいと祈っていたら、ちらちら雪が舞っていて、木々や屋根がうっすら白くなっていて嬉しくなる。

なんやかやスキー場最上部到着10:20
スキーにシール装着して、塾長に見送られつつ、登り始めた。
ゆっくりルートを選びながら登って行く。
c0321967_193431100.jpg
100mほど登ったのは西側にある不動沢を楽に越えられる地点だから。
そこから西へ進み、沢を楽に越えて、さらに西へ。
c0321967_19343337.jpg
針葉樹林が少し感覚が広くなり、下方の斜面が緩やかになってきたところでシールを外して、ちょこっと行動食補給。
c0321967_19343441.jpg
それが11:30頃のこと。そこから針葉樹を交わしながら下っていく。
c0321967_19343699.jpg
ふんわり5、6cm、もっとかな、積もった雪で滑りやすい!と思いきや針葉樹林の近くはガリガリデコボコ。
テレマークできるところ、プルークになっちゃうところ、アルペンになっちゃうところ、転んじゃうところ、いろいろ楽しみ。
途中、西寄りへ進んでしまっていたようで沢に当たり、進路変更しつつ標高1500m地点へ。
針葉樹林を抜けてブナ林に変わる。
c0321967_19343744.jpg
植生の変化が明確で面白い。
ブナ林に出たところで塾長に無線連絡して、塾長を探す。
いる場所は標高1450m、沢のちょっと西より。
この辺りだろうというとこまで来たけど見つからない。あれれ、あれれ?
どうやら下り過ぎたようだと斜面を登り返してみる。
私の目に人影のようなものが映った気もしたんだけど、ブナの木肌かなぁと思ってしまった。
あとからそれは塾長のザックだと分かったんだけど。ん〜双眼鏡も携帯すべきか!

しびれを切らしたか塾長が斜面を滑って遊んでる。
こんにちは〜!と通りすがりのスキーヤーのフリして(≧∇≦)
なんとかザックを置いてある場所まで登ってルートファインディング終了。
13:00近く、お腹ぺこりん。ランチにしながら、反省会。
ん〜ツアーに連れて行ってもらう時もちゃんと地図や地形を把握するクセつけなきゃね。(*^^*)/

さて、お腹も満たされ、時間的に余裕があれば百貫清水へ行く予定だったけど、今日はここまで。
とはいえ、ブナ林を滑ってビデオ撮影してもらったり、ゲレンデに出て滑走したり、樹林帯に入ってまたまだ長く滑らないと駐車場に着かないからぁ!んもぉ、太腿ぱんぱん!
c0321967_2143986.jpg
(C)URABANDAI TELEMARKSKI SCHOOLより転載。

土日のグループレッスンの講評。胸を張って☆2つと言える生徒はいないけど、コースと雪の状態によっては☆2つツアーに参加しても良いとなo(^▽^)o♪

まぁあんまり難しいツアーに行っても体力的にも精神的にも楽しめないから、まずは☆1つツアーに参加するぞ〜!!

私の2013-2014シーズンはまだまだ続くのだ!
…また春の花咲く低山歩きができない予感(≧∇≦)ま、いっか。

オマケ。
c0321967_19343829.jpg
ボスザルo(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-02 18:04 | テレマークスキー | Comments(0)

ぷらいべ〜とれっすん。

お山をしっかり楽しむために、もっともっと脚を磨かねばp(^_^)q

12月にグループレッスンを受けた時、1月の平日プライベートレッスンのスケジュールは既に予約が埋まり、2月も残りわずか。
1度プライベートを受けたいなぁと思いつつも日程調整が難しいかなぁと思って諦めていた。

1月にグループレッスンを受けた時、2月の平日の空きが残り2日と知り、その1日が28日金曜日と知り…続く3月1、2日は既にグループレッスン、ツアー基礎講習の予約を入れていたものだから、コレは連続で受けちゃうべきなんじゃない?と予約を入れたっけ。

さてさて28日当日。

朝6時半に家を出て、磐越西線が濃霧の影響で15分ほど遅れたりして、猪苗代駅に9時半到着。
迎えに来てくれた塾長の車に乗り込み、駅から近い猪苗代スキー場へ。
駅から近くて10時にはゲレンデに立っていた(*^^*)v
c0321967_648592.jpg
いつもの沼尻スキー場より駅に近いし、コースも長くとれるからと猪苗代スキー場にしてくれたそうで。
ここは前は2つのスキー場だったらしいのだけど、1つが潰れて、統合されたらしく…以前はミネロというスキー場だったところでレッスンの予定がゲレンデがなんだか汚く茶色い縦縞が入って見える。
リフトから下を眺めてみると、決して土が出ている訳ではなく、松や杉の枝などなどが折れて落ちているようで…こんなとこでは滑れない。

とりあえず、ウォーミングアップを兼ねて、スキー場探訪!
ミネロの上のコースは昔国体のために切り拓かれたとか。今はあり得ないほどのコブコブバーン。
いちばん上までリフトに着いたら、ツアー気分でお山をトラバース。
元々猪苗代スキー場の方へ移動。
もう廃止されてしまってる古いリフトの跡を眺めながら。
てっぺんからは猪苗代湖も綺麗に見えるらしいのだけど下方は霧が濃くて見えません!

まずは一本足慣らし。塾長の後ろについて、普通にテレマークターンで下ります。
雪質は決して良いわけでは無いのだけど、春のザラメに似た感じだそうで、まぁそこそこ滑りやすい。
それにしても…長いから。一気に滑り降りるのは脚がつらいから〜!

まぁウォーミングアップだからと。

次からはしっかり課題を説明してもらいながら、滑るのです。
午前は足裏の感覚、板を滑らせながら山側小指から踵へと体の重心移動させてエッジを切り替えていく感覚をしっかり掴むのに、アルペン、パラレルで滑る。

お。今まで踵を感じるのは雰囲気だけだったんだけど、ブーツのインナーを変えた効果もあったか、良い感じで感覚が掴めてきたぞ!

ふむむ。

そして午後は、テレマークターンで広い斜面を利用してギルランデ。
回り切ってしまわず、同じ方向のターンの切り替えを繰り返す。
普通にターンするより難しい〜!と思いつつ、足の運びだけじゃなく、身体の向き、手の位置、肩の位置、いろいろ意識しなくちゃいけないこといっぱいなんだけど、その全ての大切さがなんだか分かってきたような。
頭で分かっても身体が動く訳ではなく…。脳はひたすらあちらこちらに指令を出す、肩を回すな、手はもう少し前、踵をしっかり押し込んで…
ぜぃはぁぜぃはぁ。
リフトに着くといつも息が荒くなる。私の脳は呼吸をしろという指令を出し忘れてるんじゃあるまいか。

リフトに乗ってる間に塾長にちゃんと呼吸してる?って笑われたり、悪い癖を指摘されたり…。
繰り返し繰り返しギルランデ。
身体の向きとスキーのねじれ、ターンの前に立ち上がる体の軸の方向、ふむふむ。
いろいろいろいろ考えて、少しずつできたりできなかったり。

そしていつしか14:30を回り、練習の成果を活かして、普通にテレマークターンで…って頃には、太腿ぱんぱん。
朝一でできてたこともできてなかってりして〜(;^_^A

なんてね、絶対、レッスンの成果はあったもの。うんうん。いっぱい学んだもの。

裏磐梯テレマークスキー塾の☆制度。
☆1つは問題ないけど、☆2つとなるともっと安定した脚の動作と上体の動作ができないとダメなのね。
ふむふむ、精進するぞ〜!

とレッスン終了。もう一本滑りたかったら、その間にクルマとってくるよと塾長が言ってくれたけど、もう滑る体力残ってないの。クルマまで数分歩くことはできるけど(*^^*)

ってことで、ペンションのフリした合宿所に戻って、お風呂にゆっくり入って、翌日のグループレッスンに備えて、元気回復しなくっちゃp(^_^)q プシュ☆ぐびっ♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-03-01 06:47 | テレマークスキー | Comments(0)