「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネイチャースキー☆戸隠高原-2

2月23日
明け方は少し寒い。目覚めたのは6時前…しばしお布団の中でぬくぬくしてたけど、そうだお散歩に行こう(*^o^*)/とお布団たたんで、「お散歩行ってきま〜す!」と同室の方々に挨拶して、元気ねぇと半ば呆れられつつ、外へ。

朝靄に少しくもった雰囲気の朝。
c0321967_20451375.jpg
雪国育ちの私だけど。道の脇にこんなに雪の壁ができているのはあまり記憶にない。なんだか走り出したくなって、数百メートル、ジョギングしてみたり。
脚に少し疲れを感じつつもそれが心地よい。
c0321967_20451524.jpg
小鳥達の声はすれどあまり見つけられない。ペンション裏の林の方に足を踏み入れてみたら、ズボっとハマり、あらあらスノーブーツの中に雪が入っちゃうから退散。
c0321967_20451735.jpg
昨日のスキーの跡が残ってる。スキーの浮力って大切ね。自身の減量もねf^_^;)

カラダも冷えてきたし、ペンションへ戻ろかなと思ったけれど、ふと山々が綺麗に見え、青空が広がり始めていることに気づき、またトレイルのある林に入ってみた。
c0321967_20451856.jpg
青空と雪山はよく似合う(*^^*)♪嬉しくなるコントラスト☆
陽光に雪面がキラキラ輝き、ウサギさんの足跡もキラキラ楽しそうに走っていったように思える。
c0321967_20452069.jpg
さてさて戻って美味しい朝ご飯いただきましょ(*^^*)♪

8:00今朝の朝食は和食。連泊された方のお話だと前日は洋食だったそう。どちらも美味しいようで。和食もあおさたっぷりの揚げ出し豆腐、出し巻き卵、セリと鶏のお浸しetc また正しい日本の朝ご飯食べられるとこ見つけちゃった(*^^*)幸せ☆

さてお腹も満たされのんびり支度をして9:30過ぎ出発。
今朝もリフトを2本乗り継ぎ、まずはてっぺんへ。
c0321967_20452342.jpg
ひゃっほ〜o(^▽^)o北アルプス、槍ヶ岳も見えたもの!写真じゃちょっと分からないけど。
さて、一本ゲレンデで足慣らしをしてからお山へ入ります!
c0321967_20452385.jpg
昨日は真っ白で何も見えなかったお山の向こう側。この日は半分だけ見えた(*^^*)♪
ふわっとガスが流れ込み視界がなくなったり、復活したり。

前日に出だしの辺りはばりばりの雪で滑りにくいことが分かっていたので、少し上の方から回り込んでから樹林帯を下ります。
ちょこっと木が混んでいるから用心しつつ、ゆっくりテレマークターンを楽しみながら、時に足を取られそうになってバランス崩しつつ下ります(*^^*)♪
c0321967_20452571.jpg
滑り降りてきたシュプールを眺めるのもまた楽し♪もうちょっと斜度のあるとこだって滑ってるんだけどね。写真を撮るのはどうしても落ち着ける場所になっちゃうのよね。
c0321967_20452750.jpg
滑ることを楽しみつつ、歩くことを楽しみつつ、樹々とのふれあいも楽しみつつ、のんびりがネイチャースキーの良いところ。
c0321967_20452868.jpg
お日様も少し覗いたり、隠れたり。この日のランチスペースは御仙水
c0321967_204529100.jpg
気持ちの良い雪原を眺めつつ、いつものごとく雪のテーブル、雪のイスに座ってゆったり。
水樹さんからチャイのふるまいがあったり、参加者の方から美味しいチョコレートをいただいたりしてね。

やっぱり少し気温が低いから、ぼちぼち進みますか(*^^*)/
前日は真っ白だったこの辺りも青空が広がりはじめ、気持ち良く歩けます
c0321967_20453088.jpg
やっぱり青空がいいよね。
小鳥達も元気に飛び回り、可愛い声を聞かせてくれる。
背中しか撮らせてくれなかった君はコガラさん?
c0321967_20453191.jpg
ウサギやキツネさんの足跡たくさん。そんな林の中を楽しく歩き、一旦ゲレンデへ
c0321967_20453265.jpg
圧雪されたゲレンデは固くて足に優しくないなぁと感じる。やっぱり非圧雪の林の中が気持ち良い。
前日とは違う林の中に入ります。あ、基本的にはコース外を滑ることは禁止されています!見つけたらリフト券没収しますなんて横断幕もありました。
ちゃんと登山届出して許可得て入ってますよ(*^^*)/
日当たりが良くないせいか雪の状態が程よくて気持ち良〜く滑れるぞぉなんて思って気を抜くと、前足ひっかかり
ほぼ前転ごろりん。ひゃっ!背中に雪入ったぁ(≧∇≦)
そんなこんな楽しみながら、熊だな眺めたり、樹木の爪痕眺めたり。
と思ったら、夏の名残。綺麗な綺麗なセミの抜け殻見つけたり。
c0321967_20453356.jpg
宿り木がたわわに成る一本の木を見上げたり。この木の根元に宿り木の枝が落ちていた。
c0321967_20453586.jpg
その枝には黄色い実が可愛らしくなっていて、一粒食してみましょう。無味無臭、食感は小さなブドウのようで滑らかでみずみずしくて…っと思ったら、何やらネバネバっと不快感。ぺっぺっと吐き出そうとしても口の中にぺた〜っと張り付いてる感じ。
宿り木さんの実はネバネバがあることが特徴でだから木に寄生できると知った。
鳥さんが実を食べ、粘性物質含むタネが消化されずに糸引く糞となって排泄されて、木の枝にまとわりついて、生きる場所を得るのだね。自然ってホント不思議(*^^*)♪
c0321967_20454335.jpg
ゆっくりゆっくり滑り降りてきた尾根は、ドロドロの溶岩が流れ固まりできた斜面。初心者の不整地テレマークターンの練習にはちょうど良い。
でもね、少しね、脚に疲れが出てきたぞ〜っと(≧∇≦)
c0321967_20453784.jpg
疲れたら木々を眺めて足休め。
c0321967_2045403.jpg
真っ赤な実のなるこの木はなんだったかな?
c0321967_20454197.jpg
たくさんの種をまだしまいこんでる君はウバユリさんね☆
c0321967_2045396.jpg
そんな自然を楽しみながら、イースタンキャンプ場に出て、ネイチャースキーツアー終了。

少し滑ることも楽しみながら、たっぷり雪と戯れたネイチャースキーでした(*^^*)♪

まだまだ不整地、中級斜面でのテレマークは難しさを感じ、もっともつとゲレンデ練習もしたいぞ〜ってことで、来週はプライベートレッスンにグループレッスンにツアー講習と盛り沢山!
成長してもっともっと楽しむのだ〜o(^▽^)o♪

今回の林間はダケカンバさん、シラカンバさんが多いのが特徴でした☆
また来よ〜っ♪
だってタンネさんのご飯ほ〜んと美味しいんだもんemoticon-0111-blush.gif
c0321967_20454485.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-02-25 20:45 | テレマークスキー | Comments(4)

ネイチャースキー☆戸隠高原-1

2月22日
月初のたんばら高原でのネイチャースキーがとっても気持ち良かったから…
少しレベルを上げた木風舎さんのネイチャースキーツアーに参加しちゃうのですo(^▽^)o♪

先週末、先々週末は大雪に見舞われ、あちこちで大変な被害もあった訳で…長野はいったいどうなんでしょ?

22日10:00長野駅に到着。ツアー参加者と合流しタクシーで戸隠高原へと向かいます。
街中は結構雪があって、雪で少し道幅が狭くなっているところもあったけど、山間部、スキー場近くへ進んでいくと、しっかり除雪がされていた。

11:00頃、お宿のペンション、山の庭タンネさんに到着。
c0321967_18573778.jpg
落ち着いた雰囲気で洋館のようで和のテイストも感じる素敵なペンション
c0321967_18573819.jpg
着替えてスキー支度をして12:00過ぎにスキー場へ。青空広がり気持ち良いのだけど、少し雲も多し。
c0321967_18574085.jpg
スキー場てっぺんの瑪瑙(めのう山)の向こうは真っ白け。

足慣らしに一本御仙水コースを滑ってから、めのう山てっぺんからお山に入っていくのです。
c0321967_18574116.jpg
c0321967_18574217.jpg
最初がいちばんの難関とか。日当たりが良くて日中は雪が溶け、朝晩冷え込んで固まって、表面バリっと中はしっとり重い雪。まぁテレマークなんてできないもの。斜滑降とプルークでずりずりと滑り落ち、そこから雪の良さそうなところを下って、広々とした雪原へ。
c0321967_18574286.jpg

スキー場の裏手。静かで心地よいのだけど…ガスの中。
c0321967_18574355.jpg
雪もちらついてきて寒いけど、雪のテーブルで遅いランチです(*^^*)♪
そうそう今回のガイドさんは先日のキリンカップの覇者、橋谷水樹さん。
真面目で誠実そうな好青年です。
そしてテレビでもおなじみ木風舎の代表橋谷晃さんが、この日は東京に帰ってパソコン仕事をするとかいいつつ、青空の下、少し滑ってから帰ると同行。
お弁当も持ってきてないので、お先に…と仰ったものの、皆が分けてあげると引き止め、結局、水樹さんのお弁当を食べ、水樹さんはあんぱん(o^^o)

いつしか風も少し吹き、手に持つパンにも雪が積もる。
綺麗な雪の結晶も見られたりするから、そんな中のランチも悪くない(*^^*)

でもカラダが冷えてきたから動きましょう。なだらかな雪原、林間を下ったり、登ったり。
c0321967_18574548.jpg
今回はステップソール(通称うろこ板)のスキーをレンタルしてみたの。しっかり一歩一歩踏みしめて歩けば、ウロコかわ雪を噛んでくれるから、登りも楽チン。

気温はマイナス何度だったのか、それなりに低いけれど、登って、歩いて…汗かきかき。
登った坂をまた滑って、登ってみたり(*^^*)♪

それから御仙水という湿原に出て、ゆったり歩いて少し光が差してきて気持ち良く歩きます。
c0321967_18574636.jpg
やっぱり雪の林間歩きは陽光があると楽しさ倍増。ただただ綺麗だし、アニマルトレイルもゆっくり楽しめる(*^^*)
c0321967_18574894.jpg
これはリスちゃんの足跡ね♪
c0321967_18574930.jpg
ゲレンデに出て、眺める戸隠山の一角がなんとも神々しい。
c0321967_18575059.jpg
ゲレンデから再度、森林に入ってペンションまで滑り下りてきましたよ。
山滑り、山歩きを楽しんで気づけば5時を回っていて、スキーブーツを脱ぐとじんわり疲労感。

すぐさまお風呂に入り、疲れを癒す。
部屋にお布団ひいてくつろいで、あっという間に夕食の時間18:30
帰る帰るサギ?の橋谷さんもご宿泊決定。
みんなでワインを傾けつつ、美味しいフレンチのコースをいただきます。
c0321967_18575226.jpg
c0321967_1857531.jpg
何故かしらね、私の前にワインが並ぶ。白も赤も美味しかった☆
c0321967_18575425.jpg
ホント幸せ感じるお料理でした(*^^*)♪
あ、これだけじゃ無いよ。撮らずに食べちゃったりしたもの。えへへ☆

食後、テラスに出てみるととっても星が綺麗だったから、少し部屋で同室の方々とスキー談義、情報交換した後、しっかりと着込んで星空散歩。
c0321967_18575629.jpg
手持ちカメラじゃブレブレだから(≧∇≦)かろうじてオリオン座分かるかしらん?
いっそフラッシュたいて撮ってみたり。
息を止めて撮らないと、私の吐息が白く写り込んじゃうもの。
c0321967_18575620.jpg
カラダも冷えてきたからね、ポカポカの宿に戻りましょ。
c0321967_18575733.jpg
優しい光に包まれて…こんな囲炉裏の間もあったりね☆
c0321967_18575884.jpg

戸隠高原1日目はそうして夜が更けていきましたとさ。
[PR]
by woodnote2014 | 2014-02-23 19:00 | テレマークスキー | Comments(0)

ビールはキリン(*^^*)☆初めてのスキーレース

テレマークスキーを始めて2年目。
目的はお山を楽しく登ったり滑ったり歩いたりすることで、レースになんて興味は無かったんだけどねぇ…

昨年、塾での☆制度で、「来年キリンカップに出るなら☆1つ」なんて言われたものだから、もう律儀に出ちゃうもの(*^^*)
今年は例年よりお祭り、お遊びっぽくなるような感じらしいから、初心者も参加しやすそうだし。
でも、いつもの合宿所のペンションはスタッフのお宿となるので泊めてもらえないし…田部井さんの沼尻ロッジはもう満室というし…ひとりだと宿探しが難しいし、止めよかなと思ってたら、合宿所で知り合ったかか様が、一緒に泊まれる民宿を手配してくれたから、正式参加申し込みしちゃったのは1月も末のこと。

さてさていよいよ明日という金曜日、関東に大雪予報。朝からしんしんと降り続き、18時頃からますます強さを増すという予報。極力残業せずに早く帰れ指令が出たので、フレックス勤務をいいことに早上がり(*^^*)/ 30分早出、60分早上がり…30分マイナスですけど何か?
前日4時間残業してるし、やるべきことはやったから、そそくさと帰りますよ!
スキー板を取りに一旦自宅に帰り即出発。指定をとっていた新幹線より1時間半早いのに乗っちゃった☆
10分ほどの遅れで郡山着、磐越西線もちょこっと遅れたけど、なんなく猪苗代へ!大雪の関東脱出成功o(^▽^)o♪

雪国だもの雪なんてへっちゃらだもの。と思っていたのだけど…世の中そんなに甘くはなかった…

朝、すごくすごく寒かった。夢の中でファンヒーターのスイッチをオンにしちゃったもの…現実世界ではスイッチはオフのまま。再度?スイッチを入れて、二度寝したら寝坊した。まぁ風も強そうだし、のんびりでいいかしらね。とのんびり支度、朝ご飯をしっかり頂いて、民宿のお父さんにスキー場に送っていただく予定も8時から8時半に変更してもらって…猪苗代駅近くはすっごい風吹いてるけど、沼尻スキー場の天気予報だと風速数mだった筈…と調べてみたら、あれれ?滑走不可になってるぞ!あれれ?
スキー場のHPをよくよく確認してみると…「本日は暴風雪のため、安全なリフト運行、滑走ができないため、終日クローズとします。」とのこと!(◎_◎;)げ。
かか様がスタッフの方へ確認メールしたりしてたら、塾長から直に電話が入った。今日は中止ということで民宿待機決定(^◇^;)
もうおこたでミカン食べて、お茶飲んでごろごろ。
お昼は外に食べに行こうかなんて言ってたけど、昼頃にはますます強風に。外になんて出られる雰囲気じゃないもの。猪苗代湖畔のカフェにも行きたいなぁなんて思ったけどムリだもの。ごろごろ。
羽生くんの金メダル、全国各地の大雪、そんなニュースを繰り返し見つつ、ごろごろ。
お昼過ぎ、民宿のお母さんが食べてと持ってきてくれたのは、お餅の磯辺巻きとたくあんたっぷりo(^▽^)o感謝!
そのお母さんもスーパーへ買い物に行こうとしたけど、途中で引き返してきたとか。すごい風だもの。
ありがたくお餅3個も食べて、また、ごろごろ。
3時頃だったか、同宿のお祭り参加者の南郷のパトお兄さんも来て、お茶を飲み飲みおしゃべりして、さらにスタッフのひとりAさんも来て、おしゃべりして…そこへ少し風がおさまって買い物に行ってきたらしいお母さんから大判焼きの差入れ。またまた感謝(^人^)

お風呂入って、美味しいご飯とビールを頂いて、部屋で日本酒は止めて、ワインを4人で味わって。22時就寝。

旅先でこんなにのんびりしたのは初めてだもの(*^^*)
でも当日朝来ようと思ってたなら、新幹線も止まっていて来れなかった訳で。猪苗代にいられることはラッキーだった。

昨日の反省をふまえ…暖房は設定温度を16度に下げてつけっぱで就寝。
おかげてぐっすりぐっすり眠れて、5:30起床。6:30には朝食をいただき、7時出発、8時には沼尻スキー場へ!!

雪が少し舞い、風も少し強い。それでもスキー場は圧雪車がゲレンデを整備したり、リフト運行に向けてスキー場の方々が作業を進めている。
よし今日はキリンカップ テレマークスキーフェスティバル開催だ!
c0321967_20323153.jpg
そんな訳で会場設営のお手伝い開始。キリンビールのバナーを張ったり、不整地に作るコースを踏み固めたり…
コースはあらかじめ準備していたらしいのだけど、前日の暴風雪にダメになっちゃったから、みんなでせっせと整えた。

ならした場所をプルークで下りるよう頼まれ、太腿ぱんぱんになりつつ、ゆっくりズズズズズーっと下りる。
が…あんまり効果なく、「Hちゃん、軽過ぎるよぉ!」と体重が軽いなんて言われたのは初めてじゃなかろか(*^^*)
c0321967_20323438.jpg
そんなこんなで開会式も予定より1時間近く押しつつも無事開幕!
スポンサーのキリンの方から挨拶があったり、塾長からルール説明があったりして、まずはクロカン部門からSTART。
c0321967_20323592.jpg
普通なら登ったり走ったりもあるらしいのだけど、今回は悪天の中で止む無くみんな同じゲレンデ斜面だけのコース。
いやぁ、みんなすごいなぁ!
クロカンの板でなんであんなに上手く早くテレマークターンで滑れるのやら。
START地点から滑降する選手達の姿を眺め、楽しんだ!

クロカンの次はお楽しみ部門。
私のような初級者は2本滑ったうちの1本良い方のタイム、この後のレース部門に出る人は足慣らしで本番2本の合計タイムで順位を決めたり、隠しタイムに近い人に賞があったり。
c0321967_20323667.jpg
さてさて…自分の分が回ってきた。
START地点が1番急なもんで怖い、怖い。
とりあえず、斜滑降ってか横滑り気味に下りて一つ目のポールを回ろうとしたらこけたもの。(≧∇≦)
次のポールをテレマークターンしようにも間隔狭すぎて、直線的過ぎてできないもの!
プルークで2つ目3つ目4つ目とかわして…後半はウェーブ段々畑が3つ、なんとかテレマークターン入れつつ…ぜぃぜぃ。ゴール。
テレマークターンなんてできるか〜〜と思いつつ、またリフトで上がる。

2本目。START地点に立つと塾長から「楽しんでね!」と励まされる。
いや、楽しんでるから!顔も身体も強張って見えるかもしれないけど、私は私なりに楽しんでるのだよ(≧∇≦)

そして塾長から、「あれはポールじゃなくて木だから!」と言われて、ふと気づく。
レースもね林間を滑る良い練習になるのだね(*^^*)♪
木と木の間をすり抜けて、滑降していくイメージで!うんうん。
まぁテレマークターンじゃなくったっていいさ、いいさ。
最初の勾配が急に感じるところはプルークで。それからテレマークターンに切り替えて…よしよしゴール、終わった終わった!

自分の出番が終わったら気楽にみんなの滑りを眺めます。
駒中仲間のじまサン、お世話になってるかか様、みんな上手いなぁと眺める。
c0321967_20323623.jpg
テレマークスキーポイントレースチャンピオンに何度も輝いているHMさんの華麗な滑りには感動すら覚える。

深雪塾で一緒だったCさんはジャンピングスタートやウェーブでのジャンプを見せてくれて楽しげな滑り。
c0321967_20323733.jpg
最年少のSくんはプルークながら速い速い!!

みんな楽しげに滑走し…時間が押してることもあってお昼も食べずにレースが続いて、終わったのは14:00近かったかな。

その後、レースで掘れたり穴が空いたりしたゲレンデをまた直し、ポール撤収したりしてから、レストハウスへ。

スタッフさん達は結果の集計に忙しそう
。お腹ペコペコ。遅いお昼はカレーうどんを頂きます!

やんややんや。

その後、表彰式、それぞれの部門の覇者に賞状やら賞品が渡されて…
まぁ私は参加賞だけだけどもいいのいいの(*^^*)♪

楽しかったもん!来年はもっと上手く滑れるようになってやるぅ!!と決意しつつ、帰路につくのであった。
Aさんの車で郡山まで乗せて行ってもらう予定で進んでいたら、電話が入り、新幹線が止まっているっぽいとかで、茨城へ帰るGさんがつくばエクスプレスか常磐線の駅まで乗せて行ってくれるということになり乗り換えて(*^^*)
みんな優しいの!大感謝!!

まぁそれからがなかなかの珍道中。
混雑、渋滞している道を避けて、農道や一般道を進み、狭い道なのにおっきなトラックとすれ違ったり、ぐずぐずの雪に滑ってお尻フリフリ、スリルがあったり…
前方に渋滞するテールランプの赤を発見し、対向車が関東ナンバーの車ばかりで、これはUターンしてきてるんだと判断して別ルートを行くために私達もUターン、そして、対向車のすれ違えず、どちらも車が詰まってきて、雪で狭くなってる道を広げる為にGさんはスコップを持って出動したり…さらにまた前方が止まってしまったので様子を確認したらまたまた前方にスタックした車があり、どうにもこうにも進めない状況。
もう前も後ろも進めない?今夜の帰宅はムリかもぉ…なんて思いつつもう一度Uターンして進んでみたら、あらあら進めた進めた(*^^*)/ 良かった!
なんとか帰れる見込みが立ってきて、終電を調べて、23:30発が終電だけど22:30には駅につけそう。よしよし!!
安心しつつ、スキーの話をしたり、道中の冒険も楽しい思い出になって…
守谷駅で下ろしてもらい、つくばエクスプレス経由で帰宅。23:55(*^_^*)☆
良かった良かった。

いやぁ大雪やら強風やらまいったまいった。
とはいえラッキーよね。車中や家に閉じ込められて、大変な思いをされている方々も多いこの自然災害の日々、呑気にスキー楽しめたんだもの。

そんな休日。初めてのスキーレース体験だった訳だけど…。
レースも山を楽しむための練習になるし、スポーツとしてもっと上手く速く滑れるようになりたいという闘志も芽生えたし…満足な経験でしたとさ☆
それにしてもココに集まるオトナ達はホント遊び上手!話を聞いてるとみんな楽しそうだもの♪
私ももっともっと楽しむぞ!今シーズンはまだまだスキーを楽しむぞ〜!!!

オマケ。がんばろう!東北(≧∇≦)
c0321967_20323392.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-02-18 20:32 | テレマークスキー | Comments(4)

青空の下で 玉原高原スキーハイク Day-2

2月2日。
朝ご飯は8時と山小屋と違ってペンションはゆっくりめ。だから7時まで寝てればいいのに6時前には目が覚める仕様になってる私。
同室の方々を起こしちゃ悪いので、ベッドの中でまったり。
あいぽんでたんばらパークスキー場の天気予報を確認する。あれ?昨夜と予報が変わってる!
明け方曇り、9、10時雪、11時雨…
あ、雨(T . T)降らなくていいから。
12〜15時曇り、16時以降晴れ〜!!16時から晴れてもダメやん。

気持ちも曇より。まぁ前日が気持ちの良いお天気だったからいっか。
7時になり、同室の方々も目を覚まされたのでカーテンを開けて外を見てみると薄曇り。積雪…車の上を見てもなっしんぐ。ああ降らなかったのね。
天気もイマイチ、雪質もイマイチ…そんな日を覚悟して、8時に食事。

朝ご飯も美味しくて、しっかり完食(*^^*)/
天気がどうであれ今日も楽しみましょうと日帰り参加の方おひとりも加わり6人で9:15出発!
まずはリフトを2本乗り継ぎ天辺へ!薄曇りの中、榛名山、赤城山などなどのお山を眺め、晴れていれば富士山も…という方向を眺め、少しゲレンデを下ります!
途中、谷川岳なんかも眺めたりして。写真にはイマイチ映らなかったけど、雪が着いて美しいフォルムが見られたよ♪
c0321967_21194493.jpg

そしてゲレンデから飛び出して林間へ。前日にも沢山見たけど、高い高いところに熊だなを見つけ、見上げる。
c0321967_211946100.jpg
よくあんな高いところまであの大きなカラダで登れるなぁ。そしてよくあんな細い枝の上に留まれるなぁと感心する。
樹々には熊だなや宿り木、鷹か何か大きな鳥の巣などもあったりして面白い。なんだか見分けられないものもあるけれど、熊だなの先の小枝は折られてる感じなんだね。
c0321967_21194852.jpg
次にイタヤカエデの翼果を発見。すっかり乾燥してるけれど、とってポンと投げ上げてみるとくるくるくるりんと回りながら風に乗って飛んでいく。種子を広く飛ばそうというカエデさん達の知恵?なのね!
溶岩が流れて出来たお山、粘性が高くゆっくり流れて固まってできたから尾根は平たい感じらしい。しばしゆったり歩いて、樹々を観察。
そして少しだけ滑って遊ぶ。雪は思いけれど、なんとかテレマークターンの練習。
c0321967_21194975.jpg
いつしか雨雲が流れ、青空覗いてきたよぉo(^▽^)o♪
c0321967_21195042.jpg
えとえとこの子はタヌキさんかしら?テンかハクビシンかと思われるような足跡もあったり。その時々では違いが感じられたけど、写真だと大きさが分からなくてダメねぇ。
可愛い足跡がいっぱいで楽しかったな!実物も現れないかなぁなんて期待し過ぎるとなかなか現れないのよね。

樹々の冬芽は逃げないから、じっくり観察。
c0321967_21195227.jpg
トチノキさんの芽は大きめでねっとり。甘そうに見える!REOさんが舐めると甘いんですよ!なんて嘘をつくと舐める人がいるとかいないとか(≧∇≦)
無味無臭らしい。トチの葉、トチの実は尾瀬周辺で覚えたけど、冬芽は初めて知りました(*^^*)♪
コシアブラやタカノツメの冬芽や顔に見える葉痕などなど眺めたり…
ウリハダカエデもあったし、ツルアジサイやノリウツギの天然ドライフラワーを愛でたり。
c0321967_21195394.jpg
どんどん青空が気持ち良くなってきた頃、樹々の感覚が程よく広く気持ちの良い場所にきた!
銅金沢のはじまり辺りだったかしらね。
c0321967_21195471.jpg
まだ11時頃だったけど、早めのランチ。
今日も雪のテーブルセットを作ってくれました!前日より大きめ。
カップきつねうどんとキノコたっぷりのパンをいただきまする。
雪の上、温かい食べ物が嬉しい筈なのに、暑くて冷たい飲み物欲しちゃってるし♪
c0321967_2119559.jpg
空の青はどんどん濃くなる。なんて素敵な景色でしょう。
寒くないからゆっくりランチタイム♪
ブナの他に、ウダイカンバなる樹木も。
樺の木というと、シラカンバ、ダケカンバしか知らなかったけれど…ウダイカンバ、漢字で書くと鵜松明樺、マカバとも言うのね。
シラカンバのように白くなく、ダケカンバのように茶色くなく、灰色というか銀色に近い感じ。またひとつ覚えたよ(*^^*)♪
見分けることは難しいけれど。
c0321967_211957100.jpg
そんな景色を眺めながら、REOさんがおしるこを作ってくれて、みんなで頂いた。あんことお餅と隠し味に甘酒。
優しい甘さが嬉しかった(*^^*)♪
お腹が満たされたら、また歩きましょ。
c0321967_2119589.jpg
ブナ平へ。樹皮に生きる地衣類を眺めたり、立ち並ぶブナの樹々に見とれたり。気持ちの良い時間。
c0321967_2120083.jpg

たっぷりブナ林を堪能して…おやおやスノーシューの跡が沢山あるぞと思ったら賑やかな団体さんのいる玉原湿原だ。
ミニ尾瀬とも言われているとか。まぁこの季節は雪原なんだけどね!
c0321967_2120184.jpg

さてさてティータイムっと(*^^*)♪ もうとことんゆるゆるハイク!
普通休む時は1枚着込んで寒さ対策もするのだけど、暑いもの。アウタージャケット脱いじゃって、肌着のシャツにインナーシャツの2枚でちっとも寒くないもの。
そして無風。
REOさんがどこでもカイトとかいう凧を持ってきていたのだけど…風が無ければ、起こすのみと走るんだけど、ちょっぴり上がるだけ。走り続けないとダメで、走り続けるには、足元悪過ぎだから(≧∇≦)
c0321967_2120231.jpg
次の遊びは雪だるま?HさんやREOさんが雪玉づくりを始めた。Hさんは丸く丸くなるように転がしたけど、REOさんはくるくるくるとひたすら巻くように!
面白いほどに巻かれていく雪♪
切るとロールケーキのようだったよo(^▽^)o♪
c0321967_2120365.jpg
そして次の遊びは命がけ?顔を雪に埋めます。息が続くまで沈め、それを写真に撮ってみると凹んでる部分が浮き上がって見える?見える?
私キレイ?(≧∇≦)
って息苦しいし、顔つべたいし〜♪

そんなこんな雪の原でたっぷり遊んで、また移動。
小さな湿原を過ぎて神社の鳥居。雪の多い年は鳥居の下はくぐれないほどに積もるようなのだけど、今年は少ないね。
c0321967_2120425.jpg
その神社の先には玉原湖。
水がとっても綺麗で、空がとっても綺麗で良い感じ。
c0321967_2120645.jpg
玉原湖が垣間見える林間を歩いて行きましょう!
湖面にはその向こうの尼ヶ禿山が綺麗に映ってた♪
c0321967_2120835.jpg
またブナやいろんな樹々、冬芽を観察。
オオカメノキのウサギさんのような芽や…トンガリ帽子をかぶってたあの子はなんだったかな。
う〜ん、思い出せない〜!
鳥の声や姿も聴いたのだけど…覚えているのはシジュウカラだけ。
鳥さんは難しいなぁ…。まぁ分からなくとも、鳥さんのさえずりが聴こえるだけで幸せな気分になれるからいっか♪
c0321967_2120917.jpg
そして、なんだか久し振り。針葉樹林へ。暑いこんな日は日差しが少し遮られる針葉樹林も心地よい。
ヒノキ林。
翌檜(あすなろ)もあったね♪
表の葉っぱは同じように見えるけど、裏を見るとね…
私(w)あすなろ、卑猥(Y)なヒノキ、エッチ(H)サワラないで!って覚えるんだって。うふふ☆
c0321967_21201156.jpg
ヒノキにもいろいろあるのだね(*^^*)♪
ヒノキ林を抜けると前日にも訪れた広場へ別の方角から到着!
c0321967_21201588.jpg
また目をつぶって真っ直ぐ歩いて見たり、楽しんで。
c0321967_21201676.jpg
ますます空は青く、雄花、雌花が垂れ下がるハンノキも楽しそうに佇んでいる!
広場周りのこんもりとした丘は数年前に突如できたものだと聞いて、え?隆起したの?と驚いたら、どこかの工事で掘り出された土が運ばれてできたものだとか。
その割りに樹々が大きく育っている。環境がとても良いのだね(*^^*)♪
c0321967_21201757.jpg

さてさて雪原を後にし、そろそろ帰る時間。
前日はシールをつけて登ったけれど、この日の雪は滑りにくいし、体力も残ってたので、シールは貼らずにせっせせっせと歩きます!

4時前にペンションへ帰還(*^^*)☆
お天気に恵まれ、動植物や空や水、自然満喫の2日間も終了です!

今回のネイチャースキーツアーは新たな発見、気付きも沢山!
テレマークスキーは歩くのも滑るのも楽しいと分かっていたけれど…もちろん滑るのも楽しくて大好きだけど、単なる移動手段として使って、スキーハイクするのもめっちゃ楽しいんだな(*^^*)♪

スノーシューより楽チンで行動範囲も広くって、うんうん、楽しいぞ!
これからますます雪遊びの幅が広がるぞ!

うふふ。たっぷり歩けたから今は無償にいっぱい滑りたくもなってるけどね。
さてさて一週休んで次のスキーはお祭りだ〜o(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-02-04 21:19 | テレマークスキー | Comments(6)

青空の下で 玉原高原スキーハイク Day-1

2月1日。
とにかくスキーが楽しい今日この頃。
目標は会津駒から気持ち良く滑って楽しく下ること。
だから先週の深雪塾で通ったようなコースを楽しく滑れるように練習したいのだけれど… 結構ハードで疲労も溜まるから、今回はまったりスキーハイクに出かけます(*^^*)♪
c0321967_22413841.jpg

参加させていただいたのは、木風舎さんのネイチャースキーツアー。
プルークができればテレマークスキー経験なくとも参加OKというゆるゆるな設定。よしよし、これならば足手まといになることもあるまい。

集合場所は現地か最寄駅ということで、上毛高原へGO☆
タクシーのお迎えと聞いていたのだけれど、ガイドのREOさんがお出迎え!
なんと10数人の団体さんが集団ノロ、その他にもインフルエンザやら風邪やらキャンセル続出だそうで!本日の参加者4名とのこと。
おひとりは現地集合、おひとりは新幹線乗り遅れ、ってことで私ともうひと方がピックアップされ、玉原高原のペンションもるげんろーとへ(*^^*)♪

次の新幹線が来るまで約1時間、ゲレンデを自由に滑っていることに。
c0321967_22412012.jpg

初めてのスキー場、コースの緩やかなところを選んでテレマーク。緩やかすぎるせいか先週の疲れか、バーンが硬いせいか、どうも太腿痛くなるぅ!板への乗り方が悪いのかなぁ…なんて思いつつ、集合場所へと滑る。
ゲレンデでテレマークしてる人は少ないから、ガイドのREOさんに見つけられ声をかけられた!
テレマーク2年目なのに上手いですね、いい位置に乗ってると褒められた♪
ほょょ。ではでは何故に太腿が張る〜(T ^ T)
緩斜面でできることが斜度が増すとできていないのだよね…うんうん。がんばろ♪
c0321967_22411754.jpg

さてさて12時頃、全員集合、5人でリフトを2つ乗り継いで、いざコースアウト!
私以外はソールにウロコと言われる刻みのあるステップカットの板。多少の登りも楽々らしいけれど、私の板はウロコが無いので登りになると滑ります〜後ろにねっ。それでも雪質重く結構楽に登れたり。

というか雪が気温上昇に緩んで、斜面を滑ろうとしても板は走りませ〜ん!
まぁ、急ぐことは無いからね。雪の上の物語を眺めながら歩くのです。
c0321967_22412063.jpg
これは小ちゃな足跡の真ん中に筋がある。尻尾の細長いキミはネズミちゃん。アカネズミかしらねぇ。
c0321967_22412588.jpg
直線的にたったか歩くキミはキツネさんかな?
c0321967_22412390.jpg
のんびりするのもいいんだけど、とうにお昼を回ってる。お腹ぺこりん。雪の上テーブルセットを作ってお昼にしましょ(*^^*)♪
今日のランチはタラコクリームのカップパスタにサンドイッチ、ぺろり。
c0321967_22413627.jpg
雪原に映る影を眺めながら、空を見上げながら、のんびり。
たっぷりくつろいでから、また歩きます!
c0321967_22412687.jpg
鳥さんの足跡はナスカの地上絵にも負けない不思議な幾何学模様だったり…その足跡が消えた先には飛び立った羽ばたきの跡が残っていたり(*^^*)♪
c0321967_22412753.jpg
雲がいつしか少なくなり、青空がどんどん広がる頃、玉原高原の広場に出ました!真っ白なキャンバスでお遊びします。
c0321967_22412813.jpg
一列に並んで、目を閉じてしばし真っ直ぐ進みます。30秒ほど歩いて振り返って見ると…真っ直ぐじゃないもの。曲がってるもの(≧∇≦)
私は最初に少し左に曲がって、その後は比較的真っ直ぐだったけど、ぐにゃっと曲がってる人も。
さてさて、約50mほど登ってスキー場へと戻りましょ。
さすがに私はスキーシールを貼って。皆さんを待たせて申し訳ないなぁと思ったのも束の間。みんな遊び上手だから!
山葡萄の実が天然干しぶどうになっているのを見つけ、高いところにあったのに、なんとかゲットし食べている(*^^*)♪
私も食べたいっ!シールを貼り終わり、近づいてひとつぶパクリ(*^^*)☆
ほんのり甘く酸っぱい、ちょびっと味は薄いけど、うん。干しぶどう♪
c0321967_22412948.jpg
この白いこは食べられないらしい。まぁ美味しそうには見えないものね。
スキー場のいちばん下はキッズガーデン。そこは有料エリアだから大人がスキーで入ると叱られるそうで、ぐるっと迂回してゲレンデへ!
15:30を回り陽も傾きかけているけれど、ぽかぽか陽気だから、子供たちも大騒ぎで賑わってた♪
雪遊びは楽しいよね(*^^*)♪
さて、もう一度一本リフトに乗り、さっきとは反対の林間へ
少し赤みを帯びた光が雪に彩りを添え、綺麗だったなぁ☆
c0321967_22413312.jpg

そして樹齢何百年とかのミズナラさんに会いに行きました。
大きな大きな幹は随分ごつごつとゆがんでいたけれど、すごい生命力と優しさを感じたよ。
c0321967_22413434.jpg

最後に見たのはツルウメモドキ。可愛らしい実が沢山成っていた。
c0321967_2241352.jpg

宿に戻ったのは16:00頃。
温かいお風呂に浸かって、疲れを癒し、食事は鴨鍋。焼き魚にサーモンのカルパッチョなどなど、と〜っても美味しかった!
ビールを頂き、お米はいらないんだけど、ご飯茶碗もしっかり出されたので、食べますよっ!もったいないお化けが出ないように(*^^*)。
日本酒を少し頂きながら、改めて自己紹介しあったり、スキーの話をしたり、山の話をしたり…会話が弾む。
ならば…口直しにスパークリングワインも飲んじゃお☆
9時過ぎてたかなぁ、おしゃべりしてお腹も心も満たされつつ…お天気も良さげだったので、皆で外へ、星空見上げに行ってみた。

オリオン座、冬のダイアモンド、北斗七星…私に見つけられるのは相変わらずこれだけσ(^_^;)

綺麗な星空、少しずつ雲も流れてきたような…

翌日の天気予報は明け方雪。その後曇り…。
少し雪が振ってくれると気持ち良く滑ったり、歩いたりできるかなぁと期待しつつ、宿へ戻り、温かいとはいえ、やっぱり少しカラダが冷えたから、24時間入れるお風呂に浸かってカラダを温め就寝…(( _ _ ))..zzzZZ

さてさて翌日はどんな出会いがあるかしら?ワクワクどきどきしつつ熟睡☆

つづく☆
[PR]
by woodnote2014 | 2014-02-03 22:41 | テレマークスキー | Comments(0)