「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

深く重い雪にもてあそばれたり、深く柔らかい雪と戯れたり。

この週末はいつもの合宿所で深雪講習&ツアーに参加。
c0321967_12121819.jpg
あ、写っているのが合宿所というわけではありません。もっと大きなペンションですっ!

なんとか金曜の仕事を定時までに終わらせ、いつもの新幹線に乗る。

駅で偶然、私にこのテレマークスキー塾を教えてくれた駒中仲間のご夫婦と遭遇。さらに北のお山に向かうという。
以前、深雪塾に参加したときは、いきなり崖のような急斜面に連れて行かれ。ひどい目にあったと聞かされた。

はふぅ。この講習、一応のレベルをクリアして参加資格を得るのだけど、私よりも遥かに上手いおふたりの経験談に不安もたっぷり、裏磐梯へ〜!

若干の緊張を抱えたまま、体調だけは万全にしとこうと、しっかり眠ろうと思うもまだまだ暗いうちから目が覚める。
気温が上がり、屋根の雪が轟音と共に滑り落ちる。
気温が上がるということは雪も重くなる訳で。サラサラのパウダーなど期待できる訳もなく…不安は募る。

6:30起床、7:30に朝食をいただき、猫魔スキー場へと向かう。塾長は雨に備えて、インナーにカッパを着てる!そうか、そういう手もあるのね。
いや、雨の中、スキーはしたくない。
雨というかみぞれというか…スキー場に着く頃には雪になっていたけれど。
天気予報は曇り。まぁさほど降らないと信じよう。

さて今回の塾、参加者16、17人ほど。顔見知りは数人だけで格好や言動から皆さんベテラン揃い。
あ〜ん、なんだか場違いで居心地悪〜い(^◇^;)
なんて感じつつ、レッスンが始まった。

準備体操して班分けして… 基礎をしっかりやりたい班とがんがん滑りたい班。
基礎班が多い、多い。とはいえ、かなり滑れる皆様。
とりあえずリフトに乗って、一本普通にゲレンデをテレマークターンで下る。いつもの塾では基本の直滑降とかひとつひとつのターンを練習してから滑っていたから、ウォーミングアップできてなくて感覚がつかめない〜!みんな速いし、着いて行くのが大変だーーー!!
次にリフトに乗ったら、何やらすっごい急な不整地斜面にやってきた。
こんなとこでテレマークターンなんてできませんよ〜!ってかプルークで曲がるのも苦しい急坂、不整地で横滑りもしにくくて、四苦八苦。
そして次にリフトを降りたら、あらあらゲレンデからコースアウト。林間に入って行くのねぇ(^◇^;)
深い悪雪、しっかり後ろ足荷重を保たないとつっかかる。そうは分かっていてもバランス崩すし、カラダは怖がって山を向いて止まっちゃうし、あたふたあたふた。
そんな中、ビデオ撮りもされて、もぉダメダメさ!それでも他の塾生さん達の滑りを見て学んだり、楽しい楽しいo(^▽^)o♪

あっという間に午前中終了。不整地の林内からゲレンデに戻るとレストハウスまで皆、華麗に滑って行く… う〜もぉ太腿痛くてスピードなんて出ませんよ〜!

午後の体力取り戻すために、ビーフカレーを完食o(^▽^)oんまかった!

さて午前の講師ははじめてのMせんせ。紳士的な説明で分かりやすく教えてくれる。
午後はコースがいいのか気温のせいか少し滑りやすい雪になった。
が深雪ではなかなか斜滑降すら後ろ足に上手く体重が載せられない。

Mせんせに、もっと滑れる筈、もったいない、まだ肩の辺りが強張ってる、カラダを下に向けて、しっかり後ろ足荷重で…いろいろアドバイス受けつつももう足がくったくた。

ゲレンデと同じように滑ることの難しさを痛感しつつ、レッスン終了。
居残り練習する体力はもうありませんから〜!

塾長の車でペンションに戻りましょ。
帰ってお風呂入ってビールだビールだ!!
滑れようが滑れまいがいつだってビールは旨いっ♪

晩御飯は美味しい中華。ビールも進むっ!食事も残しちゃ申し訳ないからたんといっぱい食べる!

20:30から精算をして、昼間に撮影されたビデオを見ながら、いろいろ教わったり、学んだり、笑ったり。
朝、居心地が悪く感じていたのが嘘のように居心地の良い空間(*^^*)♪
技術的なことも面白おかしいこともいっぱい聞いて、笑って、飲んで!
背高ノッポのイケメンMせんせが塾長と同い年だと聞いて、目を丸くして驚いてしまったら…
塾長やKご夫婦に、Hちゃん(あ、私、駒ではみっちゃんだけど、裏磐梯ではHちゃん!えへ)の目から星が出た、キラキラ光る星が出たと言われる始末!
いやぁ、年齢聞いて、改めてMせんせ…素敵っ!
いやいや塾長も素敵なんだけども。あはは☆

いやいやそんなこんな花泉の一升瓶も空いて、ちょこっとワイン飲んで、就寝。
翌日はツアーだもの。シール登行したり滑ったり、体力回復せにゃ!
ぐっすり就寝。…といいつつ眠りについたのは0時(^◇^;)

それなのに6時にはしっかり目が覚める私。外は曇りと思っていたら…雨降ってるじゃないのさ。
雨にみんなテンション下がり気味。ペンション周りは幻想的な景色でそれはそれで素敵なんだけどねぇ。
c0321967_12121995.jpg
まぁお山は雪かもしれない。雪質には期待できないけど…とグランデコへ。

雨は雪になったと思ったらまたみぞれっぽくなったり。それでもスキー場が近づいたら青空見えて、陽がさしてきたり。薄っすら雪が積もっている気配も漂い、少しずつテンションUP!

9時半頃かな。まずはゴンドラに乗り、もう一本リフトに乗って、上へ。
前日同様、2班に分かれ、上級クラスは西大巓へ向かう予定も上方は雲もかかっているし、皆一緒に登らず、西へ西へとトラバース。
途中で真っ白なウサギさんが駆け抜けて行く姿も見られたりして楽しいo(^▽^)o♪

デコ平を超えた辺りかスキーにシールを装着。さらに西へ上へと登ります!
登りは楽しい!息は切れるし、汗もかくけど、足は痛くない。
深い雪も塾長がつけてくれた道を辿れば楽チン楽チン☆
さてシールを外して、滑りますか!…まぁ滑るために登ってるんだけど、登ってる方が楽しいよぉ♪
でも、頑張って滑るのだぁ!!
なかなか下を向けず、ついつい横、山側を向いてしまって止まってばかり…
あ〜まだまだだなぁ。滑り方はゲレンデと同じ筈なのに深雪の不整地、全然滑れませ〜ん!
ちょこっとテレマークターンっぽくと思っても、妖怪板掴みにしてやられたり。
もぉ大変。
それでも気温は高めだから寒くなく楽しめた。
気づけばお昼を過ぎていたようで、ランチタイム!
あんぱんとクラムチャウダー。
c0321967_12122097.jpg
少し陽がさしてきたりして、気持ち良い雪上ランチo(^▽^)o♪
c0321967_12122143.jpg
さてさてお腹も満たされたことだし、身体も少し冷えてきたし、またまたシールを付けて、登り返します!

緑いっぱいの夏のブナも黄色くなった秋のブナも素敵だけど、冬のブナ林も気持ち良い!
c0321967_12122239.jpg

穏やかな時を楽しみつつ…登って、またシールを外す。
c0321967_12122390.jpg

もうシールはつけないと言われたのに…なんだか登りが増えて、どうやら所在地を見誤っていたらしく…登る登る。シール無しで登るのはしんどくてブーイング!やっぱりもう一度、シール装着をして、登る登る!!
サングラスもゴーグルも汗で曇っちゃうもの。
さてさてシールを外したら、一気に下る!
樹林帯を上手い皆様は気持ち良さそうに滑り、私は四苦八苦しながら、コース取りも悩みつつ、転びつつ、時折テレマークターンを試みるも油断するとバランス崩し、すぐにプルークになってしまい…太腿ぱんぱん。

ようやくゲレンデに戻ったら、テレマークターンはできるけど、足がもう限界!硬いゲレンデも疲れるの。
ぜぃぜぃはぁはぁ。
待って、みんな、待って〜〜!!!と追っかける。

そうして無事駐車場へ…お疲れ様でしたぁ!!
あ〜まだまだだなぁ私、と痛感しつつも改めて、お山でテレマークの楽しさも垣間見えて、楽しいツアーでした♪
もっと上手くなってもっともっと楽しんでやるぅ!!と誓った週末でございました!
[PR]
by woodnote2014 | 2014-01-28 12:11 | テレマークスキー | Comments(2)

正しい日本の晩御飯と朝御飯。

昨年は何度行っただろう檜枝岐村。

3月にスキーで会津駒ヶ岳
4月に歌舞伎を見に
5月は会津駒ヶ岳
6月は駒の小屋と田代山、帝釈山
7月は会津駒ヶ岳
8月は尾瀬沼
9月は歌舞伎と会津駒ヶ岳
10月は尾瀬と駒の小屋小屋閉めの時

燧の湯に入って、あした天気さんでビール飲んで帰路につくのが定番。
3月、6月、9月は大好きな民宿☆檜扇さん泊もしたっけ。

駒中になり、いつしか檜枝岐村も大好きになっちゃった♪

11月、12月にも訪れたことはあるけれど…ん〜1月、2月はまだないな。

そうだ、檜枝岐へ行こう♪♪

檜扇さんに予約の電話を入れたら、「スキーですか?」と聞かれ、「いえ、温泉です( ̄^ ̄)ゞ」と答えたけど、ホントの目的は美味しいご飯!!
檜扇さんの晩御飯、朝御飯はとってもとっても美味しくて日本に生まれて良かったと感じるのだもの。

のんびり10時に家を出て、電車に揺られ、バスに揺られて檜枝岐へ向かう。

駒の小屋のご主人、三橋さんに教えていただいた素敵な場所。佐倉山(さぐらやま)の風景をバスの中からパシャり。
c0321967_12143353.jpg

青空広がる檜枝岐到着16時。檜扇さんにチェックインしたら、すぐさま燧の湯へ!
雪景色を眺めながら露天風呂でのんびりゆったりね。

風呂上りにはやっぱりビールが飲みたくなっちゃって、プシュっ(*^^*)♪えへへ。

お腹ペコペコ18時ちょうどに食事の広間へ行ってみるとまだ準備中だったので岩魚さんを眺める!ん〜早く食べたいっ♪
c0321967_12143410.jpg

食前酒に梅酒をごくり。
香ばしい落花生、甘いアピオス、ノビルに炊き合わせは日本酒でいただきます!
c0321967_1214349.jpg

たらの芽や赤茸などの天ぷらは伊南の温泉から作ったお塩で。
c0321967_12143567.jpg

鹿肉は柚子胡椒で食べたり、ふくれみかんの七味で食べてみたり。
c0321967_12143534.jpg

そして焼き上がった岩魚に、岩魚のお刺身。
c0321967_12143685.jpg

c0321967_12143616.jpg

日本酒がなくなったところで、女将のりえさんに「次は濁り酒にしてみる?」と勧められたら飲まない訳がありませんっ!
c0321967_12143772.jpg

少し甘くて少しシュワっとした感じでこれまた旨いっ!

お客さんが差し入れてくれたというカンパチのお刺身も!

最後に丸い機械そばをいただきます(*^^*)♪
c0321967_1214385.jpg


あ、最後はデザートのリンゴだったっけ!

あれ?ひとつメニューが抜けてるぞ。写真を撮りそびれたぞ!
檜枝岐のごちそう、「でっち」蕎麦粉とお漬物のおやきのようなモノ。熊の脂を付けて食べる、山人料理。これもとっても美味しかった。

隣の6名様のおじさま方からお酒をご馳走になったりしつつ、楽しく美味しい2時間の夕食タイム。
お腹いっぱい幸せいっぱい(*^^*)♪

2次会は…三橋さん家の鍋会にお邪魔しちゃったりしてね。焼酎に日本酒飲んじゃいました!
ええ、ええ、飲み過ぎですよ☆
宿に戻ったら爆睡!気づいたら朝でした!

檜枝岐の朝、6時には夏の思い出が聴こえてくる。
檜枝岐で迎える朝のしあわせ。
檜扇さんには何度もお世話になってるけれど内風呂に入ったこと無かったのよね。夏は燧の湯も6時からやってるから。でもこの時期は9時からだし、朝風呂いただきましょう(*^^*)♪
檜風呂の温泉、気持ち良く入ったあとは、朝御飯〜!!
c0321967_12143892.jpg

舞茸ご飯がと〜っても美味しいの。具沢山のお味噌汁も嬉しい!
デザートに自家製ヨーグルト、食後のコーヒーもいただいて、大満足。

はふぅ。幸せな時間が終わっちゃった。
いやいやバスの時間まで、檜枝岐村散策しちゃいましょ♪
雪が降る降る檜枝岐。村人さん達は雪かきに大忙しのようです!
c0321967_12144014.jpg

なんだか懐かしさを憶えたりしつつ、歌舞伎の舞台へ
c0321967_12143925.jpg

六地蔵さん達はもすっかり雪まみれ。
c0321967_12144043.jpg

最後に駒の登山口へ
この雪越えて、登りに行きたくなりつつもバスの時間が近づいてきたよ。
c0321967_12144194.jpg

c0321967_1214418.jpg

9時05分のバスに乗り遅れると3時間待ちだから…帰りましょ☆

また来るために帰りましょo(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-01-19 13:00 | | Comments(2)

一歩下がっても二歩進むのだ!

今シーズン2度目のテレマークスキー塾、受講。
今シーズン2度目と言っても、12月に3日連続で滑ったので…

やったね‼︎4回目o(^▽^)o♪
c0321967_2123078.jpg

なんと3日分で1日タダになるという大判振る舞いの沼尻スキー場でレッスン、レッスン!

ん〜初日はなんとも思うように滑れず。板を力づくで回しちゃう悪いクセがでてしまってやや落ち込む。

2日目は、新雪や不整地を滑ったりして、なかなか難しいけれど、少しずつ進歩してるような気もしたり。

午後にはビーコントレーニングなんぞにも参加。
昨年買ったはいいけど、ろくに使い方が分かってなかったので、良い経験ができた。ビーコンのサーチ能力も知り得たし、捜索の仕方、ゾンデ棒の使い方などなども学べた!
もちろん、実際に使う機会など無くて良いのだけど。

この日はぬまじりすちゃんにも会えたよっ☆
c0321967_2123285.jpg

3日目は自主練の予定だったけど、細板革靴の講習をストーカーσ(^_^;)
革靴や細板を履く自信などなかったので、普通の板にプラ靴で。

新雪や不整地も昨日より少し上手く滑れたり、滑れなかったり。

お☆上手く滑れた!と思っても、次はダメだったり、それでも、以前はテレマークターンなどできなかった斜面でもそれなりに怖さが消えて、テレマークターンできたり。

レッスン中は無賃レッスンの私の指導はもちろんしてはくれなかったけど、最後に塾長が昨日より上手くなったんじゃない!?なんて言ってくれたからご満悦。

簡単にできることならやっても面白みがないものね。
一歩後退したら、二歩進めばいいのだo(^▽^)o♪

気温は低いながら青空も覗いた沼尻スキー場。
楽しく実のあるスキー合宿でした!!
c0321967_2123312.jpg

[PR]
by woodnote2014 | 2014-01-13 20:41 | テレマークスキー | Comments(2)

厳冬期の赤岳〜予想外の汗っかき山行〜

1月3日、4日

お正月はツアー参加で雪山登山が習慣となったものの・・どこへ行こう。
2011、2013年は硫黄岳、2012年は鳳凰山(薬師岳・観音岳)、2009年は金峰山。
ん~2014年はどこへ行こう?
ツアーで見つけた赤岳は上級クラス。雪山技術の乏しい私が参加して良いものやら?
ちょっと迷いつつ、お山の大先輩が私の山行歴から考えれば「大丈夫でしょ!」と言ってくれたものだから、ポチっとな。
靴マーク1~5のレベルがある「ま○たび」さんのツアー、今まで3か4にしか参加していなかったけれど、今回は5。どきどきどきどき。
10月末に痛めた右膝もちくちく、じんじん痛みも残っているけどね、フルマラソン走れるし、テレマークスキーだってできるもの。
大丈夫、大丈夫←決してマネしちゃいけません(≧∇≦)ケガはしっかり治しましょw

旅の案内が届いたのは12月も半ばを過ぎた頃。
ネットのツアー情報やパンフレットには書かれていない情報が・・・
「ヘルメット、ハーネス、カラビナ、シュリンゲを用意し、皆様に装着いただきます。」
「体調とともに気持ちの準備もお願いします。」
あは。初心者の私が行っていいのかしら?と思いつつも、だって行きたいんだもん!!←それだけで参加しちゃいけません!身の丈にあった山行をw

7時新宿集合。限定15名のツアーだったのだけれど、当日キャンセルが出て14名。
添乗員さん&ガイドさんは4人。いたれりつくせりのツアー。参加者には昨年や数年前にお会いした方もちらほら。
ガイドさんのうち2人は既に現地入りして、コース確認をされているとか。ほんといたれりつくせりで有り難い。

バスの中で、添乗員N山さんからヘルメット、ハーネス、カラビナ、シュリンゲを貸与していただき、使い方の説明を受ける。
8の字結びに、プルージック結びと・・・ふむふむ。以前、駒の小屋蕎麦会で教わったことあるぞ。
思い出せ、思い出せ!

さて・・9時過ぎ、車窓から南アルプスが見えてきて、八ヶ岳が見えてきて・・・赤岳が見えてきてわくわくどきどき!
美濃戸口到着は10:00前。支度をして10:10頃だったかな?出発です!
天候は晴れ!てくてくてくてく林道を進みます!
c0321967_17405028.jpg

赤岳山荘到着11:20頃、ここで昼食。
元旦に登り、赤岳展望荘に連泊したというお兄さんに会い、当日朝の写真を見せて頂いた。
前日は天候が悪く外に立ってもいられなかったといい、連泊の予定ではなかったけれど、天候の回復が望めたので連泊したとのこと。
美しい雲海の向こうに見える富士山、穏やかな空に陽光が射す素敵な写真を拝見した!
今回の私達の行程ではご来光は見られないのだけれど、見られちゃった気分o(*^▽^*)o~♪
あれ?みんなが何やら騒いでいるぞと思ったら、カモシカくん登場!
c0321967_17405128.jpg

小屋の方のよれば、足を数年前に骨折したらしく、痛々しく足をひょこひょこ引いて歩いていた。
人に慣れているのかな?と思ったけれど、大勢でカメラ構えてたら、ちょっとおびえてた。ごめんごめん。。

さてお腹も満たされたので、練習も兼ねて、アイゼン着用で歩き始めます!
そしたら今度は鹿ちゃん登場。ヒップがチャーミングよね♪
c0321967_17405337.jpg

南沢ルートをどんどん進みます!それにしても暑い暑い!頭から汗ぽったぽた。
帽子も脱いで、ジャケットもフリースも脱いで、長袖下着に長袖Tの2枚だけ。
女性のガイドさんU野さんともう脱ぐもの無いですよねぇ!と言いつつ、まだまだ暑い!
暑いの苦手、バテバテになりつつ、なんとか遅れをとらずに歩いていく。
c0321967_17405480.jpg

14時過ぎに白河原の辺りまで、先発ガイドのM田さん、H岡さんが迎えに来てくれて、本日のお宿、行者小屋まであと20分くらいだと元気づけられる!
真っ白な雪の世界に元気いっぱいなんだけどね♪
c0321967_17405657.jpg

お天気は良好。大同心、小同心も綺麗に見られて、心が躍る。
c0321967_1740571.jpg

少し気温が低くなってきたので、ジャケット羽織って、帽子もかぶって、14:45小屋についたら結局汗だく(≧∇≦)
c0321967_17405970.jpg

翌日登る赤岳がでで〜んと迎えてくれて気分は爽快っ!
c0321967_17405851.jpg

そこから希望者は見晴らしの良い中山展望台へ連れて行ってくれるというので、疲れていたけど参加!
参加者5名と少なかったけれどね(≧∇≦)
中央アルプス 木曽駒や御嶽山、北アルプス 乗鞍岳も見えたりして、気持ち良かった~!
c0321967_1741058.jpg

小屋に戻ってお部屋へ。二階にはストーブ、こたつもあってぬっくぬく。
脱いだジャケット、オーバーパンツ、手袋なんかをハンガーにかけたらビールが飲みたいぞっと。
展望台に行かなかった面々やガイドさんは既にビールやら焼酎やら飲んでるものw
買いに行きたいところだったけれど、16時からハーネスの装着、カラビナの操作、プルージック結びの説明・練習などなど始まっちゃったから、おあづけw
でもね、全然分かってないからね、しっかり学んで覚えなくっちゃ!
8の字結びOK、プルージックよしよし簡単簡単覚えたぞっと!おっと・・・めまいが←おぃおぃw
ちょいと脱水症状だったのやら?貧血だったのやら?アルコール欠乏症だったのやら?←おぃおぃw
水分補給して少し座っていたら落ち着いた!講習タイムがとりあえず一段落したら、酒好きガイドのH岡さんが良かったらどうぞと缶ビールを差し出してくれたものだから、有り難くプシュッとな(≧∇≦)

18:00からのお食事も美味しく完食。美味しくってご飯もお味噌汁もお代わりしちゃっておなかパンパンw
食後は小屋に置いておく荷物をまとめたりして・・・
ひといきついたらU野さんから良かったらと焼酎を差し出してくれたのでありがたくぐびっ!
参加者とガイドさんも顔見知りが多いようで、ツアーのあり方やガイドさんの対応に対する不満やら・・なんだかちょっと楽しくない話がつづく。
ん~酒クセ悪い方も多し。やーね。山小屋の夜は楽しく過ごしたいじゃないのさ。
まぁまぁガイドさん達は慣れたもので、上手く交わし、適度に飲み・・・8:30の消灯を待たずに就寝。
それにしても暑い・・・消灯後には冷えるだろうと思いつつも、暑い。
暑くて寝ても目が覚め、なかなか熟睡出来ず、多少の緊張もあってか1時間起きに目が覚めた。
少し寒さを感じたのは3時頃だったかな。
4時半頃完全に目が覚め、1時間ほど布団の中でぼーっとして、5時半に外に出てみた。
この日はしぶんぎ座流星群がよく見える日だったから!
外に出てみると☆がない!あいにくの曇り空。それでも少し待っていたら、ひとつ、ふたつと☆が見え始めた。
薄曇りでゆっくり雲が流れているようで、ぼーっと見上げていたら、南の空に流れ星ひとつ。
西の空に流れ星ひとつ。あ、また南・・・一番多く見られるのは北東と聞いていたけれど・・・
全部で5~6つの流れ星を見た。空のあちらこちらに!北東には雲が多くて一個もみられなかったけどw
20分ほどでそれだけ見られるなんてなんだか良いことありそうよね☆

小屋に入り、6:00過ぎ、ちょっとカラダを温めて、6:15灯りがついた。
15分でちょこっとお化粧直し(日焼け・雪焼け対策ね)して、6:30から朝食。
朝ご飯も美味しくて、ご飯お代わりしちゃったもの。えへへ。

さ~てしっかり着込んで、ハーネス着用して・・外に出たらアイゼンも付けて、ピッケル持って。
いつもの山歩きとは違う様相。十分気をつけて歩かなくちゃね!
c0321967_1741158.jpg

7:30過ぎ出発です!女性を先に、男性は後方、前後と間にガイドさん。総勢18名のパーティです!
自信の無い私は先頭から2番目に陣取り、進んでいく。
前日に歩いた道よりも勾配があり、歩き始めはカラダが重い。
着込みすぎたか汗もかきそうで・・・いかんいかん。前もベンチレーターも解放!!!
天候は曇り。
c0321967_1741311.jpg

赤岳の辺りは雲に隠れていたから、眺望も期待できないかなぁと思いつつ・・・
歩いていると阿弥陀岳も赤岳も顔を覗かせたり、隠れたり・・・さてさてどうなることやら。
鎖をしっかり持って歩いたり、ピッケルをしっかり射して歩いたり。
ちょっと危なげなところではガイドさんがロープを張ってくれて、そこにカラビナを通して安全確保をして進んだり。
カラビナ操作も私は意外とスムースにできたけど、なかなかみんな不慣れだから、ゆっくり時間をかけて進んでいく。
その分待つ時間も増えるのだけれど、幸い、風もほとんどなく、寒さを感じずにいられたので、良かった良かった!
岩場も安全確保しつつゆっくりゆっくり登るので全然怖さを感じず(夏場も怖くなかったし、岩場意外と平気なんだけどねw)

気づけば青空が広がっていて、雲海の向こうに白峰三山や仙丈ヶ岳が見えたり・・・
c0321967_1741454.jpg

振り返れば阿弥陀岳が美しい姿を見せてくれたり。
c0321967_1741530.jpg

稜線に辿り着き、見えた~富士山o(*^▽^*)o~♪
c0321967_1741674.jpg

もうご機嫌!でも浮かれちゃ行けません。東陵は崖だから、落ちたらどうすることもできないよとのH岡さんの言葉に身を引き締めて、登頂します!!
c0321967_17417100.jpg

ひゃっほ~~~ぃ10:00赤岳登頂しました~!

あんまり広くはない山頂だけど-2℃くらいと温かいのでザックを下ろして休憩しちゃいます!
行動食にとSAで買ってきたポテトもちを食べたり、お茶を飲んだり。写真を撮ったり。
c0321967_1741880.jpg

いやぁお天気に恵まれて、ホント良かった良かった!
20分ほど山頂を満喫して下山開始。
c0321967_1741956.jpg

下山時の方が事故は起きやすいことを再確認して、慎重にね。
途中、ブラジルから留学しているという青年がダブルピッケル?で足取り怪しく登ってきて、山頂までのルートをガイドのM田さんに聞いて、結局断念して下ることに。
足元あやしく結局放っておけず、私達と一緒に下山。

12:15頃、小屋に戻り、ひと安心o(*^▽^*)o~♪
アイゼン外して、ハーネス外して・・・荷物をまとめて、ラーメンの昼食。
お天気が良いので外で食べちゃうもの。靴脱ぐのもめんどうだしね!美味しかった♪

13:00さてさて美濃戸までてくてくてくてく下りましょ。
c0321967_1741118.jpg

アイゼン外しちゃったから、ちょっと滑ってみたり、転びそうになって左の小指ぶつけちゃったりしたけど、大丈夫大丈夫、今、問題なくキーボード叩けてるもの(*^ー^*)
c0321967_17411228.jpg

後半は後方を歩き、写真を撮りながら、ガイドのU野さんとお話ししながら戻ってきた。
午後には崩れるのかなぁと思ったお天気も西よりは晴れ。
気持ち良く、歩くことができ下山完了15:30頃。バスの運転手さん、待ちくたびれてた!お待たせしましたよぉ♪

もみの湯に立ち寄り、気持ち良く汗を流し、温まり・・・缶ビールぐびっと飲んで、帰路へ。
今回は本当にお天気に恵まれ、安全登山を楽しめた。
ガイドさんによれば、ツアーで行くべきコースではないし、来年は無いかもと。
レベルも5じゃなく、6の山(厳冬期)だと。
ツアー会社の思惑と、山岳ガイドの思うところはまた違うようで・・・来年はどうなることやら。
今年、参加できて、ハーネスの使い方など少し学ぶことができて、私としてはほんの少しステップアップできてラッキーだった。
ん~本格的な雪山やるつもりはないんだけど。機会をつくって雪山講習とか受けようかなぁと思ったり思わなかったりw

厳冬期の赤岳~予想外の汗っかき山行~は楽しく歩けて、2014年も晴れ女o(*^▽^*)o~♪
良い山行初めとなりましたとさ☆
[PR]
by woodnote2014 | 2014-01-05 17:16 | 山歩き | Comments(11)