「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山歩き( 95 )

足休め!?の尾瀬散歩 Day_1

ハーフマラソンを2週連続で走り…いや、練習も含めれば3週連続で走り、お山にも行けず…お山に恋煩い。
会津駒ヶ岳、燧ケ岳…登っちゃおかと思いつつ、足の疲労をとらなきゃいけないものだから、無理せず尾瀬ヶ原散歩とすることに。
c0321967_16234686.jpeg
今年は雪が少なかったこと、気温が高かった?ことからか、ワタスゲの見頃も過ぎてることは分かっていたけれど、花期が一様に早まっているならば、それなりになんらかのお花は咲いているだろうと思いきや…数週間前のことだったか数度霜が降りたそうで、花芽がやられてしまったそうな。
驚くほどお花の少ない尾瀬ヶ原だったけれど、ゆっくりとのんびりと歩くには人も少なめで良かったと思うことにしましょうか^_^


初日は鳩待峠から赤田代、温泉小屋まで。
[PR]
by woodnote2014 | 2016-06-19 18:20 | 山歩き | Comments(0)

緑の風に包まれて加治丘陵散歩。

スキーシーズンを終えて、なんやかやとバタバタ。そろそろお山に行かないと私の中のいろんなバランスが崩れるぞ!と土曜はやることがあったから、日曜は低山散歩に行こうと思ってたの。
土曜のやることのひとつはケータイの乗換え&機種変。もうひとつはムーミンを仕上げること(≧∇≦)
で、ムーミンについて調べ物をしたりしていたら、埼玉にムーミン谷があると知ってしまったんだもの。ということで、谷へ行く前に加治丘陵散策しましょ。そうしましょ♡
c0321967_19081791.jpeg


まずは桜台展望台へと登ります!
[PR]
by woodnote2014 | 2016-05-15 20:40 | 山歩き | Comments(0)

駒の小屋 決起集会 in マナスル☆

え〜と タイトルからだとどこに行ったかわからないわね(≧∇≦)
会津駒ヶ岳 駒の小屋の兄さんが決起集会するからマナスル山荘本館に集まれ〜!なんて号令をかけたものだから、どこにスキーしに行こうか思いあぐねていた時にそんな号令が聞こえたものだから…参加してきました。
入笠山 マナスル山荘本館での飲み放題飲み会(≧∇≦)
c0321967_07260354.jpeg
さてさて、久しぶりの山歩きです!


あずさ3号から始まりました!
[PR]
by woodnote2014 | 2016-03-15 21:30 | 山歩き | Comments(4)

奥久慈男体山〜山旅忘年会〜

山仲間ゆかりちゃん(まっつん母)から山旅忘年会のお誘いをいただいたのはたしか8月末のこと。
まだまだ先だと思ってるうちにいつの間にやら年の瀬だもの(*^^*)時の経つのは早いゎ。
山仲間の輪が広がって総勢12名での山歩きを楽しんできました。
c0321967_19245201.jpg
水郡線の西金駅10時待ち合わせ。9:40にはみんな集まり、10:10ぐらいから楽しく歩き始めました(*^^*)☆

お久しぶりの方、初めましての方、みんな山好き、写真好き。それぞれがそれぞれに写真を撮りながら楽しく登る。
c0321967_19245309.jpg
え〜と意外と急登。息がきれるんですけどぉ…orz
お山は10月の駒の小屋ファイナルのあと1ヶ月以上行ってなかったのだ。ちょこっと体調もすぐれない日々が続いていたせいもあって、なかなかしんどい。
c0321967_19245302.jpg
まぁ急ぐこともない、マイペースで息整えて登りましょう(*^^*)♪
そのうち紅葉がどんどん綺麗で嬉しくてしんどいことなんて忘れちゃったけどね!
c0321967_19245414.jpg
ケヤキやイチョウの緑や橙や黄色、カエデの橙や紅。もう終わっているだろうと思っていた紅葉にますます楽しくなってくる。
羽子板の羽のような実はきっと遠くまで種を飛ばすためだろうに飛ぶタイミングを逃したかドライフラワー化した子も(*^^*)♡ぽとっと落ちたらここで芽を出せばいいさ!
c0321967_20114441.jpg
お天気良好、空気はひんやりしているものの、陽射しが強く汗をかく。30分ほど登って勾配が緩やかになったところで厚着の人は脱いで調整しましょうか。私は長Tに半袖T…もう脱げないけど…半袖で良かったなぁ。
c0321967_20114410.jpg
さて、なんとなくアップダウン。さらには結構な斜面をトラバース。足を滑らしたら落ちていけそうだから慎重に。
c0321967_20114510.jpg
c0321967_20114511.jpg
トラバース越えて足元をあまり気にしなくて良くなると目に飛び込んできたのは鮮やかな紅葉o(^▽^)o♪
c0321967_20562017.jpg
赤も黄色も橙も緑も…素敵でみんな口々に、キレイ、すごい、わ〜っ!と感動の言葉、言葉にならない思いが溢れ出す!
c0321967_20562157.jpg
やっぱり真紅のカエデが一番人気!
c0321967_20562196.jpg
本当に本当に鮮やかで…なかなか前に進めなかったっけ(*^^*)
c0321967_20562181.jpg
前の週に下見に来てくれていたゆかりちゃんも先週よりすごく良いと興奮気味。喜ぶみんなの声も嬉しくて安堵している様子。そんな姿を見て、感謝の気持ちと嬉しい気持ちがこみ上げる!ホントいい時に来れたねぇ!!
c0321967_20562164.jpg
陽光が紅葉の木々を照らしてくれるから、ますます美しくなり、私たちは嬉しくなる(*^^*)♡
c0321967_20562226.jpg
似たような写真をついつい何枚も撮ってしまう。
c0321967_20562277.jpg
だってどっちを向いたってキレイなんだもの(*^^*)♪
c0321967_20562208.jpg
紅葉をたっぷり楽しんだら、岩場が出てきましたよ!
c0321967_20562282.jpg
狭い岩場、鎖のある岩場。バラエティに富んでいて楽しい山歩き。お尻が挟まっちゃいそうなんて大騒ぎしながら登ります(≧∇≦)
c0321967_12292278.jpg
いやいやなんとか登ったら見晴らしの良い場所にでた!高いところ好きの私は一際高い岩の上に登ってしまうおバカだけど、自分で自分の写真は撮れないのでありません!
c0321967_12292287.jpg
遠くの空は霞んでいて富士山は見えなかったけれど、茨城の低山の雰囲気がとても良い感じ。
さてさて、山頂までもうひと踏ん張り!
c0321967_12292217.jpg
ここからもまだまだなかなかの岩場あり!
c0321967_12292319.jpg
ほぼ直登といった感じだもの。健脚コースなかなかタフな道。
c0321967_12292362.jpg
実は奥久慈男体山は2度目。2010年の1月にも訪れておりました。
でもその時は健脚コースを避けてだから、この道は歩いてないのよね。疲れた時は写真は撮ったりしながら登りましょ。
c0321967_12473211.jpg
ぜーはーぜーはー山頂に到着したのは、ちょうどお昼でしたo(^▽^)o♪
c0321967_12473234.jpg
お腹も空いたけれど、とりあえずは神社で手を合わせ、景色を堪能しなくちゃね。
c0321967_12473295.jpg
おだやかで優しい景色。
c0321967_12473328.jpg
空には少し雲が出てきて、それもまたいい感じ(*^^*)♪
c0321967_12473354.jpg
山頂は決して広くなく、先客を急かしちゃったか、空けていただいちゃったりして、なんとか12人座る場所を確保。
パンとスープとコーヒーでランチ。美味しい鯖寿しをひと切れいただいちゃったりしてね。素敵な愛妻弁当を眺めさせてもらったりしつつ、お日様サンサンぽかぽか陽気、ゆっくり過ごすことがでしました(*^^*)☆
c0321967_12473379.jpg
お腹が満たされたら、下りますか!!何気に痩せ尾根を歩いたり…
c0321967_12473391.jpg
崖を覗き込んだり、眺めたり…「親方(なぜか私のことね!)、崖が似合いますぜ!」と訳のわからぬ褒め言葉!?を頂いて、「私の人生崖っぷちだからねっ( ̄^ ̄)ゞ」とか訳のわからぬ会話も楽しみつつ。他愛のない話に笑いながら進みます!
c0321967_12473498.jpg
そうして広々としたところに出たのが大円地越というところ。しばし休憩。苔生したベンチやテーブルがありました。
c0321967_12473414.jpg
心地よい休憩ポイント。水分補給したり飴ちゃん貰って舐めたりしてたら、少し身体が冷えてきた。陽射しが心地よくてぽかぽか陽気と思いつつも気温は意外と低いのね。
さぁ下りましょう!
c0321967_20553602.jpg
少し下るとケヤキの黄色がとても綺麗でまた足が止まる。黄色の後に橙に赤に緑にと…彩りも変わっていくから楽しくて(*^^*)♡
c0321967_20553756.jpg
太陽の力。葉っぱちゃんも陽光浴びて元気いっぱい。そんな景色に私たちも笑顔が溢れる!
c0321967_20553723.jpg
足元には来年に向けて種を落とそうとしている子も。
c0321967_20553877.jpg
あちらこちらから雪の便りが届くけれど、茨城はまだ晩秋の景色が楽しめます(*^^*)♡
c0321967_20553864.jpg
どっちを向いても絵になるものだから…なかなか足が前に進みません。
c0321967_20553943.jpg
登りは先頭付近で歩いていたけれど、いつしか後方(≧∇≦)下りが苦手ってのもあるのだけれど、まだ下りたくないような、後ろ髪引かれる思いもあるのよね。
c0321967_20553948.jpg
空も綺麗で…こんな気持ちの良い日に久しぶりのお山を歩けて、本当に幸せでした(*^^*)♡
c0321967_20553929.jpg
何枚も何枚も…没写真もあるのだけど…何枚も何枚も載せてしまいましょう♪
c0321967_21072024.jpg
c0321967_21072000.jpg
最後は杉林の中を下りたりして…そんな針葉樹林に射す陽光もとても気持ちが良かった。
c0321967_21072137.jpg
c0321967_21072140.jpg
みんなの笑い声が響くお山、本当に楽しかった(*^^*)♡
c0321967_21072127.jpg
ゴールは大円地のお蕎麦やさん。蕎麦の実アイスを食べる人。サービスで出してもらった焼き銀杏を食べる人。山を下りても幸せだったね(*^^*)♡下山は14時頃のことでした。
歩いたコースはこんな感じ。
c0321967_21072187.jpg
3Dマップにしてみるとこんな感じ。
c0321967_21072243.jpg
下山後は、岩倉鉱泉 岩の湯へ。1日1組限定のお宿。鉱泉に入り、美味しいお食事を地酒と共にいただき、皆々様が持参された美味しい日本酒、ウイスキーをハイボールでいただいたりして…深夜まで楽しいときは続きました(*^^*)♪

朝は朝で野鳥の声を聴きながら朝風呂。至福の時でした!
c0321967_21072259.jpg
そんなこんなの山旅忘年会。

ご同行の皆々様、いろいろごちそうになったり、お世話になったりありがとうございました!

まつおの母ちゃん&まっつん
矢車草さん&相棒さん
山うさぎさん
Bebeさん&K子ちゃん
スロトレさん&およめちゃん
ももパパさん
げんさん

来年もまたよろしくo(^▽^)o♪





[PR]
by woodnote2014 | 2015-12-08 21:32 | 山歩き | Comments(6)

会津駒2015Final_Vol.3

11月1日12:30 そろそろ下りなくちゃ。SさんやN山さんとのんびりおしゃべりも楽しんでいたいけど…そろそろ下りなくちゃ…。下りると決めてから10分15分かかって下山開始です!
また来年〜o(^▽^)o♪三橋さん、さゆりさんに見送られて出発したものの駒の大池の前で立ち止まる。
1時間前の駒の大池はまだ氷が張っていたのに…
c0321967_06171835.jpg

溶けて逆さ駒が写ってる!
c0321967_06171803.jpg
1日のうちにこんなに短時間うちに表情を変えてくれる雪と氷の世界、本当に良いファイナルだったなぁと嬉しくなりつつ、下りますよ。
c0321967_06171939.jpg
前を向いて進みましょ。下りましょう。でもね…横も気になるの。
c0321967_06171901.jpg
後ろも気になるの。
c0321967_06171920.jpg
登って来た時には見られなかった景色もたっぷり楽しみながら下りませう。
c0321967_06172025.jpg
進行方向よりもやっぱり小屋を何度も振り返って見てしまいます(*^^*)♪
c0321967_06172097.jpg
c0321967_06172116.jpg
会津駒ヶ岳の姿もね見納めておきましょう。
c0321967_06172160.jpg
池塘がこの日は本当に青く見えて綺麗だったなぁ。
c0321967_06172179.jpg
池塘の氷は誰かがつついて割ったのかな(*^^*)☆どのくらいの厚さか、触ってみようかなと思ったけど、おててつべたくなりそうだから止めました(*^^*)♪
c0321967_12295522.jpg
樹林帯の中に入ると枝からポタポタ溶けた水が落ちる音がして、ポカポカ陽気、なんだか春の音に聞こえて楽しくなったり。
c0321967_12295504.jpg
木洩れ日が照らす苔も可愛らしくて思わず微笑んでしまう(*^^*)♡
c0321967_12295502.jpg
針葉樹からブナ林へと下りてくるとまた雰囲気が変わり楽しい!
c0321967_12295660.jpg

赤い実残るはナナカマド!?葉っぱがないとわかんないよ((≧∇≦)
c0321967_12295644.jpg
ぽかぽかゆ〜ったりとした心地良い時間が流れてた。
c0321967_12295708.jpg
次回ここを歩く時は雪の中、スキーを履いてかなぁなんて想像して楽しくなったり(*^^*)♪
c0321967_12295722.jpg
空も穏やかで気持ち良い〜*\(^o^)/*
ヘリポートまで下りてきたのは14時過ぎ。
c0321967_12394385.jpg
下りたらお風呂に入って、ファイナル琥珀を飲みに行ってと楽しみもまだまだあるので自然と足取り早くなる。気持ち良い空もゆっくり楽しみたくもあるのだけど(*^^*)。
c0321967_12394394.jpg
赤い草の実、木の実は何種類かあったけど、咲いている花はこれくらいだったような。可愛らしいアキノキリンソウ。咲いていてくれてありがとう(*^^*)♡
c0321967_12394300.jpg
少しずつ葉の残る木々や合間からカラマツの黄葉が見えたり、足取り少し遅くなる。
c0321967_12394328.jpg
秋のお山はこの彩りが楽しくて大好き。
c0321967_12394484.jpg
黄色や橙の楓の葉っぱちゃんを愛でながら…
c0321967_12394454.jpg
c0321967_12394400.jpg

この辺りでは葉っぱに足を滑らせたり、落ち葉に隠れた木の根のつまずいたりしがちだから気をつけないと(≧∇≦)
c0321967_12394546.jpg
足元よりついつい見上げてしまうのだけど(≧∇≦)
c0321967_12394511.jpg
穏やかな登山道、ああもう終わりだ。階段が近づいてきた。
c0321967_12394508.jpg
階段上には山葡萄がたくさんなってたよ(*^^*)♪
14:40 階段下りて…ミズナラさんただいまっ!!
c0321967_17544519.jpg
階段を見上げて…
c0321967_17544609.jpg
その上の並ぶカラマツを見上げて、良いファイナルだったなぁと思い出し笑いしつつ…まだ先はあるのだ。お車の方々はこの辺りでおしまいだろうが私は国道までショートカット道を抜けるのだ。この辺りにはまだ紅葉が残っているから楽しんで歩きますo(^▽^)o♪
c0321967_17544673.jpg
赤く色づくカエデちゃん、黄色鮮やかなカエデちゃん。みんな綺麗だ!
c0321967_17544698.jpg
足元気を付けながら、たくさん秋の森林を満喫。
c0321967_17544765.jpg
陽射しが入るとまたキラキラ輝いてとても綺麗だった。
c0321967_17544767.jpg
そうしてショートカットも通り抜け、沢沿いの道をテクテク下る。
c0321967_17544832.jpg
水は涸れている。上で凍っているからかしら。
c0321967_17544854.jpg
沢沿いの紅葉はまだまだ綺麗で写真撮影をしている方もいらっしゃいましたo(^▽^)o
c0321967_17544939.jpg
15時ちょい前下山完了。
管理人さんの三橋家へと向かう国道で帰路に着くSパパ&ママさんと遭遇、お疲れ様〜と手を振って、てくてく。
そしてバス停で時間を念のため確認。そして事件発生(≧∇≦)11/1にバスの時刻表が変わることはわかっていたの。バス会社のホームページに書かれていたもののリンクされていたものが古いままで、17時のバスがちゃんとあるか一抹の不安は感じていたの。イヤな予感的中…駅まで行くバスは15時が最後。気づいた時14:58。
咄嗟にこれから下りてくる駒中さんを思い出す。N山さんかSさんか。どちらも連絡先は分からない。駒の小屋に電話して、ねーさんに泣きつくとSさんに連絡してくれるという。そんな相談をしているところに15時のバスがやってきた。一旦は手を上げて止め、真っ直ぐ帰ることを決断したもののねーさんがSさんに連絡取れるよと言ってくれたので、バスの運転手さんに謝りやっぱり乗りませんと(^◇^;)
誰にも迷惑、心配かけないためには、バスで帰るべきなのは分かっていたものの、汗かいてたし、このまま帰ると風邪ひくよなぁという思いが強かったの。琥珀は諦めようと思ってたの…ホントだよ。ねぇお地蔵さん(^◇^;)
c0321967_18150224.jpg
ねーさんから折り返しかかってきた電話によるとSさんの電話は留守電。15分くらい前に下り始めたから下につくのは1時間半くらいは先。万が一連絡取れなかったら、翌日の仕事は諦めて、三橋家にでも勝手に上がり込むか民宿に転がり込むか、助けはあちらこちらに…(≧∇≦)と開き直る。とりあえず下ろしてきた廃棄物を三橋家の玄関先に置きに行かなくちゃ…とテクテク歩いてたら、駒中Aぴろりん登場。駅まで乗せて行こうかと申し出てくれるも、もうねお風呂入りたいの。ありがとぉ、ありがとぉ(*^^*)/また来年。燧の湯で汗を流しましょ。とはいえ、いつ、ねーさんやSさんから連絡があるやもしれぬと思うと落ち着かず、顔と髪とカラダをそそくさと洗い、湯船に浸かり十分にカラダを温めたら、そそくさと上がりましょ。
おや脱衣所でY子さんと遭遇。N山さん、Y子さんにも上にいるときから駅まで乗せてこうかと申し出ていただいていたのに、バスでのんびりセンチメンタルに伊南川100km思い出しながら帰りたいのなんて言って辞退したりもしたもんだから…それにN山さん達も、行きつけの店に寄るとか寄らないとか迷っておられたし…
そんなこんなで帰る手段が何度かあれど見送り…Sさん頼みで…あした天気さんへ。えっ!?(≧∇≦)
これから勝手に人様の車に乗せていただいて帰ろうと思っているのに…ごめんなさい。琥珀ビール2015ファイナルも飲みたいんだもん。儀式なんだもん…ホントすみません。
c0321967_19510059.jpg
まだ下りてこないよね…帰宅は22時頃になるし、お昼ご飯もちゃんと食べてないから…腹ごしらえも。
c0321967_19510061.jpg
いやいやホントお気楽ですみません!
ねーさんから再度電話をいただいたのは17時ちょっと前。Sさん下山してこれから駒の湯で汗流してから送ってくれるとのこと。こちらから電話を入れ、上がる頃に駒の湯へ行きますのでよろしくと…ホントにホントに皆々様感謝ですm(_ _)m 村ではそんな私のツイートにいざとなったら送っていくよと思ってくださってた方もいらっしゃり感謝感激でございます。

で、無事Sさんのお車に乗せていただいて、駅へ!電車はちゃんとあることは確認しているし、特急券買ってあるからもう大丈夫!Sさん、ホントにありがとうございました。

で18:36無事に電車は出発、予定通り鬼怒川温泉につきましたとさ。が…乗り換えスペーシアがいなーぃ(≧∇≦)
駅員さんがやってきて、東武線が前日から事故の影響でダイヤが乱れていて19:25発のスペーシアは20:40頃発車の予定だと。普通電車で南下してもこの先どうなるか、不透明だと。ならば確実に動くスペーシアを待つしかないと待合室で待つこと80分。まぁまぁこーいうトラブルは最近なかったけれど学生の頃から体験いろいろしてるから開き直って待つのはへっちゃら。
いやいやいや結局、帰宅は23:30。予定より1時間半も遅くなっちゃった…。

えーとなんのレポやねん。ってそんなこんなの珍道中もありぃの、2015会津駒ヶ岳 駒の小屋ファイナルおしまい!!

また来年*\(^o^)/*

本当にお世話になった方々、ご心配おかけした方々、本当に本当にありがとうございました〜m(_ _)m大感謝でございます!
[PR]
by woodnote2014 | 2015-11-04 19:50 | 山歩き | Comments(2)

会津駒2015Final_Vol.2

11月1日6時起床。3時にトイレに行って、その後少し眠れなくて…ふと気づいたら6時。よく寝ました。
外に出てみると…晴れ予報ですがまだガスガス。
c0321967_16404315.jpg
それでも雲は薄いかなと思っていたらふわぁと青空広がってお月様も見えたり。
c0321967_16404338.jpg
雲が大きく動いてこれから晴れる気配がい〜っぱぃo(^▽^)o♪
c0321967_16404428.jpg
小屋の土間にいた面々におはようの挨拶をして珈琲飲んで、朝ごはんチーズリゾット作ろうかなと思ったら、K塚親分、たくさんホットサンド作るよと…ありがたくいただきま〜す!ハムだけ炒めましょ(*^^*)/
c0321967_16404435.jpg
本当に美味しい贅沢なホットサンドでした!(*^^*)感謝♡
食べていたら少し早めに降りる尾瀬で働くおにーさん達が小屋閉めお手伝いを始めるとか。私達はもう少しゆっくりさせてもらいます。
c0321967_16404588.jpg
いつしか青空広がって樹氷化してるオオシラビソさん見上げたり。
c0321967_16404577.jpg
裏手から見る駒の小屋はクリスマスケーキに載っているチョコレート菓子のよう。
c0321967_16404562.jpg
プレート外された看板も見慣れました(≧∇≦)
c0321967_16404666.jpg

駒の大池には氷が張ってる。駒ヶ岳方面はまだガスの中。
c0321967_16404717.jpg
誰が作ったか雪だるま。なんとも可愛いのよね(*^^*)♡
c0321967_16404739.jpg

駒の大池、スケートリンクのよう。なんて載ったりしたら簡単に割れてしまう薄氷なのだろうけど(≧∇≦)
c0321967_16595646.jpg
もうすぐ雪の中に埋もれてしまう山の神様、今年もありがとう!また来年。
ってあれ?この頃からレンズ内部が曇り始めてたのね。なんだかワイドコンバータ内部がね曇っちゃうの。冷え過ぎるとね…。
c0321967_16595789.jpg
いやぁ寒いもの。レンズだって曇るわよ(≧∇≦)南は晴れてきたけれど北はまだ真っ白。
c0321967_16595764.jpg
さてさて8時。小屋のお片づけを手伝わせてもらいましょ。客室のお布団畳んで、押入れや1階のお布団も二階に上げて畳んで並べて…
c0321967_16595832.jpg
窓から毛布をパタパタ埃を払ったりしながらどんどん晴れていく様子に一喜一憂。
c0321967_16595880.jpg
いやぁ美しい駒が見えた〜o(^▽^)o♪
c0321967_16595968.jpg
日光方面も綺麗だ〜o(^▽^)o♪
c0321967_08082007.jpg
ゆっくりでいいから丁寧にとお願いされたお布団のお片づけを終え、トイレ下のお水を二階の物置に運び…お手伝いの人手が多い方が良いお仕事もひと段落!?(≧∇≦)ち、ち、ちゅーもん行って来ようかしら?と恐る恐る言ってみたら、さゆりさんが行っといでと言ってくれたから行っちゃうのだ〜!!Wrちゃんは居残りお手伝いで午後に行くと言うし、まっつん母ちゃんは帰り遅くなっちゃうから行かないと…はぃ、ひとりで行ってきま〜す(≧∇≦)
c0321967_16595974.jpg
お手伝いすることわずか1時間でエスケープしてごめんなさい、私は中門行きますよ!だってこんなに良いお天気なんだもん(≧∇≦)
c0321967_17000021.jpg

ますます気温はさがっているような。
c0321967_17000047.jpg
寒々しい景色だけど美しや。木道にがっしり雪氷がついてるけどがちがちなので滑りはしない。歩きやすくもないけれど。
c0321967_17084256.jpg
何度も何度もいろんな季節に来ている駒だけど、霜の降りる季節も雪のある季節も来てるけれど、同じ景色はやっぱりないから、どっちを向いても新鮮で楽しい(*^^*)♪
c0321967_17084340.jpg
空は青い。数日前から天気予報は比較的悪くて、いっこも期待してなかったから、こんな青空の下を歩いていることが不思議でありがたくて嬉しくて…涙うるうる…いやぁ最近ますます涙脆い(≧∇≦)
c0321967_17084399.jpg
駒の登り口手前で振り返る。燧ヶ岳と駒の家。大好きな景色。駒は帰りにすることが多いのだけど今回は先に山頂踏んでおきましょう。
c0321967_17084360.jpg
右折して雪のトンネルくぐってね、雪の階段登ってね。
c0321967_17084361.jpg
なんだか御伽の国にいるような気分。今年も雪女の季節がやってきたなぁ、!
c0321967_20031482.jpg

木の芽や小さな葉っぱちゃん達は雪をまとい寒そうだけどとっても綺麗。
c0321967_20031409.jpg
会津駒ヶ岳山頂〜!ひゃほ〜っo(^▽^)o♪
c0321967_20031444.jpg
って山頂にはあまり思い入れはないので、ふふふ。中門へ向かいますよぉ!
c0321967_20031406.jpg
まずは下る。下りは滑りそうで怖いから慎重に!!
c0321967_20031408.jpg
それにしても…見事なエビの尻尾。歩いているとさほど寒さは感じず、来ていたダウンも脱いじゃって長袖、半袖T重ね着2枚で歩いてた。
c0321967_20031557.jpg
でも寒そうよねぇ。青と白の世界。
c0321967_20031504.jpg

前方にKぽんとIぃ発見!!
c0321967_20031578.jpg
気持ち良ち稜線歩きを楽しんで、凍った池塘のある景色を楽しんで!
c0321967_20031502.jpg
あ、富士山も見える〜o(^▽^)oわぁい!!
c0321967_20153206.jpg
どこを切り取っても絵になるというか、なんだか楽しくてパシャりパシャり。
c0321967_20153248.jpg
向こうのお山の樹木も手前の植物も雪をまとって綺麗で何枚も似たような写真を撮る。
c0321967_20153324.jpg
楽しかったなぁ、この道。金色の野に降り注いだ雪もまた素敵で。
c0321967_20153398.jpg
凍った池塘、ツンツン植物も凍りつき、雪の女王の魔法がかかっているような(*^^*)☆
c0321967_20153343.jpg
そして、中門大池が見えてきましたよ。ってかレンズの真ん中に水滴ががががが
…orz
c0321967_20153428.jpg
この時はまだ気づかず使ってたのよね。
c0321967_20365021.jpg
せっかくの美しい景色にボカシが入っちゃってるし…orz
c0321967_20365052.jpg
大の字ジャンプのIぃとそれを撮るKぽん。みんな楽しんでるね(*^^*)♪
c0321967_20365168.jpg
中門大池の水面がとっても青くて素敵だったなぁ!
そして私は奥まで進みます♪
c0321967_20365118.jpg
小さな池塘があるだけながら静かで大好きな場所。
c0321967_20365272.jpg
浮島も白く凍りついて、それもまた素敵!!
c0321967_20365251.jpg
風もなくて心地良くて…のんびりしたい場所だけどすでに10:40。小屋に戻るのに1時間、下山するのに2時間半、お風呂はいってビール飲みにも行かなきゃいけないし…戻らなきゃ(≧∇≦)
c0321967_20435930.jpg
とはいえ名残惜しくて、数歩進んではパシャり。
c0321967_20440069.jpg

少し雲が出来始め、風に流れる様子も楽しくて。
c0321967_20440005.jpg

ふふふ。
c0321967_20440034.jpg
撮った写真全部載せてるわけじゃないんだけどなぁ。
c0321967_20440118.jpg
なかなか進まず、まだ中門大池だったり。
c0321967_20440125.jpg
いかんいかん、戻らなきゃ!
c0321967_20440112.jpg
戻るに連れて気温も上がってきて少し木道の上の雪も溶けてきた。油断すると滑るので用心用心駒が近づいてきました。振り返って三っ岩方面。随分白みが減ったかな(*^^*)太陽の力は偉大です。
c0321967_20562326.jpg
それでもシラビソに着いた雪氷は強固。まだまだ真冬の様相!
c0321967_20562358.jpg
ホントに、夢の中にいるような、想像しなかった銀世界を楽しみました!
c0321967_20562329.jpg
さてさて小屋が見えてきた。
c0321967_21094663.jpg

下り階段がナナメっていて滑って怖かったけど、なんとか転ばずに戻ってこられました。
c0321967_21094721.jpg

ありがとう、駒の神様(*^人^*)
c0321967_20562516.jpg
ちょうどK塚さんご夫妻にSくん、Sさんご夫妻が下山するところで、一緒に写真撮ったりしてお見送りして…それから、入れ違いに中門へ行くWrちゃん見送ったり。そしたら小屋前に日帰りで来られたO竹Y子ちゃんやN山さんに奥様Y子さん発見o(^▽^)o
久しぶり〜!とY子さんに声かけられて…お名前思い出せずごめんなさい、2、3度駅まで乗せて行ってもらったりしてるのにぃ…ほんとうにごめんなさーぃ!
で、おしゃべりしたり柿や焼き芋ご馳走になったり、下山しなくちゃいけないのにまったりまったり。えへへへへ。
結局下山開始は12:40頃だったかな…。

さてさて長くなったので下山編はVol.3で。

つづく

[PR]
by woodnote2014 | 2015-11-03 21:10 | 山歩き | Comments(0)

会津駒2015Final_Vol.1

会津駒ヶ岳 駒の小屋も最終宿泊日となりました。5年連続ファイナリストになっちゃいましょう(*^^*)/
c0321967_07433801.jpg
10月31日。昨年同様、尾瀬で働くWrちゃんと電車内で合流。1年ぶりの再会で電車の中もバスの中もおしゃべりしっぱなし、笑いっぱなし。
登山口に着いたのは…12:30。9月の雨の影響で野岩鉄道は特別編成ダイヤで会津鉄道のディーゼル車などで運行しているので遅い到着となってしまいます。それでも電車とバスで行けてありがたや。トイレに寄って身支度をしてなんだかんだ準備してたら12:58。進まなきゃ!
c0321967_07433839.jpg
駒一の橋を渡って歩き始めます!
c0321967_07433982.jpg
ショートカットに入ると樹間から見えるカラマツの黄葉が美しかったり。
c0321967_07433934.jpg
楓の優しい紅に迎えられたり。
c0321967_07433996.jpg
お天気は上々。曇り予報ながら青空もちらほら見え、気温は低めで歩きやすい。ショートカット抜けたらすでに汗たらりかいてはいたけれど。
c0321967_07434092.jpg
ミズナラの大木さんはもうすっかり落葉。見送られながら階段登ります!
c0321967_07434056.jpg
この階段登るのも今年は5回目。5月に2回、6月、8月と登りました。9月にも連泊予定があったものの大雨でキャンセル。回数はそこそこ来てるものの2ヶ月ぶりでなんだか今年はあんまり来れなかったなと感じてしまうおバカな駒中σ^_^;
何度来ても最初の急登はキツイのよ。こんなに急だったっけ?なんて思いながら登ります。幸い乾いていて歩きやすかった!
c0321967_07563999.jpg
ツルリンドウの赤い実がなってたよ。もうブナも落葉し、写真を撮りたいと思うような目に止まるものが少なくなっているので程よいペースで進みます!
c0321967_07564074.jpg
ヘリポート通過14:00順調に進みます!下りてくる人に大きいザックだねぇと言われてるのはWrちゃん。重いのは邪念をいっぱぃ詰め込んできた私のザックなんだけど、見た目に大きいのはWrちゃんのザック。ハムは入っていないけど…とポテサラに入れるつもりだったハムを忘れてきたことを悔やんでいたWrちゃんをいぢめながら進みます!
c0321967_07564119.jpg
葉っぱがあってもなかなか分からない植物。葉が落ちて赤い実だけが残っているものもいろいろあったなぁ。
c0321967_07564172.jpg
分かるのはツルリンドウ。連なる身をつけている子達、可愛らしかった。食べられるのかなぁ?とWrちゃん。食べられないでしょ?と私、美味しそうだよ!とWrちゃん…Wrちゃんミニクリームパン1個食べただけだからお腹空いてたのかな?私は4つも食べたから(≧∇≦)
c0321967_07564104.jpg
少し上がってくると向こうのお山の山肌が見えたりして気持ち良い!
c0321967_07564113.jpg
青空もちらほら陽射しもたまに感じて歩きやすい駒日和。
c0321967_08130403.jpg
青空もちらほら見えていたのだけど、小さな白い粉が飛んでるなぁ…雪だよねぇ。これ?
下りて来られた方が上は雪が積もっていて踏み固められて歩きにくくなってるよと教えてくださった。駒の小屋ブログで登山道に雪はありませんと書いてあったのは2日前のこと。登り始める前にWrちゃんが小屋に電話して、上は雪だと情報は得ていたけれど、そんなに積もってるなんて思っていなかったのでびっくり。
c0321967_08130433.jpg
水場のちょっと下の辺りからちらほら積もった雪が見られた。
c0321967_08130556.jpg
落ち葉や苔生した木の根に積もる雪、とても綺麗で心うきうき。
c0321967_08130526.jpg
水場到着は15:00。水はちょろちょろ細いながらも出ておりました。美味しいお水を飲んでほきゅうして青空見上げて、チョコレート貰って食べて。
c0321967_08130537.jpg
さてさて陽も傾いてなんだか寂しい夕暮れの気配。ふたりで良かった。ひとりだったら小屋に早く着きたくて急いじゃいそうな雰囲気だもの。
c0321967_08130635.jpg
ふたりの安心感。雪のある景色を楽しんで進みます(*^^*)/
c0321967_08130673.jpg
北の空も南の空もなんとなく青空見えてるし、雲も白い。なのに進行方向、駒の小屋方面は灰色のどんよりとした雲が覆ってる(≧∇≦)
c0321967_13402645.jpg
雲行き怪しいけれど楽しんで登ります。舞鶴草の赤い実はルビーのように輝いて可愛らしい!
c0321967_13402635.jpg
針葉樹も増えてきて高度を感じてくると木枠石段が続くのです。足元ばかり見ているの気が重く足取り重くなってくるので景色を楽しみながらね、登ります!
c0321967_13402734.jpg
気温もそこそこ低いのだろうけれど、そんな日は空気もクリアで目に映る景色が綺麗で素晴らしい♡
c0321967_13402714.jpg
木段終わって、木道が出てきたらもうすぐだぁと思えて嬉しいポイント(*^^*)♪
c0321967_13402787.jpg
小屋が見えるはずのベンチからガスが濃くて小屋も山頂も望めません!
c0321967_13402850.jpg
それでも雪を纏った植物たちや雪のある風景が素晴らしくて感動しながら歩く。
c0321967_13402804.jpg
小屋が見えなくても近いことはわかるから。もう少しだなぁとワクワクすすむ。
c0321967_13402965.jpg
樹林帯を抜けると風も少しあって、気温がグンと下がって手指も冷たくなるのだけれど、雪は大好きだから寒さなんてへっちゃらさ(*^^*)b
c0321967_13505131.jpg
金色のハイジの丘もガッスガス。木道に着いた雪が本当に歩きにくいけれど、湿原痛めない
ように滑らないように気をつけて進みます!
c0321967_13505250.jpg
駒の大池に着いたのは16:40まぁこのお天気、足元だと仕方がないね!
c0321967_13505224.jpg
駒方面はガッスガスで見えないよぉ〜(≧∇≦)
c0321967_13505378.jpg
そして駒の小屋到着〜*\(^o^)/*
c0321967_13505323.jpg
たっだいま〜*\(^o^)/*

迎えてくれた三橋さん、さゆりさん、まっつん親子にY形くん。
この日は常連さん以外の方は3名とか。外で食事って訳にもいかないお天気だから常連さんも、着いた順に一回戦、二回戦分かれます。私達は遅くに着いたから17:30からの二回戦。それまで下の和室で休ませてもらえました。S藤さんもお久しぶり!乾杯ビールぷしゅり。んま〜ぃ!(*^^*)
一回戦、二回戦土間の入れ替えでK塚親分、T子さんご夫妻。Sさんパパさんママさん。それからAぴろりんやTちぃさん、KぽんやIぃくんやらとの再会も喜んでo(^▽^)o♪
土間でご飯支度。私はお手軽キャベツと豚肉コンソメ蒸し煮とジャガバタ塩辛のっけを作りまして…Wrちゃんのポテサラや料理上手まっつん母ちゃんの鳥ハムやらあちらこちらから回ってくる美味しいご馳走いただいて。濁り酒やら奥久慈のお酒に久保田にとぐびぐび振舞われてご満悦。佐渡からいらしたI塚くん(いや。わざと間違えてますけどね)とさゆりさんと島の山旅の話をしたり、いやいや今宵もご機嫌じゃ!
この日は消灯時間1時間オーバーで1階の部屋も使わせてくれたので楽しく静か目に長く宴会楽しんで2015年最後の小屋の夜を楽しみました。

外は雪。星空なんて見えません!トイレへの道は険しいけれど、木道から転げ落ちることなく就寝…駒の小屋側のお部屋はイビキ高らかにかかれる方が約3名。トーンやリズムもバラバラで可笑しいくらい。こんな騒々しい中寝られるかなぁ?なんて思ったのも束の間…心地よい眠りにつきましたとさ…。

つづく。
[PR]
by woodnote2014 | 2015-11-03 14:20 | 山歩き | Comments(0)

2015ラスト尾瀬は沼から原へ Day_2

5時起床。いぇもう少し早く目覚めていたのだけれど、まだ暗いなぁとお布団でぬくぬくしてました。上下ダウンを着てお散歩に行きましょう(*^^*)♡
c0321967_08103703.jpg
静かな船着場から大江湿原へ…。
c0321967_08103830.jpg
今朝の老木さんにご挨拶して…
c0321967_08103881.jpg
3本からまつさんへ。
c0321967_08103880.jpg
雲もくもく多く少し風があるけどそんなに寒くはない。木道も凍っていなかったように思う。
小屋の窓から中を覗きなんだかほっこりする光を眺めながら定番スポットへ。
c0321967_20252524.jpg
花咲く季節や朝靄が美しい季節にはたくさんの人が集まるこの場所もひっそり。
c0321967_20252583.jpg
ズームレンズに変えて、3本からまつさん撮ろうと思ったら、エラー表示。あれ、あれれ?
あっ( ̄O ̄;)昨日落とした時に壊れたんだ!とここで気づく。
あいたたた。で滅多に使わないフィッシュアイで気を紛らわす…あー修理代かかるぅ…orz
c0321967_20252614.jpg
燧ヶ岳さんもどんより、私もどんより。
c0321967_20252678.jpg
ま、くよくよしても仕方がない!朝ご飯食べて元気になろうo(^▽^)o♪
c0321967_20252679.jpg
朝ごはんも美味しくいただいて、身支度をして…談話室でNちゃんにドリップコーヒー淹れてもらって、まったり。くつろいでから出かけます。
7:20くらいだったかな。
c0321967_20252776.jpg
また来年(*^^*)/さてさて、空はなんだか青が広がってるけど気温が下がっているような!?木道も朝一には気にならなかったのに凍って滑る!
c0321967_20252720.jpg
気をつけて歩かなきゃ!やっぱり足は疲れてるから、踏ん張りきかないからね。用心用心。
美しい景色を楽しみながらゆっくり進みましょう(*^^*)♡
c0321967_20252856.jpg
穏やかに穏やかに。
c0321967_20252809.jpg
3本からまつさんもまた来年ね(*^^*)♡冬、乗り越えてね!
c0321967_20252920.jpg
太陽が昇ってきてまぶしいやo(^▽^)o♪
c0321967_20543431.jpg
足元はこんな冷えてたんだけどねぇ。ひゃ〜(≧∇≦)
c0321967_20543447.jpg
お天気はそこそこ良い感じ。どんよりしていた燧ヶ岳のてっぺんも雲が大きく動いて見えてきそうだもの。
c0321967_20595431.jpg
沼はいい感じに晴れてきて大好きなポイントでうっとり眺める。
c0321967_20595569.jpg
樹林帯も色とりどりで素敵だし、歩くのが楽しい。
c0321967_20595506.jpg
樹々の根っこ、土から出ても生きる強さを感じて好き(*^^*)♡
c0321967_21585468.jpg
朝はとっても穏やかな天気で風も爽やかだったのよ。冷たかったけどね。前夜は雨に風に窓がガタガタ揺れる音に何度か目が覚めたけれど…すっかり良いお天気。
c0321967_21585552.jpg
沼にはたくさんのカモちゃん達。ズームアップしたいところだけれど… いやいやズームアップしたって大して撮れないんだから良い良い(≧∇≦)
さて…ところどころ凍る木道を慎重にゆっくり歩いてきたつもりだったけれど、マラソントレーニングの成果か、前日から足取り軽く、いつもより早くポイントにたどり着き、あれ?こんなに近かったっけ?って感じてたんだけれど…心の準備をする間もなく…着いてしまった沼尻。8:15
c0321967_21585509.jpg
恐る恐る左を見る。
c0321967_21585669.jpg
ああ、本当に燃えてしまったのね…。土台の杭だけが残されていました。天然水の珈琲やパンやキノコ汁をいただいたこともあったっけ。私の記憶の中にはあり続けるのよね(*^^*)♡ありがとう沼尻休憩所。
c0321967_18554600.jpg
湿原は変わらず美しい。羊草が綺麗な橙、赤へと変わっていく…。思わず、燃えるように…なんて言いたくなるけど、それはちょっとね。。。
c0321967_18554709.jpg
なんだか加工して建物を消してしまった間違い探しの写真のように、まだわたしの脳はそこに休憩所を立てる。美しくも哀しい景色。
c0321967_18554719.jpg
いやいや光は未来を照らすから。
c0321967_18580445.jpg
変化も受け入れ、前へと進みましょう(*^^*)♡
c0321967_18595037.jpg
白砂田代も楽しんで、行きましょう!
c0321967_18595043.jpg
この辺りは緑綺麗な針葉樹も多くて明るい雰囲気でなんだかホッとしたなぁ(*^^*)♡
c0321967_18595058.jpg
さささ、登りです!岩岩ごつごつ登ります!
あれ?こんなに短かったっけ?なんだか本当にカラダが軽くなったのね(*^^*)v
c0321967_18595068.jpg
小さな沢も爽やかで気持ちよく、峠を越えて尾瀬ヶ原へと向かいます!
c0321967_18595136.jpg
見上げれば青い空に白い雲。地球を感じるね(*^^*)♪
c0321967_18595125.jpg
大地もしっかり踏みしめて至仏や原の気配を感じて進みます。
c0321967_18595187.jpg
今年は通行止めとなっている燧ヶ岳への登山口を過ぎて進んでいくと、木道工事真っ最中。
えとえとどこを通ったら良いのでしょうね(^◇^;)出来立てホヤホヤ新しい木道、泥のついた靴でごめんなさいね〜!
c0321967_18595259.jpg
尾瀬の季節は雪解けと共に、いや雪解け前から始まるからね、工事はこの季節にしておかないといけないのね。もうすぐ雪の下で眠るのね(*^^*)新しい木道さん。また春に!
c0321967_19260596.jpg
見晴らしに着いたのは10時ちょうど。原の小屋さん、尾瀬小屋さんはすっかり冬囲いが終わってた。弥四郎小屋さんは営業中(*^^*)♪11月にくるとゴーストタウンのようだけど、まだ人の気配があって寂しくならずにすみました。
c0321967_19260600.jpg
下田代をまっすぐに進まず、景鶴山眺めながら赤田代方面へ向かう。横目にうっすら白くなっている燧ヶ岳を見上げながら…。
c0321967_19260660.jpg
あれ。てっぺんの雪を眺めていたらパラパラパラり、雪が降ってきたよ。あられのような雪。雨なら濡れちゃうけど冷えてて雪だとフリースでも濡れないから良かった(*^^*)♪雪は好きっ!
さて温泉小屋さんが見えてきた。もぉ誰もいないのは知ってるよ…。
c0321967_19260700.jpg
あ、でもコレちょっと、寂しかった(^◇^;)いやいや前へ進むのだ。
目的地は無料休憩所。まだいらっしゃるはず。
c0321967_19260709.jpg
冬囲いしている最中のようで、なんとなく人の気配もあるものの姿は見えず。中にいるのかな、裏にいるのかな?会えないかな…と思ったら、裏からトントントンカチ叩く音がする。
c0321967_19260879.jpg
うーん。無断立入禁止って、書いてあるし、名前呼んでみようかな…どうしようかな…と迷ってウロウロしてたら、Tさん現れた〜o(^▽^)o♪
夏に来た時お会いできなかったから、会えたらいいなと来てみましたとご挨拶。
しばしおしゃべりタイム。作冬の大雪被害のことやら沼尻のこと、そして来年のこと。そんなお話をして、また来年!!と、ご挨拶して、引き返す。会えてホントよかったな(*^^*)♡
c0321967_12445893.jpg
雲が増えてきていた空もすっと晴れた!
c0321967_12445878.jpg
落葉した木々の多い中、まだ葉っぱが残る柳がきれいだったなぁ(*^^*)♪
c0321967_12445904.jpg
そして、金色の野。下田代。
c0321967_12445905.jpg
蒼き衣をまといて降り立ちましょう(*^^*)♡お約束!こんな自撮りを何枚も撮ってたから。看板の張り紙見落として、東電尾瀬橋、ヨッピ橋方面に進んでしばらくして、看板を見て、ヨッピ橋は板も外され通行止めとか。あぃ、引き返しましょ(≧∇≦)
c0321967_12450099.jpg
燧ヶ岳眺めながら戻ります。また、ゆっくり下田代を楽しみましょぉ!
c0321967_12450136.jpg
燧ヶ岳〜沼方向は青空も広がってるのだけど、山の鼻〜至仏山方面はどんより。また雪が降ってきて寒くなってきたので少し急ぎ足。
c0321967_18412891.jpg
少し風が強く吹き、わさわさ揺れる草や茅の音になんだか気持ちも急いてくる。ゆるりゆらゆら揺れる水草にゆっくり行こうよと言われてるような。
c0321967_12450212.jpg
沼尻川の向こうに龍宮小屋さん見えてきた。お昼にしよう。お湯を沸かしてうどんを食べよう。
…お湯なかなか沸かないよ。風がバーナーの火を消すよ(^◇^;)時折強く舞う風に弄ばれつつ、ぐつぐつようやく煮えました。とろろ昆布うどん。食べてるうちにどんどん冷えてくよぉ。
c0321967_12450217.jpg
それでもお腹いっぱい。カラダはあったまったというよりは冷えちゃったけど。歩けば温まるでしょと…12:00過ぎ歩き出す。
c0321967_19294555.jpg
龍宮小屋さんもまた来年(*^^*)/
c0321967_18163541.jpg
雲はもくもくうごめいていて雪が舞ったり風が吹いたり陽光さしたり。でも寒い。
c0321967_18163518.jpg
静かな静かな池塘のある風景は物哀しくもあり美しくもあり、カラダを温めようと早く歩きつつも似たような写真をぱちぱち撮る。
c0321967_18163662.jpg
穏やかに穏やかに。時の流れがとまったかのような気がするとまた風が吹く。
c0321967_18163610.jpg
振り返ってついつい燧ヶ岳を撮る。だって至仏には雲がかかってるんだもん(^◇^;)
c0321967_18163667.jpg
前よりも後ろ、左右横を向いた方が綺麗な景色なんだもの。
c0321967_18163609.jpg
少しずつ至仏に近づくと少し姿が見えてきた(*^^*)♡
c0321967_18314040.jpg
あ、でも逆さ燧のポイントだもの(≧∇≦)水面は風に揺れてなんとなくだけどね。
c0321967_18314116.jpg
晴れの日も曇りの日もいろいろあって、みんな良い(*^^*)♡…いや。ホントは晴れがいいさ。そうは言っても曇りなんだもん(≧∇≦)
c0321967_18314182.jpg
この辺りの羊草ちゃんたちはまだ黄色が多数。人の気配が本当に少なくなってから赤くなっていくね。
c0321967_18314135.jpg
落ち葉も池塘に溜まってる。秋から冬へ季節の移り変わりを感じながら…
c0321967_18314219.jpg
山の鼻13:00。天気が良ければもう少しゆっくり歩いて15:20のバスで良いと思ってたのだけど、快調に歩いちゃったから14:30のバスに間に合っちゃうのね。
c0321967_18331372.jpg
登りになるから暑くなるかな?と思いつつ、フリースについた雪が少し溶けたりしていたし、雨に変わるかも?とレインウェアを上だけ羽織って鳩待峠へと向かいます。
c0321967_18331418.jpg
川上川の橋も新しく綺麗になっていました。
c0321967_18331479.jpg
静かな尾瀬、全然人がいないみたいでしょ?(≧∇≦)これが結構いたのよね。しかも軽装な方々が。この時間に身軽な感じで降りて行く方も…尾瀬の魅力を感じることなく終わるんだろうなそういう人たち。季節の良い時、お天気の良い時にまた来て欲しいねぇ。。。
c0321967_18331569.jpg
さて蛙岩。かえろかえろ。
c0321967_18331523.jpg
しっかりレインウェア着たらね、雪も上がるのね。青空も見えるのね(*^^*)汗かいちゃったもん。
c0321967_18331586.jpg
そうこうして14:00鳩待峠到着o(^▽^)oバスの時間まで30分あるなぁと思ったけれど、定時を待たずに大型タクシーが満席になり早々に連絡所へ。14:27のバスにも間に合ったので鎌田で降りて、ほっこりの湯にほっこり浸かって帰路につきましたとさ。

2015ラスト尾瀬。穏やかに穏やかに楽しんできましたよo(^▽^)o来年は残雪の頃に、また行こう♡
[PR]
by woodnote2014 | 2015-10-27 08:05 | 山歩き | Comments(2)

2015ラスト尾瀬は沼から原へ Day_1

尾瀬。残雪の頃、新緑の頃、花咲く頃、紅葉の頃、霜の降りる頃。いつの季節も魅力があって何度も訪れたくなる。
c0321967_08093383.jpg

小屋で働く方々も素敵な人が多いから、会いに行きたくもなるし泊まりたくもなる。自然に包まれたテント泊も楽しい。毎週尾瀬に行っても飽きることなどないだろう。

とはいえ…今年は7月に尾瀬ヶ原小屋泊、8月に尾瀬沼テント泊をしたのみ。

理由はふたつ。大好きだった奥尾瀬・渋沢温泉小屋が昨冬の大雪で全壊してしまい今年は休業だったことと伊南川ウルトラ遠足に向けて、山や尾瀬に向かう気持ちを少し抑えていたこと。

今年はもう行けないかなと思った時、なんだか淋しくなって、尾瀬沼・長蔵小屋さんを予約してしまった。
伊南川ウルトラ遠足直前のこと。マラソンから一週間、足がどうなってるか不安もあったけど、まぁフルマラソン走った翌週もお山に行けたし、大丈夫でしょうと。

痛めた膝に少し違和感が残り、痛めた親指の爪が圧迫されると痛むけど。テーピングすればなんら問題なはい。健康なカラダに感謝して、10月24日10:30大清水より歩き始めた。
c0321967_08093490.jpg
まずは山の神さまに安全祈願と感謝のお祈りしてからね。
c0321967_08093477.jpg

紅葉も綺麗なところもあれば散ってしまい寒々しく樹肌をあらわにしている木々も多い。
c0321967_08093419.jpg
落ち葉の上をあえて歩く。かさかさ音を楽しみながら。
c0321967_08093536.jpg
まゆみやツリバナももうはじけている。確か去年は少ないなぁと感じてたから、赤やピンクやオレンジが目に飛び込んでくるとなんだか嬉しかったな(*^^*)♪天気は上々。暑いくらいで爽やか。
c0321967_08093561.jpg
一ノ瀬までの林道、こんなに登りだったかなぁ?と見た目には感じるものの、一週間走ることもせず、しっかり休養できたせいか、カラダも足取りも軽く気持ちよく歩くことができた。
冬囲いを終えた休憩所通過11:25
c0321967_12423048.jpg
ここから山道へと入っていく。
沢の流れは穏やか。小さな滝も静かに流れ落ちる。
c0321967_12423105.jpg
せせらぎを聞きながら静かに進む。風もなく穏やかで山の中にいられることが楽しくて嬉しくて。
c0321967_12423106.jpg

岩清水到着11:50 冷たいお水をごくごくごっくん。たっぷりいただいたら、少し汲んで、近くのベンチで沸かしましょ(*^^*)
c0321967_12423137.jpg
コーンジンジャースープ。身体が冷えると思って、ぽかぽかジンジャー持ってきたけど、汗かいてるし。休んでても寒くないし(≧∇≦)
まぁそれでも美味しい☆明太フランスと共にいただきます!
c0321967_12423251.jpg
休むこと約20分。さてさて九十九折に登りましょ。
木道が出てきたら三平峠も近い!
c0321967_12423259.jpg
三平峠を越えたのは12:50。下りに変わる。下りになると少しランナーズニー?右膝が痛む。この先いつも滑って転ぶところがあるから慎重にいかないと。…そうは思いつつ、沼や燧ヶ岳が見えてくると、心踊り足元おろそか(≧∇≦)いやいや転んだりしない!
c0321967_12423306.jpg
ジメジメぬるぬるよく滑った木道も新しくなっていたような。無事三平下に到着。
休憩所はすっかり冬囲いされ、尾瀬沼山荘さんは冬支度真っ只中。便器もちゃんと外されるのね
c0321967_12423319.jpg
それにしても良いお天気。沼の畔まで…ここは入って良かったんだっけ?と思いつつ…
c0321967_12423309.jpg
風が少し出てきてさざ波が立つ。
c0321967_18282499.jpg
押し寄せる静かな波が歓迎してくれているように感じられて気持ち良かった(*^^*)
c0321967_18282595.jpg
こちらの山の神さまにもご挨拶しないとね!
c0321967_18282501.jpg
青い空、美しく優しい山容の燧ヶ岳、秋色の湿原。穏やかな景色に何枚も同じような写真を撮るのもいつものこと(*^^*)♡
c0321967_19161179.jpg
来季に備えて、木道整備も盛んです。感謝、感謝。おかげで安全に歩けます(*^^*)/
さて長蔵小屋さん到着13:30
c0321967_18282519.jpg
チェックインして部屋に荷物を置かせてもらいましょう!今夜のお部屋はこんなとこ。こじんまり落ち着く二段ベッド部屋(*^^*)おこたも嬉しい!
c0321967_19161123.jpg
サブザックにドリンクとレインウェアとカメラを持ってお散歩に行きましょう!
キャンプ場を通り抜け、原生林に入っていく。何故か写真は一枚も撮ってなかった。落ち着く森林の中、足元だけ気をつけ内なる自分と対話していたように思う。
ふと気づくと小淵沢田代o(^▽^)o♪日光方面のお山が見えました!
c0321967_18282622.jpg
静かな金色の野。セルフタイマー使って、自撮りしましょ(*^^*)
橙のTシャツは大好きなキリンテ キャンプ&バンガローからまつさんの速乾T。カラーはママさんチョイスで生まれて初めて!?いや子供の頃は着てたかな?大人になったら青ばかり。時々赤くらいで…オレンジ着ている自分はちょっと新鮮!
c0321967_18282650.jpg
静かな小淵沢田代。ドライフラワーとなったイワショウブがゆらり。
c0321967_18282764.jpg
ドライフラワー化したキンコウカもたくさん。美しい(*^^*)♡
c0321967_19161162.jpg
ここへ来るのは3度目くらいかな。でも気づいてなかった(*^^*)大きな池塘があったのね!
c0321967_19161265.jpg
木道は綺麗になっていたけれど、案内標識はこのままなのかな(*^^*)味があって良いね☆
c0321967_19161238.jpg
さて戻りましょ。帰りは大江湿原へと向かいます。
c0321967_05293626.jpg
杉の多い森林。風の音が良く聞こえて…遠くから鹿の声も運ばれてくる。静かに命が育まれている森の中。倒木の上にも。
c0321967_05293766.jpg
木の根にも新たな命、青々とした苔が生える。
c0321967_05293732.jpg
樹間から大江湿原が見えてきた(*^^*)と同時に静けさが賑やかさに変わった…orz
何やら南米系?の外国人の団体さん、声が響き渡る!あいやいや私のセンチメンタルな気分が、メランコリックな気分が…ラテンの音楽に破壊されたー(≧∇≦)
c0321967_05293886.jpg
まぁ仕方ない。脳内ノイズ消去機能…ムリだ。賑やか過ぎる…少し離れよう(≧∇≦)
c0321967_05293885.jpg
景色だけ見ると静かな大江湿原なのだ
c0321967_05293903.jpg
3本からまつも哀愁を漂わせている。静かに静かに…心穏やかにお墓まいり。。。
今年の尾瀬は哀しいことも多くあったけれど、やっぱり大好きだからまた来年も来ますね…と手を合わせる。
c0321967_05331094.jpg
8月、ピンク鮮やかに咲いていたヤナギランは綿毛も飛ばし静かにゆらゆら冬を待っているよう…。
c0321967_05331181.jpg
少し雲が出てきて、太陽が隠れたり出てきたり、陽光感じながら歩きます。
c0321967_05331177.jpg
絵になる3本からまつさん、絵になるけどどう撮るのが良いのやら(≧∇≦)難しいゎ。
c0321967_05331100.jpg
大好きな老木さん。また痩せた?私も痩せたのよ(≧∇≦)なんてね。
c0321967_05331268.jpg
ああ、ラテンの音楽に心が乱されてる(≧∇≦)看板もトリックアート化してるしね。いつもなら物悲しく見える木枠なのにおもしろく見えてるもの。
c0321967_05331266.jpg

さて長蔵小屋休憩所裏のスポットへ。少し霞んできたけれど燧さんは相変わらず優しい(*^^*)♡
c0321967_05331329.jpg
ここから眺めるからまつさんと大江湿原もやっぱりいい♪
c0321967_05362747.jpg
さてさて…船着場の辺りをぐるりと散歩して、ズームレンズ落として転がして…長蔵小屋さんへ戻ります。お洗濯物が干されなんとなく昔懐かしい風景に思えた。幼稚園の頃住んでいた平屋の長屋の雰囲気かなぁ(*^^*)♡
c0321967_05362875.jpg
ビジターセンター、来年は立て直されるんですってね。周囲のからまつが随分切り倒されるとか。
変わって欲しいもの変わらざるをえないもの変わって欲しくないもの、いろいろあるね。
c0321967_05362873.jpg

さて小屋に戻ったらお風呂の時間。この日のお風呂は男女入れ替え制だから15:30〜16:30までに入らないと…すでに15:45
しまった。混んでる時間に入っちゃった(≧∇≦)
それでも湯船にしっかりたっぷり浸かってあったまった、あったまった。あったまったらビール飲みたくなっちった!缶ビールぷしゅり。
この日はフリーの飛び込みがなければひとり部屋予定だと聞いていたから17時を過ぎ、ひとりだなと思ってたら、やってきたソロのおばさまが。遅くに…orz
相部屋で出会う方々とのおしゃべりも好きなのだけど、ちょっとね非常識な方は苦手です…orz 人懐っこい方なのが余計にイラっとね。あいやいや愚痴は書かないの…書いちゃったけど(≧∇≦)
気を取り直して17:30夕食!美味しかった。
食後、売店でスタッフのNちゃんに愚痴ったり(≧∇≦)お話しさせてもらったりしてから部屋へ。ちびりちびり晩酌タイムを楽しんで。
c0321967_05362847.jpg
21時が消灯だけど…いつしか降り出した雨の音を聞きながら20時就寝(( _ _ ))..zzzZZ
夢の中へ

翌日は原へと向かいますよ〜♪ つづく。

[PR]
by woodnote2014 | 2015-10-27 06:12 | 山歩き | Comments(0)

白馬から朝日岳へ 〜秋を感じて〜 Vol.4

朝日岳へ登ったらあとは蓮華温泉へ下りるだけなんて思ってたの。ぬかるみの多い道、水の豊富な山、そんな印象は持っていたけれど…こんなに素晴らしい景色が広がっているなんて(*^^*)♡
c0321967_20383500.jpg
吹上のコルから下り歩く斜面がまた素敵で、小さなお花たちも可愛らしくて、どうして急いで歩けよう…(*^^*)♡
c0321967_20383681.jpg
ヨツバシオガマ。ダイモンジソウ…エゾシオガマ。
c0321967_20383616.jpg
c0321967_20383652.jpg
イワイチョウも、まだまだ咲いていたね。
c0321967_20383757.jpg
ヒオウギアヤメも(*^^*)♪
c0321967_20383724.jpg
五輪尾根、お花畑も多いし、なんにしろその雄大な山、初秋の、なんとも温かい、彩りが綺麗で美しくて可愛らしくて…こんな時はボキャブラリーが少ないことが情けない。
c0321967_20383848.jpg
どこを切り取っても絵になる山。
c0321967_20383892.jpg
強い日差しに草花も水も山も輝いて見えたo(^▽^)oあ〜来て良かった!!
c0321967_20383849.jpg
はじめましてのオニシオガマちゃんにも会えましたo(^▽^)o♪
c0321967_20383906.jpg
チングルマの果穂ちゃんは大群生!上から見ても下から青空見上げても元気いっぱい!
c0321967_21162666.jpg
なんだろうなぁ…やっぱり空が青いからかなぁ。
c0321967_21162619.jpg
目に映る景色がとにかく素敵で無意識にカメラを向ける。楽しい!
c0321967_21162703.jpg

こんなお山にいられることが嬉しくてたまらない(*^^*)♪
c0321967_21162770.jpg
c0321967_21162789.jpg
シライトソウ…いや、タカネトウウチソウかな?なんだかニョロニョロみたい(≧∇≦)
c0321967_21162765.jpg
この辺りはマツムシソウもたくさんご健在!
c0321967_21162844.jpg
あ〜ブログを書きながらも楽しくなってくる!雲ひとつない青空に心躍る(*^^*)♡
c0321967_21162814.jpg
このアサツキさんはシロウマアサツキさんなのかな?よくよく見ると蕊が長いからミヤマラッキョウかな!
c0321967_21162862.jpg
それにしても夏山歩いてる気分。目に映る山々は秋めいているものの暑くなってきたもの。
c0321967_21162804.jpg
陽当たりがとっても良いから草木もよく育つんだろうなぁ!
c0321967_21264749.jpg
下ってきて今度は樹林帯を歩きます。ナナカマドやツタウルシなどが少しずつ少しずつ彩りを赤く変えています。日陰は少しひんやりして心地よい(*^^*)♪
c0321967_21264787.jpg
五輪の森。小さな沢を渡ったり、岩の道だったり、ぬかるみだったり。飽きることなく歩きます!
大きな岩の上で滑って転んだけれど、どこもぶつけないように上手く転びました(≧∇≦)
c0321967_21453959.jpg

樹林帯から抜けると太陽まぶし〜!でもそれも嬉しくて。前日はガスガス展望のない時間が多かったもの。
c0321967_21264869.jpg
尾瀬の燧ヶ岳を思わせるようや木道と湿原。
c0321967_21264875.jpg
もちろん尾瀬が大好きなのだけれど、ここはなんだか遠くの山々が遠くに見えて、広々スケール感が違って感じた!
c0321967_21264950.jpg
楽しくて楽しくてすたすた元気に歩けちゃう(≧∇≦)きやいや勿体無い。大事に歩こう!
c0321967_21265016.jpg
c0321967_21453995.jpg
シモツケソウのピンクはなんだか桜でんぶに見えたっけ(*^^*)いえ、お腹空いてませんけど。
c0321967_21454082.jpg
秋のお山はやっぱり彩りが素敵で楽しいなぁo(^▽^)o♪
数ヶ月後にはやっぱり雪のお山は楽しいなぁと言いますけどね!!
c0321967_21454044.jpg
花園三角点に着いたのは8:50なんだかここまで時間が随分かかった気がしていたけれど、今にして思えばほぼCTどおりだったのね(≧∇≦)のんびり歩きたい気持ちと少し急く気持ちとなんだかかっとうがあったからかなぁ(≧∇≦)
c0321967_21454059.jpg
色濃いアザミ人も可憐でした!
c0321967_21454051.jpg
ダイモンジソウもたくさん咲きていました。
c0321967_21454150.jpg

ふぅ。白高地沢9:55。随分と下りてきたなぁ(*^^*)
c0321967_21454118.jpg

橋を渡ってまた樹林帯へ。もう普通に下界の森。緑がとっても鮮やかでまだ夏色。
c0321967_21454140.jpg
もうひとつ橋を渡ります!
c0321967_21454232.jpg
川遊びしたいような強い陽射しを感じます(≧∇≦)
c0321967_22115229.jpg
水もとてもキレイ!
c0321967_22115295.jpg
この後だったかな、下りてきたのに数百m登ります!
いやぁ疲れたからもう登らなくていいからぁと思いつつも登らないと帰れないから頑張って登りますともp(^_^)q兵馬の平も遠く感じたなぁ!11:25通過。
c0321967_22115347.jpg

あと60分で蓮華温泉だ!12:30に着けば余裕で温泉入れるぞぉo(^▽^)oひゃほ〜♪
c0321967_22115387.jpg
湿原ながめつつももう気分は温泉(≧∇≦)
c0321967_22115472.jpg
緑キレイな山道をてくてくてくてく。
c0321967_22115465.jpg
蓮華の森分岐は12:00。あと20分だ〜!!

蓮華温泉の建物が見えてきた時、結構遠く、少し小高いところにあるように見えて、心が折れかけ、写真すら撮らなかったけど、歩きはじめてみると意外とあっさり着きました!

12:20蓮華温泉ロッジへ下山完了!ロッジの内風呂で気持ち良〜く汗を流したら、お腹が空いてきた(≧∇≦)のぼせる前に上がって、食べなきゃ(≧∇≦)

ええ、ええ、飲みました生ビール(≧∇≦)うどんと共に。美味しかった。

余裕で13:45のバスに乗り、平岩駅経由で糸魚川へ。
15:30のバスがあると思い込んでそれに乗るつもりでいたので、早く着いちゃって帰りの新幹線の時間まで4時間もあるし、指定は満席で変えられないし…とりあえず海眺めますかね(*^^*)♪
c0321967_22115590.jpg
16時からやってる蕎麦屋とか無いかなぁと検索するも17時から、なんなら18時から。
さてさてどうしたもんか。駅構内にも大して何にもないし…そこに見つけた怪しげな酒処の赤提灯16:00からって書いてある。
入ってみるとカウンターと座敷のある画像経営、地元の方々の溜まり場みたいなお店。居心地悪かったらビール一杯飲んで出ようと思ったら居心地良くて、地元のおじちゃんらに生ビールに瓶ビールにご馳走になりつつ2時間半!おつまみは黙っていてもこれだけ出てきて、さらには焼き太刀魚なんかもいただいておつまみ代は500円ポッキリ。2000円でお釣りがきたもの。
c0321967_22115551.jpg

ふふふ。楽しかった楽しかった。帰りは北陸新幹線はくたかであっという間に帰宅。
c0321967_22115672.jpg

いやいやいや楽しい山旅…ええ、ええ、今回も呑んだくれましたとさ。

あれぇ?すっごい気持ちの良い有意義な山旅だったのに、締めはやっぱり呑んだくれ山行ってことに、なっちゃうのね。仕方ないね(≧∇≦)いやいや楽しかった♡

おしまい。


[PR]
by woodnote2014 | 2015-10-01 22:10 | 山歩き | Comments(8)