WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

低山散歩♡鶏足山〜焼森山

関東小春日和な土曜日。山仲間のお家にお呼ばれして軍鶏鍋パーティー(*^^*)♪
山に行きたくても山に行けない事情もある仲間と共に昼間っからビールぷしゅり、日本酒ぐびっとしつつ…日帰りで帰る友を見送って、私は居残りお泊まりさせてもらっちゃって、友達のお家から30分ほどで行ける低山、鶏足山へと行ってきました。
c0321967_20324708.jpg
天気はあいにくの曇り空。それでも良いのです、茨城の穏やかな自然がちゃんと楽しめたもの(*^^*)☆




花開く茶畑のそばに登山口、駐車場がありました。のんびり朝寝坊をして起きたものだから出発は10:40を回っていました。
c0321967_07133793.jpg
てっぺんに少しガスがかかってるのが赤澤富士かしら。
c0321967_07145205.jpg
(≧∇≦)最初は急登。低山ってホント意外と急登。少し濡れた落ち葉に足元滑りやすいので気をつけて歩きましょ。
c0321967_07450112.jpg
下から見上げてもあまり急な感じがわからないけど、人が入るとなんとなくわかるでしょ。
c0321967_07190127.jpg
肌寒さも急登を歩いているうちにすぐ暑さに変わっていたよ。
c0321967_07201966.jpg
歩き始めて30分も経たないうちに、赤澤富士(富士ヶ平山)。
c0321967_07244114.jpg
富士講のお山だったそうで城里町上下赤澤地区の五穀豊穣、家内安全などを祈願して念仏が奉納されたりしていたとか。ということで富士山が眺められる場所のはずで…
c0321967_08135769.jpg
あったあった「富士山ここから」見えませんポイント2箇所(^◇^;)
c0321967_08141586.jpg
まぁそんな日も慣れっこだもの。いいのいいの。落ち葉の道を楽しめるだけで幸せ感じられるもの。
c0321967_08171562.jpg
幻想的な霞のかかる林を歩くのも心地よい。穏やかな山をゆっくり歩く、そんな時間がとても気持ち良かった。
c0321967_08193798.jpg
鶏足山山頂に着いたのは11:40ちょうど1時間くらい歩いた頃。
c0321967_08205814.jpg
晴れていれば360度、太平洋、日光男体山や南アルプス、富士山と眺められるという。標高430.5mの低山といえど素晴らしい場所。ま、この日は何も見えなかったけどね(*^^*)。

山頂を少し越えて護摩焚石というところに立つと木々が作る、山や谷の景色が靄も少しずつ晴れて気持ちよく見渡せた。
c0321967_08270658.jpg
光の当たる方、光の当たっていないところ、緑の色の違いも楽しんで。
c0321967_08280786.jpg
岩の上にはとりあえずたった見下ろしてみたくなるおバカσ(^_^;)
c0321967_08294364.jpg
少し岩が濡れて滑りそうなのと高度感に少し怖さを感じて足が震えた。そんな様子をYちゃんが撮ってくれて…
c0321967_08315784.jpg
この写真を見た山友Bさんには「絶対、立ち◯ョンしてるよね!」といわれる始末。足元悪くてこわくて、出るものも出ないわっ!!いや、そうじゃない…私、レディーですからっ!!(^◇^;)多分。

え〜と、下世話な話はこの辺にして…

このお山、弘法大師ゆかりのお山で、ここで護摩焚きをしていたら、鶏の鳴き声が聞こえて、こんな山の上に鶏?と探して見たら…
c0321967_08355519.jpg
こんな鶏のトサカのような岩があって、これが鳴いたのだろうと…そんなところから鶏足山と弘法大師さまが名付けたとか云われているそうな。

ま、とりあえず登りましょσ(^_^;)おバカ。立とうと思ったら、木の枝が邪魔で立てませんでしたが。
c0321967_20324708.jpg
この鶏石の向こうも崖。その向こうの山肌は広葉樹も多いようなのだけど、あいにく紅葉のタイミングには遅かったようで。
c0321967_08395672.jpg
さて…鶏足山まだ戻って、もう一座。焼森山へと向かいましょ。何やら若者の騒ぐ声が聞こえて、そういえば子供の頃は山…といっても丘といったところだったと思うけど…登ると必ず「ヤッホー」と叫んでいたなぁなんて話をしつつ歩く。
ヤッホーと叫ぶとちゃんとやまびこ、こだまが返ってくる場所ってあったなぁなんて…自分が子供の頃、自然の中で育ったんだなと懐かしく思い出だしたり。
c0321967_08445444.jpg
若者の声が聞こえていたのに、焼森山方面から降りてきたのは、年配のおじさまおふたりでちょっとびっくり。こんにちはと挨拶をしてすれ違いざまに、若い子たちがたくさんいることを教えてくれて納得!!
地元の大学生か、男女6人くらいいたかしら。みんな軽装、スニーカー。ま、それは良いけど、女の子ふつうのフレアスカート。ま、若いから転んだりもしないか(^◇^;)とはいえ、ちょっと狭い岩場とか傾斜のあるトラバースとかあったのよ。若い力ってすごいゎ。ま、健全ね。
c0321967_08514845.jpg
焼森山山頂到着は12:30だったかしら。もやしの食べ残しが無残にも置き捨てられていて、不快感。写真撮ってなかったみたい。
少し先に展望台ちっくな場所があるというのでそこまで足を延ばす。
c0321967_08551302.jpg
山里の風景を見下ろしながら、ティータイム。おやつは前日の山うさぎさんと師匠の手土産、バウンドケーキとカステラ。美味しくいただきました♡ありがと。
c0321967_08564552.jpg
のんびり低山で過ごす時間に美味しいおやつ。贅沢な時間だったなぁ♪

さて下りますかっ…わずかに残る紅葉を楽しんだり…
c0321967_08583941.jpg
緑の樹林が作る山肌を眺めたり…
c0321967_08591988.jpg
花のない季節だけれど、ミヤマシキミの赤い実がお山に彩り添えてくれていたよ。
c0321967_09003581.jpg
冬芽にも生命力を感じたり。目を開けば。心を開けば…山が語りかけてきてくれるようなそんな気がする晩秋の山歩き。
c0321967_09113221.jpg
稜線歩きも少しでおしまい。分岐から針葉樹林に入ります。
c0321967_09140887.jpg
切株に生えた苔の緑が美味しそうな抹茶に見えたり(*^^*)。
ここは藤井川の源流。ポタポタ水が滴る時もあるそうだけど、この日は枯れていた。
c0321967_09155842.jpg
が…空からポタポタ!?雨は18時頃からの予報だったのに14時前から降り始めるの?
c0321967_09170597.jpg
ポツポツ音は聞こえど、背の高い針葉樹に守られてほとんど濡れずに歩けるありがたさ(*^^*)♡
グッドタイミングで下山完了できました!
c0321967_09185078.png
少し汗をかいて、少し汗が冷えて…そんなカラダをあたために、連れて行ってもらったのは内原鉱泉 湯泉荘の立ち寄り湯540円。
c0321967_09201566.jpg
お庭に神社。とても風情のある建物の長い廊下を渡って、お風呂場へ。
c0321967_09231025.jpg
小さいながら清潔感溢れとても温まるいいお湯でした。満足満足。
c0321967_09240997.jpg

茨城、軍鶏鍋パーティーから低山歩きとすっかりお世話になりました。Yちゃん、ありがとぉ♪

お庭の桜が咲く頃またお邪魔したいなぁと思いつつ…了。

[PR]
by woodnote2014 | 2016-12-03 09:30 | 山歩き | Comments(2)
Commented by tamataro1111 at 2016-12-21 12:35
こんにちは。
良いですね。。\(^o^)/ 山仲間と軍鶏鍋。。。 ! !
美味しかったでしょうね。
この時期落ち葉を踏んで低山あるきサイコーです。
Commented by woodnote2014 at 2017-10-11 12:20
1年近くの放置、コメントにお返しもせずごめんなさい!