「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

上高地クラシックルート☆霞沢岳 〜いにしえの道を行く〜 vol.3

9月25日3:30起床。この日は上高地へ下りて帰るだけだから急ぐこともないのだけど、霞沢岳に登ると思われる早立ちの人々の気配に早く目覚めた。ま、4時には起きるつもりでいたのだけれど(*^^*)♪
お湯を沸かしてコーヒーとスープを入れて、蒸しパンやイチジクくるみパンで朝食。
少しずつ明るくなってくる中、テント撤収。
c0321967_09063733.jpg
穏やかな朝でした。もうすこし朝日や朝焼けを楽しんでから下りようかA美さんと作戦会議!美しい気配が見られることが約束されていればゆっくりすれば良いのだけど、どうにも雲多め。明神岳、穂高連峰も雲に隠れてるし…5時半ころ、下山開始です。



明るさとコントラストと彩度をスクロールバーで変えるように…どんどん変わる東の空。写真の上方に続く雲は実は真っ黒。雨にはならないはずだけど…。
c0321967_19103713.jpg
天気は崩れるより回復の方向と願いつつ、西方へと下ります!明神まで3.6km。
c0321967_19110283.jpg
空の色。雲に伝わる太陽の光。美しくもあり、妖しげでもあり。
c0321967_19111233.jpg
黒沢沿いを下るクラシックルートは針葉樹林の穏やかな緑色のイメージでした。
c0321967_19112321.jpg
樹林帯から見上げる朝の空。峠を越えて届く陽の光。朝は気配がどんどん変わるから楽しい(*^^*)♪
c0321967_19113984.jpg
雲に隠れていた明神岳や穂高方面のお山も見えてきた。雲は下りてきたり、登ったり。
c0321967_19115654.jpg
花の少ない季節。足元のシラネニンジンもどき(←セリ科の花はどうしても苦手でわからんの。)がなんだかとても愛しかったな。
c0321967_19120620.jpg
沢を挟んだ向こうの山肌は秋の色がちらほら。そこにかかる雲。上を見たり、下を向いたり、横を向いたり…なんだかバラエテイに富んだ景色が見られたような気がします(*^^*)♪
c0321967_19122436.jpg
明神まで1.8kmを通過は歩き始めて1時間ほど経った頃。
c0321967_19123671.jpg
沢の水、周囲の緑も爽やかだった。
c0321967_19124668.jpg
勾配が少しずつ緩やかになってきて、明神まで近いことが感じられる。
c0321967_19130967.jpg
静かな樹林帯にどこからともなく聞こえてくるメロディ。上高地、明神か河童橋の辺りか、そこで流している音楽のよう。かすかに聞こえるメロディは耳障りと言うほどでもなく、心地良くでもなく…なんとなく聞こえて、なんとなく気になる感じで…30分ほどつづいていたような。
c0321967_19132026.jpg
静かな林を進んで徳沢、横尾へと続くメインストリートに出たのは7時頃のことでした。
c0321967_19134281.jpg
こんな綺麗な看板いつできたんだろう?上高地に前回訪れたのはいつのことだったか…表銀座を歩いた時にはこの道歩きたくなくて新穂高へ下りたし…2013年の裏銀座縦走の時だったかしら。この看板の記憶なし。
c0321967_19140434.jpg
明神まで来ると一般客登山客いっぱいで少し賑わってきた。
c0321967_19141689.jpg
道行く登山者にこんにちはと挨拶しながら、湿地や梓川の景色を楽しみ、写真を撮っていたら…
c0321967_12293669.jpg
あ〜山仲間のK子師匠と遭遇〜o(^▽^)o♪びっくりしたぁ!!夏の間忙しく山なし生活を過ごされていたご主人Bebeさんもいたぁ!!
ようやく夏を乗り越え涸沢〜穂高山行へ行くところでお会いできて光栄でした!
山から下りてきた私達を労ってくれて、これから山へと入って行くおふたりを見送り別れた後こっそりBebeさんが撮ってくれていた写真の投稿がこちら(*^^*)
c0321967_10162191.jpg
え〜と「親方」が私です!すっかりそう呼ばれることにも慣れました(*^^*)♪由来は九重親方です。千代の富士さんです。今年お亡くなりになり残念でした…。そんな「親方」の呼称は…光栄です。どすこぃ!!
あ…写真は無断流用です(≧∇≦)写真も綺麗でコメントもなんとも愉快で嬉しかったんだもの♪御免☆えへへ

そんなこんな出会いも楽しみ河童橋到着は8時前なことでした。
c0321967_19144690.jpg
梓川越しの穂高の山々は少し雲がかかってました。
c0321967_19150597.jpg
焼岳方面もどんより。
c0321967_19151571.jpg
バスターミナルへ行き、バスチケットを購入したら重い荷物はデポして、上高地温泉Hへ♪
この道がなんとも難関だった…いや、障害物もなければ、道も平坦…ただ早く温泉入りたくて遠く感じたのでした(≧∇≦)そうやって辿り着いた温泉、と〜っても気持ち良かったなぁ♨︎ゆっくり汗を流して、爽やかな風に吹かれて…渇いた喉と空いた腹で河童食堂へ…「準備中」の文字…orz
この時9:40。開店は10:00から。待てません!!近くの空いてたカフェ&レストランで頂いた上高地コロッケ、上高地ビール、蕎麦餃子も美味しかったから良し(*^^*)b
c0321967_09520321.jpg
蕎麦餃子の写真は撮りそびれたけど、皮に蕎麦粉を練り込んで、具にも蕎麦の実が入っていたかな♪美味しかった!A美さんてば汁そばの上に餃子が載っているものを想像してたとか(*^^*)お茶目な発想。ところどころにお茶目でそそっかしい意外な一面が見られて楽しかったな♪

さて潤った喉、満たされたお腹でもう一度河童橋渡りましょ!
c0321967_19153159.jpg
空には少し青も見られ、梓川のキラキラも増してきました。
c0321967_19154063.jpg
そんな景色を見納めて、バスに乗り、電車に乗り換え…ビール飲み飲み帰路に着いたのでした。

山友と歩く上高地クラシックルート&霞沢岳テント泊山行。楽しい3日間、前泊を加えると4日間。ソロ山行とはまた違う楽しさと笑いもありましたo(^▽^)o♪
A美さん、お疲れ様でした〜♪誘ってくれてありがとね〜!!

(了)

[PR]
by woodnote2014 | 2016-10-08 10:30 | 山歩き | Comments(4)
Commented by tamataro1111 at 2016-10-11 07:39
お早うございます。
梓の流れはいつ観ても清らかですね。
6日から北アを歩きましたが、台風18号で葉がすっかり落ちていました。
Commented by ケーコ at 2016-10-12 11:34 x
ちょちょちょっとぉーー困るよーー
無断で写真使われちゃあ困るよーー
次回からは事務所通してよねーー

堪能させてもらいました。
あとからじんわりくるような、いいとこですね。
木々も水も美しい。行ってみたいわ。
みっちゃんもキツかったのか、そうなのか…

蕎麦餃子、笑ってしまった!
そんなの食べたくないし、あり得ない!
あの方、相当な大ボケかますから要注意よ。


Commented by woodnote2014 at 2016-10-12 12:16
多摩太郎さん、こんにちは(*^^*)/
今年の夏山は台風に悩まされましたねぇ。秋の紅葉も、そうですか落葉してましたか。会津の辺りは色づきは遅いようだけど、どうにも傷みが多そうな。
冬山はたくさん雪降って欲しいなぁと気が早っています(≧∇≦)
Commented by woodnote2014 at 2016-10-12 12:24
あ、師匠!!やべ。見つかった(≧∇≦)
あ。次回からでいいってことは転載許可貰えたってことね☆さんきゅ♪
ってか、その前にこっちは無断で写真撮られてんねん!事務所とーしてから撮ってよねっ(≧∇≦)大きなお尻は大きなザックに隠れたから良いけど、大きなザックからもはみ出す広過ぎる肩が恥ずかしいんだからっ♪

そうそう、あの方、しっかりしているようで何度か笑わせてもらっちゃった(*^^*)♡ テントの中で羽毛が舞う事件はちょっと気の毒だったけど…。