WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

白峰三山 ソロテン泊縦走の想い出 ③初日 広河原〜北岳山荘。

2016年7月16日
c0321967_07370905.jpeg
広河原まで夜行バスで入りたかったけれど、バスは満席、キャンセル待ちだったので、前夜は甲府の安いビジネスホテルに前泊することに。朝3時起床、4時36発のバスとメモってあったのに何故か4時発のと勘違いしていて早めにバス停へ。すでにたくさんの人が並んでいて、早く来て正解。3台目のバスに座れた。バスは結局5台ほどだったろうか。2時間の乗車、ギリギリに来た方は座れず立っていた…しんどそうだったなぁ。

6:30には到着予定だったけれど、なんだか遅れて6:50過ぎに広河原到着。トイレに寄るも大行列。朝ごはんのおにぎりをひとつ食べて出発は結局7:30を回ってしまった。

この日の行動は結局こんな行程。

広河原7:35 → 大樺沢二股10:20→小太郎尾根分岐13:35→肩の小屋14:20→北岳15:30→北岳山荘16:45




天気予報は曇り。雨の心配は日中はないなというところ。
c0321967_07254309.jpeg
野呂川を渡りながら見上げる空はうろこ雲やふわっと開けた雲の合間から青空が見えていて。
c0321967_07263094.jpeg
ああ大好きな空色が見られて、良いスタートだと嬉しくなる。
c0321967_07264304.jpeg
陽射しもあり樹林帯に入っても心地よい。
c0321967_07270520.jpeg
大樺沢を感じながら少しずつ登っていく。
c0321967_07272870.jpeg
周りにははお花達もたくさん咲いていた。が…重いザックにしゃがむ気になれず、特に珍しい花でもなく、写真はあまり撮らず。
c0321967_07274314.jpeg
とにかく淡々と進まないと。大樺沢二股まではまだ足もそんなに重くはなかった。
c0321967_07280030.jpeg
ただどうにも汗かき過ぎ感…気温はさほど高くはないのだろうけれど、ダラダラ流れ、ポタポタ落ちた。
c0321967_07283087.jpeg
二股からは左俣、八本歯のコル方向に進む登山者の方が多かった。私はガイドブックに従って右俣へ。
c0321967_07285675.jpeg
緑あふれるコースを進む。ジグザグ急登を進む。この辺りから、右太腿がピクピクピクピク。
焦らず、無理してに傷めないように、塩分、水分補給をしながら、ゆっくり登る。
ペースは落ちるし、急げないから、後続、対向者にどんどん道を譲るとこれまた時間がかかる。
c0321967_07360876.jpeg
兎にも角にも安全第一!普段は休む時もあまりザックは下さないけれど、ここは小まめに下ろすべきたなと、カラダが悟る。
c0321967_07362577.jpeg
陽射しを感じれば暑くて汗をかき、曇りくらいがやっぱり歩きやすいなと感じていたけれど…樹林帯から抜け出し、開けた場所休息をとった12時過ぎ…真っ白だった雲が大きく蠢き、緑の稜線、真っ青な空が見えてきた。
c0321967_07363872.jpeg
思わず歓声が上がる!こんなに夏めいた景色が見られるとは思っていなかったから(*^^*)頑張ってるといいことってあるよね♪
c0321967_07370905.jpeg
ザックは重く、足取りが重いのは変わらなくとも心はウキウキ軽くなる♪
c0321967_07373784.jpeg
小太郎尾根分岐に出て稜線歩きが始まった。仙丈ケ岳も雲の切れ目から時折見えたっけ!
c0321967_22155102.jpeg
これが仙丈だったか否か、よくわからない写真で記憶も曖昧だけど(≧∇≦)
c0321967_22174440.jpeg
稜線はやっぱり少し風がある。ひんやりはしてきたけれど重いザックを背負って歩いていると汗は止まらず、程よく暑く涼しく。
c0321967_22180729.jpeg
雲も流れ、空は白かったり青かったり、いろんな空と高山の雰囲気を楽しませてくれた。
c0321967_22182545.jpeg
私の好きな空色よりも青い空色。夏色だね!
c0321967_22190127.jpeg
雲が山と戯れる姿も楽しい。肩の小屋は確かこの辺り。写真を撮らなかったので定かではない。
14:20 ここをキャンプ地とする…という考えも頭をよぎる。北岳山荘までコースタイム1h40m この時の私の足だと2h強。
無理せずここにテントを張るというのも悪くない。生ビールを手にする人を見るとかなり心揺さぶられたけれど、歩みは遅くても動けたし、元気だったし、天気が崩れる心配もなさそうだったので、頑張ることに!
c0321967_22192539.jpeg
山頂まであと20分。なんて看板を見ると、20分経てばたどり着けるような勘違いをする。途中休んだりしても20分経てばつくような気がする。
c0321967_22194799.jpeg
が、休み休み…20分で着くはずがない。
c0321967_22200748.jpeg
慌てずゆっくり前へ上へ進まないとね。
c0321967_22203305.jpeg
ふーふーゆっくりしっかり呼吸を吐ききって新鮮な酸素を取り込んで。やっぱり標高3000mとなると息も切れやすい。深呼吸しながらゆっくりと。
c0321967_22205381.jpeg
そして…初めて歩く山、まして南アルプスは経験少なく、方向、位置関係よく分かっていない。富士山は明後日の方向にあるものと思っていたら、進行方向に見えたもの!嬉しかったなぁ(*^^*)♡
c0321967_22211397.jpeg
富士山が見えてハイになってきたので、登りもなんだか歩けるようになってきたo(^▽^)o♪
c0321967_22225347.jpeg
北岳山頂、三角点。富士山とのツーショット!気持ち良かったなぁ!
c0321967_22233145.jpeg
疲れてやつれた顔してるけど、笑顔(*^^*)これでもね!へへへ。
c0321967_22245068.jpeg
山頂に10分ほど滞在したろうか。さ、あとは山荘まで40分下れば、休めるぞ〜o(^▽^)o美味しいビールが待ってるぞぉ♪
c0321967_22251280.jpeg
そう思って下るもとうてい40分では着かない(≧∇≦)お花ちゃんたちにも呼び止められて…お花ちゃんたちの紹介はあとにするけども。なかなか、テント場、山荘が近づかないけれど…一歩一歩、丁寧に下りましょう!!

そうして北岳山荘に着いたのは16:45。
お山の上では15時には宿に入ろうと心がけているものの、この日はずいぶん遅くなってしまった。

それでも標高差1500m強を登り、9時間強歩き、無事に目的地までたどり着けたことはとてもとても嬉しかった(*^^*)♡

そんな初日でしたとさ!

[PR]
by woodnote2014 | 2016-07-21 22:45 | 山歩き | Comments(2)
Commented by tamataro1111 at 2016-07-22 10:07
こんにちは。。。 ! !
北岳を歩かれたようですね。梅雨の晴れ間を縫って
楽しい山歩きになりましたね。この青空を観ると元気百倍になるのは誰しも同じでしょう。。。
Commented by woodnote2014 at 2016-07-22 18:33
多摩太郎さん。こんにちはo(^▽^)o♪
初日は梅雨の晴れ間。2日目はどっぷり梅雨らしい日でした〜!
それでも楽しいお山でしたよ♪