WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

函館マラソン☆生まれ故郷を走る!

函館でフルマラソンが開催されるとネットニュースで見たとき、走りたいと思った。
思ったら、走るに決まってるo(^▽^)o♪
c0321967_07410274.jpeg
エントリーしたのは3月のことだったらしい。
生まれ故郷の函館を走ることはとても楽しみでしっかりトレーニングして臨もうと思いつつも、なかなか思うようにはいかず…得意のケ・セラ・セラ。

トレーニング不足も6月1週、2週にハーフマラソンを走れば、なんとかなるさ♪とポジティブシンキング。

まぁところが落ち着いていた貧血が安曇野マラソンのときから出ちゃって、怠いゎ、頭いたいゎ、しんどいゎ。意外とナイーヴな私になっちゃったものだから…
数日前にはフルマラソン本当に走れるんだろうか…なんて珍しくネガティヴになったりもしたのだけれど。

いやいやいや、楽しむのだ、マラソンも人生も楽しんでなんぼ。(*^^*)♡




6月26日函館の天気は曇り。今にも降り出しそうな曇り空だけど、スタート時点では降っておらず、着て走ろうか迷ったウィンドブレーカーも脱いでおいて正解。
フィールドに並びスタートを待つ間、風が吹くと少し肌寒いけれど半袖Tにアームカバーで耐えられる程度。
c0321967_19173178.jpeg
申告した予想タイムでA〜Gに区分けされたスタートエリア。私は5時間申告だったと思うけど、Eエリア。
今回はハーフ、フル同時スタートで、誘導もほぼなく、並んだ順にならない不可思議な流れでスタートも、ロスタイムは3分。

千代台競技場を約1週して走り始めます。

今回は焦らず、呼吸が乱れることなく、足に負荷がかかり過ぎないように走りやすいペースで…となると6m30〜40sくらいと思っていたら、最初の1kmから人の多さにもたつくことなく程よくそのペース。
体調は極めて良好、ペースを崩さず楽に走ることを心がけていたら、若干の追い風も手伝って、楽に6m10sペース。6分切ってるときもあったし。

霧雨が舞ったり、帽子が飛ばされそうな突風が時折吹いたり、それも心地よく感じられて15km過ぎまでとても楽に気持ち良く走っていた。

湯の川の温泉街、もう少し進めば上湯川…と思いつつ折り返し。よく帰省に使った函館空港はこの辺り…と懐かしみつつ、折り返すと少し向かい風ちっくだったりなだらかな登りが続いたり…それでも足取りとしては変わらないペースで走れていた。あとから確認すると徐々に徐々にペースは落ちてはいたけれど。

そして…20kmを過ぎたあたりから、電信柱やバス停など住所表記のあるところを探しながら走っていたo(^▽^)o

あった〜宇賀浦町!!私の本籍地なのだ!家があったわけでないらしいんだけど、父母が結婚した頃の住所なのやら?生まれた病院があったとか聞いたこともあったけど、はてさて。
まぁ何があるわけでもない港町。海は見えているけれど荒れている。晴れていればきれいな海や函館山が見えて爽やかなんだろうけれど…霧雨に雲もくもく。見えません!が…そんなお天気は私の味方(*^^*)♡汗をかきすぎずにいられたので本当に気持ちよかった。

駅前の繁華街を超えて路面電車の終点のひとつ谷地頭の、あたりを折り返す頃25km過ぎ。ふくらはぎがピクピク…塩分は時折摂取してたし、水分も程よく。足りないのは糖分かしら?とザバスのピットイン、栄養ドリンク風味を一本。甘味と酸味、初めて使ってみたけど、なかなか飲みやすかった。
エイドではバナナやプチトマトを2度ほど。函館マラソン仕様の五勝手屋羊羹はミニタイプ一本どうぞと言われたけれど、切れていたものを一口。

30km過ぎて少し腰が痛くなってきたけれど、姿勢を崩さないように、O脚故の脚の外側に乗り過ぎないように内側意識して…と整体師のE島さんに言われたことを思い出して、そうして走ってると痛みもやわらぐ。

時折腿やふくらはぎがピクピクするも、なんとか乗り越えられて、恐怖の35kmを過ぎても歩きたくなるようなこともなかった。

夕張メロンがあるはずのエリアも後半組にはありませぬ。バナナとトマトで十分です(*^^*)♡

いつのまにやら雨は止み、風が残ってはいるけれど、走る分には心地よい。沿道で応援されている方々は寒いだろうに…
多くの方々が見ず知らずの私にも優しく声をかけてくれる。青森ねぶたの応援もラッセラーラッセラー。
「おねーさん、頑張れ〜♪」「えらいえらい!」「ごくろうさまです!」小さなお子様はもちろん、年配のおかぁさん達がにこやかに応援してくれるから、こちらも笑顔で「ありがとぉ♪」と答えながら走る。笑顔を返すとますます沿道のおかぁさん達も笑顔になる。そんな雰囲気がなんとも温かくて嬉しくて。(*^^*)

足はピクピク時折きたけれど、すぐに治まる。あと5kmを超えて、もう一本ピットインを補給して、ラストラスト。

あれ?走れるなぁ、私、走れるなぁ。フルマラソン出場5回目にしてようやく最後まで走れた感。千代台のトラックに戻ってきたら、達成感で感極まって涙溢れて…ゴール前に必死に泣くのを抑えたっけ(≧∇≦)えへへ。

ゴールしてフィニッシャーズタオルをかけてもらって、お水もらって、完走証もらって…
着替えて…ビール飲んで(^◇^;)
c0321967_19192551.jpeg
市電に乗って温泉寄って、汗を流してのぼせて貧血起こして30分脱衣所で脱力してたのはナイショ(^◇^;)

そんなこんなの函館マラソン。とっても良いコースだったから、来年も走ろうと思うのだ、うん☆

結果はこんな。
c0321967_19212444.jpeg
グラフにするとこんな。
c0321967_19220584.jpeg
コースはこんな。
c0321967_19223519.jpeg
ホント楽しく嬉しい函館マラソンだったのだ!

さて…走ってる時には写真をとる余裕なんて私にはないので、前日のお散歩の様子を少し(*^^*)♡

前日のお話に遡りましょうか。

さいたまを出発したのは朝7時過ぎ。北海道新幹線に乗るわくわく感!
c0321967_19244817.jpeg
なんてね、実はさくらんぼハーフで山形に行く時うっかり新函館北斗行きの北海道新幹線に仙台まで乗っちゃったから、ちょっと感動薄れちゃった(^◇^;)それでもやっぱり大宮から北海道まで一本4時間で行けるなんてすっごいなぁとワクワクしつつ。ビール飲みたいなぁと思いつつ。いやいや、飲まんて。
新函館北斗駅ってところでどこさ?と思いながら、函館行きの電車を待つ。
c0321967_23330095.jpeg
さぶい…ウインドブレーカーを着る。

函館駅に着くとマラソンランナーを迎えてくれる看板などが目に着くも…不意に0番線ホームとか青函連絡船へと向かう桟橋とか脳裏をよぎる。
高校2年の秋、夕張からはバスだったろうか汽車だったろうか、ここから青函連絡船に乗って奈良、京都に向かったっけ…なんて気分は17歳に戻ったりして(*^^*)

そんなノスタルジーに浸る心地よい時間も食欲があっさり消してくれる。お腹が空いたのだ。朝市の方へ…イカが食べたい!あ〜ウニも食べたい、イクラより筋子派だけど美味しいよね!選べるお好み三色丼!
c0321967_23300785.jpeg
美味しかった(*^^*)☆

天気予報は雨だったけど、意外と小降りってか上がってる?のでお散歩。

明治館。建てられたのは明治なのやら?
c0321967_23360138.jpeg
赤レンガ倉庫。港町はやっぱり似るのかな(*^^*)横浜ちっく。
c0321967_23370619.jpeg
今はお土産屋さんと化してるけど、港町の大事な倉庫だったのかしら。
c0321967_23380458.jpeg
ラッキーピエロの前の石畳の道。止まっているタクシーもカラフルで賑やかな雰囲気。ここもマラソンコース!
c0321967_23390197.jpeg
そこからてくてく坂を上がって港を見下ろしましょう(*^^*)
c0321967_23394539.jpeg
チャーミーグリーンの坂。…wikiか何かには、そう呼ばれていたことも…と書かれていた場所。ふふふ(*^^*)ほっこりする場所よね。そこからハリストス教会へ。
c0321967_23435275.jpeg
まぁキリスト教とかわかんないし、賛美歌よりも写経がしたい私だけど、なんだかこの教会は好きで、中に入って、祭壇を眺めてしばしくつろいだり。
港町というのは異国文化の香り漂う街になるものなのね(*^^*)
c0321967_23455366.jpeg
和のものが好きだけど、和に溶け込む異国情緒というのも、あまのじゃくな私は大好きで(*^^*)♡
c0321967_23465396.jpeg
日本最古の現存するコンクリート電柱は四角錐。
c0321967_23473692.jpeg
そういえば小学生時代を過ごした稚内では家の前は舗装されていない道だったし、電柱も木造だったなぁ…なんて思い出したり。木造の電信柱には防腐剤代わりにコールタール?クレオソート油?が塗られていたりして、そんな柱に遊んでいてうっかり寄りかかって、おニューの赤いウィンドブレーカーの背中に黒いシミを作って泣いたことあったなぁなんて思い出したり。

さてさて歩き疲れたので…お茶にしましょ。大正ちっくな茶房で♪
c0321967_23504717.jpeg
3年寝かせたコク深い珈琲に手作りきんつばのセット(*^^*)おいしゅ〜ございました。
c0321967_23520251.jpeg
あ、ひと口巨峰シャーベットも付いていてホント素敵なとこでした♡
c0321967_23525848.jpeg
函館には、幕末藩士の歴史のあるところも、自然も…まだまだ魅力いっぱい。
改めて…我が故郷素敵なところだと…改めて、原点に返って、これからも楽しく生きていこうと思ったのであった!!

さてさて…ただいま7月1日23:55 浅草を尾瀬夜行が出発した時間!さてさてその夜行列車に乗って…お山に帰ろうo(^▽^)o♪




[PR]
by woodnote2014 | 2016-07-01 23:55 | マラソン | Comments(2)
Commented by tamataro1111 at 2016-07-05 06:55
お早うございます。
マラソン完走おめでとうございます。
やっぱり完走するのが一番ですね。
故郷を走れた事で、思いもいっぱいだったことでしょう。。。
完走後のビールの美味しさが伝わってきました。\(^o^)/
Commented by woodnote2014 at 2016-07-08 18:39
多摩太郎さんこんにちは。お返事おくれてごめんなさい。
生まれ故郷が函館で良かったなぁって思いながら走り終えましたぁ♪ホント気持ち良かったです!!