WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

眺望求めて茂倉岳。

単独で登るよりも谷川連峰縦走で通る人が多いだろう茂倉岳。
あえてそこをピストンで(*^^*)v
c0321967_2142036.jpg
前の週に訪れた平標山がお花いっぱい素敵だったし、雲がもくもく眺望があまり楽しめなかったので、谷川山系を再訪。
いっそ谷川?とも思ったけれど、どうにも人が多そうなイメージがあって気が進まない。

ではでは隣の隣、茂倉岳にしましょってことになったのだ!



6月7日8:30 土樽駅から出発です!
c0321967_2142241.jpg
お天気良好(*^^*)空が青い♪
c0321967_2142491.jpg
登山口まで舗装道歩きだけれど、沢沿いの道を楽しく歩きます。
ニセアカシアのお花もたわわに垂れ下がる。このお花、天婦羅で食べられると聞いたものだから…美味しそうに見えて仕方がない(≧∇≦)色気より食い気。
c0321967_2142516.jpg
てくてく歩いて安全登山の広場。どなたの銅像なのやら?今日も1日安全登山をしますよとご挨拶して進みます。
c0321967_2142874.jpg
さてさて目指す茂倉岳はあれかしら?あんなに遠いのね?頑張って行きますよ〜!
c0321967_2142970.jpg
登山口、ストック伸ばし、手袋をして、時計の標高合わせ…いざ山道へ。9:05
c0321967_21421290.jpg
いきなりの急登。って、コースはほぼ急登。
c0321967_21421575.jpg
ぐんぐん標高を上げていきます!ガイドブックによれば、「ブナの美林」偽りなし(*^^*)♪美しい林でした。お花はほとんど無かったので、写真もほとんど撮らず、ぐんぐん登る。とはいえ…陽光射す林は緑が輝き、若葉が透けるようで美しく…休憩がてらパチリパチリ。
c0321967_21421658.jpg
c0321967_21421828.jpg
c0321967_21421979.jpg
おっとおっと葉っぱを撮るのが楽しくなるとホントに進めなくなっちゃうから、用心。用心。
c0321967_21422243.jpg
大木を這うように伸びるツタウルシはなんだか躍動感を感じたのだけど…写真じゃわかんないなぁ(^◇^;)
c0321967_2142248.jpg
まぁ緑が綺麗だからそれだけでいいねっ♪
樹林帯を楽しんで檜廊下と呼ばれる、立派な根の這う道を越えてみたり…木々の合間からのぞいた万太郎山の雄姿に感動したり!
c0321967_2142267.jpg
先週行けなかった仙ノ倉山の美しい姿を眺めたり。その向こうには平標(*^^*)♪なんて美しいんでしょう!
c0321967_21422743.jpg
サイコーのお天気。素晴らしい眺め。お花も少しずつ姿を見せてくれて…
白い小さな鈴生りのツツジはシロドウダンかしらん?
c0321967_21422947.jpg
ベニサラサドウダンも満開!
c0321967_21423133.jpg
ちょっと赤みのあるミネカエデも。花から翼果に変身ちう!
c0321967_21423265.jpg
万太郎山から仙ノ倉山、平標山へと続く山なみもとても綺麗で何枚も同じ写真をとってしまう。
c0321967_21423530.jpg
同定できないお山も綺麗だからそれでよしっ(^◇^;)
c0321967_21423877.jpg
ナナカマドも花盛り!
c0321967_21423991.jpg
今年は美しいタムシバさんとの出会いに恵まれてる(*^^*)♡
c0321967_21424120.jpg
オオカメノキさんも綺麗です!
c0321967_21424224.jpg
お花を引き立ててくれる青空もまた素敵なのだけれど。
足元にも可愛い子達が現れ始めました(*^^*)♪
まずはアカモノさん。
c0321967_21424370.jpg
イワカガミちゃんに…
c0321967_21424420.jpg
ゴゼンタチバナさま。
c0321967_21424571.jpg
この辺りのゴゼンタチバナはとても小ぶりで可愛らしかったな。
いつしか視界が開け、茂倉岳と直下の避難小屋認識(*^^*)まだまだ遠いや!
c0321967_21424750.jpg
振り返れば苗場山方面。まだ雪が残ってるね!美しい!
c0321967_21424827.jpg
矢場の頭に到着したのは11:30まぁコースタイムどおりというところ。15分休憩をとろう。大きめワッフルぱくりん。これから歩く稜線を眺めながら。
c0321967_21425069.jpg

まぁ壁のようにも見えますが(≧∇≦)登れる登れる!!と自己暗示。谷川岳や一ノ倉岳も認識。
c0321967_21425242.jpg
どっち向いても雄大な景色だ!
c0321967_21425482.jpg
c0321967_21425533.jpg
c0321967_21425668.jpg
さてさて11:45避難小屋に向けて進みましょう!ちょこっと下って、また登る。
c0321967_2143191.jpg
c0321967_2143378.jpg
ムラサキヤシオさんが綺麗に咲きそろってました(*^^*)♪
足元にはツマトリソウやチゴユリさん。
c0321967_2143479.jpg
c0321967_2143598.jpg
慌てて歩いても疲れるだけだから、ゆっくり行きなと声をかけてくれるよう…。
…って直射日光の暑さに体力消耗。ペースが落ちてきたのを感じる。まぁまぁ焦る必要はない、水分補給しっかり、呼吸を整えて歩きます!
c0321967_2143715.jpg
少し雲が出てきたかな。たまに陽が陰ると感じる風の爽やかさ。心地良い。
シラネアオイさんも下では枯れていたけれど、上は綺麗に咲いていました。
c0321967_214381.jpg
タテヤマリンドウさんも今年初対面(*^^*)♪
c0321967_2143917.jpg
黄色の君はナエバキスミレなのかしら?
c0321967_21431031.jpg
あれ?ハクサンチドリももう咲いちゃうの?まだ6月になったばかりというのに…
c0321967_21431256.jpg
もう少しゆっくり進もうよ…そんな気分でゆっくりね。。。
c0321967_21431312.jpg
谷川岳もずいぶん近くに感じられるようになったけれど…なかなか小屋は近づかないように感じるから不思議だ。
c0321967_21431582.jpg
ハクサンイチゲの群生や
c0321967_21431777.jpg
ヨツバシオガマさん達が美しい姿で待っていてくれました。
c0321967_21431817.jpg
小屋の手前にはシラネアオイさんが可憐にたくさん咲いてたっけ。
避難小屋到着13:30
c0321967_21432134.jpg
お手洗いをお借りしてら、いざ山頂へ!
ミツバノバイカオウレンも待っていてくれました。
c0321967_21432222.jpg
ミヤマキンバイの黄色も元気をくれますo(^▽^)o♪
c0321967_21432428.jpg
なかなかしんどかったけれど…茂倉岳登頂13:50
c0321967_21432651.jpg
うわぁ!絶景かな絶景かなo(^▽^)o素晴らしい!
c0321967_21432863.jpg
あ〜燧ヶ岳も見える。ってことはあの辺り檜枝岐村?なんて思うと嬉しくなっちゃうね!
c0321967_21432995.jpg
さて腰を下ろし、コーヒーいれて(インスタントだけど)パンケーキを食べましょう!一ノ倉、谷川方面を眺めながら!
c0321967_21433058.jpg

c0321967_21433277.jpg
想像以上に素晴らしい景色で本当に幸せな気分だったなぁo(^▽^)o♪
c0321967_21433422.jpg
いつまでも眺めていたいような景色だったけれど…下りに苦手意識がある私。電車の時間は18:06余裕はたっぷりあるけれど、ゆっくりゆっくり下りましょう。
c0321967_2143384.jpg
14:15下山開始。
小屋の前で休まれていた山のベテランと思われる方が、あと2時間もたないかもなと…少し急いで降りたほうがいいかもとアドバイスをいただいた。
確かに雲が増えてきていたからね。夕立があるかもしれない。
とはいえ、急坂、焦るとろくなことないからマイペースでしか下りられないんだけどね(≧∇≦)
c0321967_21433923.jpg
お花達も見納めて…
c0321967_21434067.jpg
樹林帯へと入っていくのです。
c0321967_21434210.jpg
ピストンでも登りと下りは景色も気分も違うから、いつもなら結構写真撮るのだけれど…暑さと急坂に疲れ始めていて、写真はほとんど撮らず…それでもその疲労は心地よく満足感いっぱいで楽しく下ったのでした。
登山口到着16:50。あとは駅までゆっくり30分。
平らでも転ぶ時は転ぶから最後まで気を抜かずに歩きましょo(^▽^)o♪

累積標高差1540m、歩行時間8時間半。まだ夏山に慣れていない身体にはちょっとハードだったけれど、お天気サイコー、想像以上に素晴らしい景色が見られて楽しい山歩きでした〜!

さてさて次はどこ行こう!?(≧∇≦)関東も梅雨に入ってしまったようだけど…

兎にも角にもやっぱりお山はいいもの♡
しとしとみっちゃんの山歩きだってたのしめちゃうもんね〜o(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2015-06-08 21:41 | 山歩き | Comments(4)
Commented by akko-kornblume at 2015-06-09 19:45
みっちゃん、お疲れ様でした!

谷川山系は本当に奇跡の山々だと思うの。
馬蹄形は、私にとってもすごく思い出深い山行です。

みっちゃんはどこを歩いているのかな~って話していたのだけど、
茂倉だとは思いもしなかったな(笑)
頑張って歩いたね!

お花もいっぱいの谷川山系は魅力的だよね!
いつか馬蹄形も歩いてくださいね。

私は谷川主脈縦走が次の大きな夢。
いつの日になるか分からないけど、いつか必ず歩きたいな。
Commented by woodnote2014 at 2015-06-09 20:39
茂倉、ピストンする人は少ないみたいだけれど、日帰り山行にはなかなか都合の良いお山でしたo(^▽^)o♪
馬蹄形もいつかするよぉ!矢車草さんのレポでイメトレちう。えへへ。
蓬ヒュッテが改築工事中のようなので新装オープンしたらね♪

谷川山系は未踏だったのだけれど、平標山に茂倉岳と歩いてみたら、本当に景色もお花も素晴らしくて、気に入ってしまいました!
燧ヶ岳が見えるっと感動だったけれど、あとから至仏、景鶴、なんなら駒も見えてんじゃん!とあとからまたまた感動したりσ(^_^;)

いやぁホント良い日曜日でした〜!
Commented by はるか at 2015-06-17 17:05 x
みっちゃん、谷川山系、平標に次は茂倉岳。
花もみれて、眺望も素晴らしいですね。

標高差、1500mさすがです。さくさく登ってしまうのでしょう。

白いつつじはアブラツツジだと思います。
Commented by woodnote2014 at 2015-06-17 21:21
はるかさん、こんばんは〜o(^▽^)o♪
谷川山系がすっかり気に入り、次は馬蹄形縦走か!?なんて胸をときめかせてますが…
標高差よりも暑さがどうにもダメで茂倉も登り最後は足取り重く、下りも樹林帯に入るまでバテバテでした。
ちっともサクサクじゃないんですよぉ、

アブラツツジ!!o(^▽^)oありがとうございます!シロドウダンにしては房や形の感じがなんか違う?と思ってたのでした。
また気づいたら教えてくださいませ〜o(^▽^)o♪