WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

GW山行 会津駒ヶ岳o(^▽^)o♪ 150506

夜中には眩しいほどの月明かりだったけれど、朝のお月さまは優しい光。
c0321967_107454.jpg
4:20頃の風景。
富士見林道の向こうには燧ヶ岳。日光連山も至仏山も朝を迎えようとしている。

もう何度ここで朝を迎えただろう。

山歩きを始めて、縁あって自分でも知らぬ間に駒中となり、何度も素敵な朝陽を眺めているけれど…飽きることなどない。
毎回感動する朝の景色。



c0321967_107554.jpg
まだ太陽は現れない。駒も燧も至仏も静かに待っています。
c0321967_107616.jpg
c0321967_107881.jpg
まだまだ深く雪に埋もれる針葉樹達も陽の光りに少しずつ少しずつ姿を現わすのだね。
c0321967_107918.jpg
さあ太陽さん出てきたよ(*^^*)/
c0321967_1071257.jpg
c0321967_1071151.jpg
c0321967_1071012.jpg
地球が太陽が息づいてるように感じる。光がどんどん広がっていく。
c0321967_1071410.jpg
c0321967_1071596.jpg
c0321967_107168.jpg
山に森に雪原に光が射し、1日が始まる。
私の朝散歩はまだ終わらない(≧∇≦)かやくぐりちゃん達のお散歩を追っかけてみたり♪
c0321967_107258.jpg
朝の景色を楽しみましょ(*^^*)♪
c0321967_1072382.jpg
c0321967_1071766.jpg
この日はまだお寝坊さんな方々が小屋にいたような。
c0321967_1071986.jpg
もったいないもったいない。
c0321967_1072018.jpg
駒から中門方面の稜線もこの季節だから見られる景色。雪の上だから行ける場所を楽しんだり、木々が雪に隠れているから見える景色を楽しんだり。
c0321967_1072161.jpg
c0321967_1072213.jpg
ふぅ(*^^*)心にエネルギー蓄えたら…胃を満たしましょうかね。
c0321967_1072817.jpg
小屋に入ってお湯を沸かして…この日は何を食べたんだっけ?ご飯だったような、パンだったような。
暖かくて雪も結構緩んでたのでちょこっとだけお掃除手伝って、珈琲とおやつをいただいて…下山を開始したのは9:40頃のことだったっけ。カメラはザックにしまってしまったのでしばし写真はありません!

昨年は、上山前に民宿でお会いした山スキーのSさんがおそらくBCスキー経験の浅い私のことを心配して上がってきてくれて、一緒に下りてくれたので、初めてひとりで下ります(スキーでは)!
斜度がきつかったり、踏み跡を避けて滑りやすいところを選んでいくと登山道から離れてしまったり、雪が多い時期は沢を下りることも可能なんだろうけど…実際去年はSさんと登山道下を滑ったりしたけれど、今年は雪も減っていて、結構雪が割れていたり、下を行くと尾根に戻れないから最後は藪漕ぎになるだろうし…危険を侵さず、尾根沿いを登山道から離れないようにゆっくり滑ります。
樹林帯に入るとあらあらあらら…板が滑らない!!斜滑降、横滑りしつつ、少し普通に滑ってみようと試みるも、スピードが出そうになると板がひっかなり、止まりそうになってザックだけが慣性の法則で前に進もうとする。体が揺さぶられて前転しそうになる…堪えるp(^_^)q転ぶもんか!
ずずずーっと横滑りしつつ滑りやすそうなコースを選びつつ…下りる。
途中登ってきた方に「板、滑る?」と問われた。「いやぁ、すべりませんねぇ!」と答えると「浅草岳も滑らなくてさぁ。あったかくてコメツガだかシラビソだか花が咲いて、その花粉だか何かが飛んで滑らないらしいよ!だから俺は今回はスキー置いてきちゃったよ!」などと話して下さった。
あとから調べるとブナの芽の殻とかヤニとか…まぁ原因もいろいろあるのかなぁ?とにかく滑らない!
小屋番三橋さんのところにも尾瀬の別の地区の方から連絡が入っていて、板にべっとり黒いのが付着する現象が起きているらしいと…例年にはあまりないことなのね。
滑り過ぎるのも怖いけど、滑らないのはもっと怖い!テレマークターンなんてする必要は一個もないので地道にずずずーぃっと降りますよ。
まぁ歩くよりは少しは速いかなくらいのレベル(≧∇≦)
雪が減ってきて板を担ぎ始めたのは標高1400mほどのところだったっけ。
滑りはちっとも気持ち良くはなかったけれど、下りてくるに連れ、ブナの芽吹きが進み、黄色、黄緑、緑と色付いていく様がとてもとても綺麗で写真を撮らなかったことが悔やまれる。
スキー外した時にカメラ出せば良かったんだけど…

脚元に不安もあったから出さずに正解だったということにしよう。

でもね…ヘリポートまで下りてきたら、やっぱりこの先は撮りたいなと…ザックを降ろしてカメラ取り出し、のんびりゆっくり下山することに。
ヘリポート10:50
c0321967_1073049.jpg
c0321967_1073154.jpg
そうそう、写真を撮らないと記録をとっていないからどのくらいのペースで歩いてたのか分からなくなるのよね。
c0321967_1073357.jpg
ブナの若葉がとても可愛らしくて、色鮮やかで、雪の白、空の青、幹の灰茶とのコントラストがなんとも素敵で。
c0321967_1073450.jpg
緑ある春の景色もやっぱり好きなのよね。まだまだスキーしたくてうずうずしてるけど…雪融けを待つ植物たちもいるんだよなぁ。とスキーシーズンの終わりを少しずつ受け入れていく…(≧∇≦)まだスキーするけどね、と思いつつ。
c0321967_107367.jpg
いやぁ…風も弱く穏やかだから、タムシバさん達もひらひら蝶のように舞うこともなく、凛としてすっごい美人さんo(^▽^)o
c0321967_1073720.jpg
綺麗だわぁ♪
白と緑と青と…はぁ…幸せだぁ♡
c0321967_1073884.jpg
c0321967_1074029.jpg
スキーを付けたザックの重さもなんのその。足元気をつけながら空や木々や草花を愛でながら下りてくる。
c0321967_1074312.jpg
c0321967_1074683.jpg
c0321967_1074965.jpg
春というより初夏だなぁ…と感じながら。
c0321967_1075178.jpg
山桜を見るのも今年はこれが最後かなぁ?
c0321967_1075254.jpg
ムラサキヤシオさんの蕾も大きくなったなぁ(*^^*) 2日前と比べても季節が進んでいるように感じながら下山完了。階段下11:30国道に出た頃お昼のメロディーが聞こえたっけ。
スキー板には見た目では茶色い粉々が付いていて花粉だなぁと思ったけれど、その後拭いてみるとベトベト真っ黒いのたっぷり。
c0321967_1075519.jpg
いやいやまいったまいった!

この後、檜扇の玄関先で缶ビールとばんでい餅とお漬物いただいたりなんかしちゃったりしてから、燧の湯でゆっくり汗を流し、村のレストランあした天気さんでカレーと美味しいビール琥珀を2杯。
お昼に下山しても17時まで檜枝岐で過ごすのでありました(*^^*)☆

ホントに良いGWでございました♪めでたしめでたし。
[PR]
by woodnote2014 | 2015-05-23 10:07 | 山歩き | Comments(0)