WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

秋☆燧日和

c0321967_2122204.jpg
今年は、会津駒、帝釈、田代に至仏と登っていたので…どうにも落ち着かない。燧にも登らなくちゃ(≧∇≦)

4度目の燧ヶ岳に向かいながら、前回行ったのはいつだったかな?と調べてみると2012年10月、その前は9月に2度登っていた。全て秋。前回のレポには、次回は季節を変えようなんて書いていたのに…学習能力が無いのか、秋の良さを知っている学習能力の賜物か…。

いずれにせよ秋晴れの良き日に燧に向かったのでした(*^^*)/



尾瀬夜行2355に揺られ、バスに乗り換え、沼山峠に降り立ったのは10月11日午前6:00頃のことでした(*^^*)
とっても良いお天気でブナ平もとっても綺麗だったから、ご機嫌で歩き始めます!
大江湿原に降り立ち広がる黄金の野。
c0321967_21222284.jpg
草紅葉がキラキラ綺麗。木道の間に揺れる吾亦紅も愛しくてね(*^^*)♡
c0321967_21222344.jpg
空はまさに空色。大好きなスカイブルー。そこに浮かぶお月様も笑顔!
c0321967_21222650.jpg
三本カラマツさんも黄金色、秋だねぇ!!
c0321967_21222876.jpg
尾瀬沼の色は空の色を映してか真っ青。清々しい朝。さ、沼尻へと向かう前に…なんだかトイレが近い!トイレに立ち寄って、ついでに水も汲んで、進みましょう!三本カラマツさんに挨拶して、進みましょう!
c0321967_21223180.jpg
真ん中のカラマツさんは随分と枝が少なくなっている。結構長く生きている樹木なのだろうなぁ…。
c0321967_2122348.jpg
台風や暴風雨も多いこの頃だけれど、長生きして欲しいね(*^^*)♡
c0321967_21223681.jpg
てくてく。尾瀬沼の畔の風景を楽しみながら歩きます!
これから登る燧も近づいてきて、これに登るんだっけ?とちょっと尻込みする斜面を横目に見つつ沼尻へ。
c0321967_21223959.jpg
沼尻到着8:10。実はお腹ぺこぺこ。尾瀬夜行に付いてくるおにぎり弁当をいただきましょう♪休憩所で温かいなめこ汁を注文してねっ!
さ、お腹が満たされたら、腹ごなしっ(≧∇≦)沼尻平を楽しみましょ☆とっても美しい湿原だもの。
c0321967_21224154.jpg
たくさんの池塘のある景色も美しいし、池塘に浮かぶ羊草もとても美しいのだもの。
c0321967_21224333.jpg
沼の畔の景色を満喫したら、意を決して、燧へと向かうのです!
c0321967_21224580.jpg
2年前には下りに使ったナデッ窪。急で岩ゴロゴロで下りに使うにはこんどくて、ここは登りに使うべきだなぁと思ったのよね。登りはしんどいけど楽しいのo(^▽^)o♪
c0321967_21224891.jpg
疲れてきたら、小さな苔を楽しんだりしながらね。
c0321967_21224928.jpg
大きな岩が多いナデッ窪、前回はお天気も下り坂で湿っていたから歩きにくい印象だったけど、この日は乾いてたのでまだ歩きやすい!
c0321967_21225233.jpg
時折振り返ってみると、少しずつ少しずつ沼が見えてきた♪
c0321967_21225479.jpg
尾瀬沼の形を楽しんだり、ビジターセンター方面が見えてきたりとなんだか楽しい!
c0321967_21225646.jpg
前を向けば空が近づいてきたかのように青いo(^▽^)o♪
c0321967_21225990.jpg
ズームレンズで覗いてみれば、カクンと曲がって歩いてきた木道の十字路が随分と下に見える!
c0321967_212317.jpg
随分登ってきたもんね!山頂も近づいてきたよ〜o(^▽^)o♪
c0321967_2123670.jpg
見えているのは御池岳かな?ミノブチ岳、御池岳、赤ナグレ岳、俎嵓に柴安嵓と5つのピークを持つお山。このお山も火山なのよね。悲しい惨事は二度と起きませんように…(>人<;)…あ、尾瀬ヶ原が見えた〜♪
c0321967_2123715.jpg
まずは俎嵓に登ります!これだったかな?
c0321967_2123939.jpg
すごい人で写真撮るにも人多過ぎ!11:00俎嵓はまた後で通るから、最高地点の柴安嵓へと…一旦下って、登りましょ!!
c0321967_21231159.jpg
初めて見たときは随分下って、また登るのねとウンザリしたけれど、見た目ほどしんどくはないから、せっせと下りて、登りましょ!柴安嵓、登頂11:30でした〜o(^▽^)o♪
c0321967_21231375.jpg
気持ち良い空広がる山頂、尾瀬ヶ原を改めて見下ろしてみたり、尾瀬沼を見下ろしてみたり、遠くの山々を眺めてみたり。ぐるりんぐるりん。
c0321967_21231413.jpg
c0321967_21231579.jpg
c0321967_21231651.jpg
景色を満喫しながら、岩場で座る場所選んでランチタイム。コーヒークリームロールにイチゴクリーム大福ぺろりん。気持ち良い秋の空気をたっぷり吸ったら、下りましょうかね。その前に柴安嵓を下りて、しっかり俎嵓に登り返してね。俎嵓には祠が祀られてますよん!
c0321967_21231857.jpg
登りでは足腰の鍛錬も兼ねてストック使わずに来たけれど下りは足捻る悪い癖もあるもんだから、しっかりストック伸ばして、しっかり足元確かめて歩きましょ!でもねぇ…下りの景色もまた素敵でついつい脇見下山!
c0321967_21232040.jpg
友達が登っているだろう帝釈、田代はどれだろう(≧∇≦)登った山ってなんとなくわかるようになるんだけど、ん〜どれだろぉ?
c0321967_21232219.jpg
あっちにはまた別の仲間が登っていて、私の帰る場所でもある会津駒ヶ岳。眼下には熊沢田代と進むべき木道が見えてきて、歩くのが楽しい景色o(^▽^)o
c0321967_21233077.jpg
…とはいえね、地図にも書いてある…歩きにくい岩礫帯。足に優しくないったらありゃしない。下りのガレ場は苦手。
c0321967_21232917.jpg
木道になると嬉しくなるよ(*^^*)♪熊沢田代まで下りてきました!俎嵓を出発したのが12:10くらい。熊沢田代13:15、道を譲り譲り、ゆっくりペースのつもりだったけど、それなりにちゃんと歩いていたみたい。
c0321967_21232523.jpg
おっきな池塘の側のベンチで少し休憩したら、また歩きます。
c0321967_21233263.jpg
ちょこっと登って振り返ると燧ヶ岳から光が舞い降りる〜☆
c0321967_21233349.jpg
気持ち良く池塘を眺めながらの木道歩きを続けていたいけれど…そうはいかない燧ヶ岳。樹林帯に入れば、岩ゴロゴロ、いつしかドロドロデロデロも増えてきた(≧∇≦)
c0321967_21233538.jpg
視界の開けたところでは景色を楽しんだり、葉っぱは先週の台風で落ちたか、赤い身だけが残る樹々を眺めたり。
c0321967_21233761.jpg
広沢田代に着いたのは14:00過ぎ。なんだか遠く感じちゃった。
c0321967_21233816.jpg
お山の中腹にある湿原はなんだかとっても贅沢な感じで、のんびりのんびり歩きます!雨量が以外と少ないのか、泥炭がたんまり蓄積しているのか池塘の周囲は地層のようにも見えて、ちょっと不思議。
c0321967_2123408.jpg
針葉樹が映り込んで緑色に見える池塘もなんだか新鮮。
c0321967_21234267.jpg
草紅葉もとてもとても輝いていて、そこに静かに静かに過ごしている老婦人のようなイワショウブさんもなんだか素敵です♡
c0321967_21234348.jpg
咲いているお花はもうないこの季節だけれど、チングルマの果穂さんが少し残っていてくれて、葉っぱちゃんはこの季節の主役はお花でも果穂でもなく私でしょ?と綺麗に紅色に彩っている。
c0321967_21234597.jpg
あ〜秋はいいなぁo(^▽^)o♪なんて優雅に歩いていたのもここまで
c0321967_2123486.jpg
岩ゴロ、ドロデロ、ズルりん、ズボっと…木道でてきてもうすぐ終わる?と思いきや、岩ゴロ、ドロドロの繰り返し。いや〜〜長かった!燧裏林道と合流したのは15:00ちょい前。いや〜最後しんどかった。
c0321967_21235045.jpg


この道も下りより登りに使う方が楽だなぁ!!登りたい道はあれど…下りたい道はない。困ったなぁ(≧∇≦)

さて…この日は檜枝岐の民宿泊。村に向かうバスは16:40。まだ1時間半以上あるぞ〜!!
村まで歩いちゃった方が早い?なんて思いつつ生ビールくびっとね。えへへ☆

お山の中にいると意外とゆったりのんびり過ごせちゃうもので…17:00檜扇さんに到着し、燧の湯で汗を流し、季節の実りたっぷり美味しい日本の晩ご飯をいただきましたとさ☆

さ、翌日も秋晴れ、早寝しましょ(( _ _ ))..zzzZZ
[PR]
by woodnote2014 | 2014-10-14 21:22 | 山歩き | Comments(4)
Commented by akko-kornblume at 2014-10-16 18:26
いいね~!

結局今年も燧ケ岳にのぼらないままになりそう。
みちゃんのレポで歩いた気になったよ(^^)/
いい眺めだし、ホーント美しいねー!
田代帝釈山ってどこから眺められるのかな?
プリンみたいなの見てみたいのに。

さて、ほんとどのみちから上って下るのがいいのかな。
悩んじゃうわー。
Commented by woodnote2014 at 2014-10-16 22:27
あっちゃんこんばんはo(^▽^)o燧ヶ岳、登って尾瀬を語ってね〜♪

御池〜山頂〜見晴又はその逆がいいかなぁとも思うのだけど…今年は見晴の道、使えなかったからね。来年は使えるといいなぁ。

田代帝釈、駒からももちろん見える筈よね。でもどれがどれだか分かんないのよね〜σ(^_^;)

それにしてもホント感謝感謝、お世話になりました〜!!
Commented by yamausagi-sa at 2014-10-16 22:28
う〜ん、3連休は檜枝岐方面は最高の山日和だったね!

みっちゃんのレポを読んでると、歩いてみたいコースがどんどん増えて
来年はもっと檜枝岐方面に通わないとなぁ〜(*^o^*)
でも、ここで予習できるのは嬉しい事だ。いつも楽しませていただいてま〜す♡
Commented by woodnote2014 at 2014-10-16 22:34
山うさぎさん、七入〜沼山峠の道を楽しみにしていてくれたのに行かなくてごめんなさ〜い(≧∇≦)あっちゃんが行ってくれたから良かった♪
3連休のうち2日間は素晴らしいお天気だったよぉ☆
私も山うさぎさんのBlogで公共交通手段では行きにくいと思い込んでいたお山が近く感じられるようになったり、ありがたく拝見してます♪
持ちつ持たれつ、今後ともよろしくね〜♪