WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

初秋の火打山・妙高山 Vol.1

9月の三連休、さてどこに行こうか。あまり早くに予定を立て、足や宿の手配をしてしまうと悪天でも強行してしまう悪い癖があるものだから、少し抑えて、決めたのは2週間前くらいだったかな。ぁ。ちっとも悪い癖抑えられてないか(≧∇≦)

昨年とあるトークイベントで四角友里さんとお話しさせてもらった時、火打が良いと目をキラキラさせて教えてくれたから、ずっと気になってたの(*^^*)♡
友里さんはとても可愛らしい女性で、全く自分とはタイプが違うのだけど、気に入るお山はなんとなく似ている気がして。
c0321967_2231232.jpg
やっぱり当たりでしたo(^▽^)o♪
晴れのち曇り時々晴れたり雨だったりのお天気ながら素敵な山歩きとなりました!



前夜、長野駅前のビジネスホテルに泊まり、朝一の信越本線で妙高高原駅へ。駅ホームでお話ししたオジサマは妙高には何度か登っているものの、天候が崩れたりで火打は何度か断念してるとか。いやいやこの日は良いでしょう!
期待して車窓からの景色を楽しみます♪
はじめての路線、見える山々の名前が分からないのもまた楽し。でも妙高はその存在感に妙高山なんだろうなと認識できました!

妙高高原から7:20発の笹ヶ峰行きバスに乗り込みます。20人くらい乗車していたかしら。8:10到着。
トイレを済ませ、軽く首肩回し、ストック伸ばし、カメラを首から下げて…えとえとなんだかんだと準備に時間がかかり、バスで来た人の中で私がいちばん出発遅かったかも?(≧∇≦)

慌てる旅ではないのでのんびり。

登山届をだして、いざ出発o(^▽^)o
c0321967_2231570.jpg
8:35、木道を樹々の緑を楽しみながら進みます。
c0321967_18322045.jpg

木洩れ陽が気持ちの良い山歩き、夏に戻ったような清々しさ。
c0321967_18322124.jpg
気温はさほど高くないのだけど…ホットフラッシュ再発ちう。額から首から汗ぽたぽた。だらりだらり。
c0321967_183222100.jpg
荷物の重さも手伝って、汗かき過ぎだから、ペースを落として、行きましょう!爽やかな風が木の葉をかさかさ鳴らし、小川はさらさらせせらぎが耳にも優しい。
c0321967_18322321.jpg
ブナやミズナラの森、素敵な木道歩きがしばらく続きました。
c0321967_18322443.jpg
黒沢橋を渡ったのは歩き始めて1時間弱。ほぼコースタイムどおり。
c0321967_18322464.jpg
ツバメオモトの鮮やかな青い実が緑の中にポツポツと。
c0321967_18322691.jpg
お花は少ないけれど、シラネニンジンやアキノキリンソウさん達はどこに行っても元気に咲いていてくれる(*^^*)♪
c0321967_18322773.jpg
少しずつ勾配がきつくなってくる。十二曲がりの始まりだ!
c0321967_18322850.jpg
木の根っこちゃん、足がかりになってくれて歩きやすいのだけれど…根っこはホントは土の中にいたいのだろうね。人が歩くことで土が掘り起こされたり、流されたりで露出してしまうのだろうな。それでも強く地を這い、強く生きてくれているから、山は守られ、人も助けられているのだろうな…。そんなことを考えながら、登っていました
c0321967_18322932.jpg
アザミの花が次第にたくさん見られるようになりました(*^^*)♪
c0321967_18322975.jpg
コウヤボウキのお花はちょっとちっちゃめ。
c0321967_18323098.jpg
ツクバネソウの実は大きめ(*^^*)♪
c0321967_18323145.jpg
マイヅルソウちゃんの実はこれからルビーのように真っ赤になっていくのね。
くねくね十二曲がりを植物を楽しみながら、後続や下山の方々には進んで道を譲り、のんびり。
ツルニンジン、ジイソブさんもたくさん咲いていました。
c0321967_18323246.jpg
ついつい下から覗き込んでみたくなるのだけれど…危ない!何かいる!蜘蛛は嫌いなのだよ(T ^ T)
c0321967_18323311.jpg
危ない危ない。ヤマハハコさんで気分転換☆
c0321967_18323320.jpg
十二曲がりが終わっても意外と勾配は楽にならず…少しずつオオシラビソの針葉樹が増えて、岩も増えてきた感じ。写真は広葉樹林だけどね(≧∇≦)麓の鮮やかな緑より少し黄色みがかった緑に変わってきたような。そして時折鮮やかな紅も見られる。
c0321967_18323433.jpg
静かに雰囲気が変わる山歩き。とても心地良く歩くことができた。けれど…この日はテント泊装備、少しずつ腰に荷物の重みを感じてきましたよ。
c0321967_18323555.jpg
高谷池、黒沢池の分岐富士見平に到着したのは11:20 ゆっくりのつもりがほぼコースタイム。
水分補給をして、緩やかになった道をのんびり楽しみながら歩きます。
c0321967_18323690.jpg
三角お屋根の高谷池ヒュッテが見えた時はなんだか嬉しかったなぁ(*^^*)♪
少し雲が増えてきて、火打山の山頂付近には雲がかかっていたけれど、綺麗な山容、美しいお山。
c0321967_18323727.jpg
名前の由来は火打石に似てるから、なんて説があるそうだけれど…火打石の形ってどんなだ??
c0321967_18323872.jpg
オニアザミかな?アザミがホントたくさん咲いてたよ。
c0321967_18323966.jpg
メタカラコウの黄色も綺麗だった。
c0321967_18324048.jpg
この小さな白い菊はゴマナかなぁ?花々を楽しみながら時を忘れて歩いていたら高谷池ヒュッテが目の前にありました〜(*^^*)♪
c0321967_18324069.jpg
ヒュッテに到着したのは12:15くらい。なんだかんだ程よいペースで来れました(*^^*)♪
c0321967_18324142.jpg
テント泊の料金410円を支払い、タグを貰って、テント場へ。さほど広くはないテント場、良さげな場所は陣取られてる。ヒュッテでも今日は混雑が予想されるから、あとからくる方を助けてくださいねと言われたからまだまだ後続は来るだろう。樹木の下は虫が多いかもと思いつつ…収まりが良かったので、微妙な位置に設置(*^^*)☆
さてさてお腹が空いた。お湯を沸かして最近のお気に入り香草チキンのフォーとパンをぱくり。
お腹が満たされたら、火打山頂を目指しましょう!
c0321967_18324241.jpg
気持ち良い青空が広がってるのは東の方、西の方は雲もくもく。
c0321967_1832437.jpg
天気予報からは傘マーク消えてはいたものの、サブザックにはしっかりレインウェアと折り畳み傘を忍ばせておきましょ。
c0321967_18324530.jpg
ゴマナの花の群生や赤い実をいっぱいつけたナナカマドと湿原の風景。すっかり秋ですね(*^^*)
c0321967_18324552.jpg
湿原の風景は尾瀬に似ているようでやっぱりちょっと違う。
c0321967_18324640.jpg
でも同じように好きだなぁ…ここ。爽やかな風を感じながら歩きます!
c0321967_18324767.jpg
おっきなおっきなキヌガサソウ、実は私の拳大。
c0321967_18324987.jpg
ヨツバシオガマちゃんのお花は終わってしまったけれど、紅葉してなんだか熟女の装い。
c0321967_18325013.jpg
ブルーベリーみたいなこの子はクロウスゴかしら?ちゃんと調べて覚えたい…と思いつつ、放置(≧∇≦)
陽射しが強くて写真がなんだか落ち着きない感じだけれど、ホントに陽射しに暑いほどだったの。
c0321967_18325113.jpg
雲がかかっていた火打山も雲をはらいのけ現れたo(^▽^)o♪
c0321967_18325281.jpg
高地にある湿原のなんともいえない雰囲気に心が踊る!ぁぁ、来て良かった♪
尾瀬や会津駒の景色は見慣れたせいもあって心落ち着くという感じなんだけれど、初めて見る火打の景色にはワクワクドキドキ心が踊ったのo(^▽^)o♪
c0321967_18325322.jpg
白いイワショウブのある景色。少し赤みを帯びつつ、風に揺れる。
c0321967_18325445.jpg
すっかり赤みを帯びた子達はリンドウさんとランデヴー(*^^*)♪
c0321967_18325671.jpg
葉っぱが赤紫に変わってきたこの子はエゾリンドウちゃんかしら。それともオヤマリンドウちゃん?
c0321967_18325776.jpg
ヤマハハコが咲き、山肌の色も少しずつ穏やかな暖かな色合いに変わっているのね。ホントに優しい景色。
c0321967_18325896.jpg
池塘がある湿原は天狗の庭。空の青がとても綺麗ではじまりかけた草紅葉の色もなんだか愛しくて…ずっと眺めていたいような景色。
c0321967_1833037.jpg
いゃいゃ、山頂に行かなくちゃ♪
あっ!まだワタスゲぽゎぽゎちゃんいた〜o(^▽^)o♪
c0321967_1833157.jpg
天狗の庭を越えたら、少しずつ勾配がキツくなってきました。トウヒレンのお花を愛でたりしながらのんびり歩きます。
c0321967_1833278.jpg
タケシマランの赤い実があざやかで可愛らしい!
c0321967_1833350.jpg
エンレイソウは黒い実をつけていました(*^^*)♪
c0321967_1833413.jpg
少しずつ標高を上げつつ登ります。
c0321967_1833529.jpg
ツツジや笹に囲まれた狭い道もなんだか楽しい(*^^*)♪
そんな道をつけるとお山の向こうが見えました!
c0321967_1833628.jpg
あれ?道はどこ?って感じですが尾根を進みます!
c0321967_1833820.jpg
トリカブトの群生が見事でした☆
何人くらいの致死量の毒があるのやらψ(`∇´)ψイヒヒ。
なんて悪いこと考えたからバチが当たったか!?ぃゃ、当たったのは雨粒。
ぇ!?さっきまで陽射しでポカポカだったのに!?通り雨っぽいしすぐ上がるでしょ…と考えていたものの、少しずつ雨粒も大きくなってきた(T ^ T)
レインウェアを着込む登山者が多い中、私は折り畳み傘でしのぐのだ!!
ライチョウ平、雷鳥さんはお留守かな?っと思ったら、その上にいました、らい子ちゃん!
c0321967_1833895.jpg
ピーカンの青空広がってたなら、会えなかったかもしれないと思えば、恵みの雨、いい、いいo(^▽^)o♪
そして、山頂に着く頃しっかり雨は上がったもんね(*^^*)v
c0321967_1833964.jpg
ただまだ雲が多くて眺望は望めず…。
c0321967_18331052.jpg
山頂の標識を写真に収めて、オヤツのパンケーキをパクリとしてたら、虹発見(*^^*)♪
c0321967_1833118.jpg
流れゆく雲の切れ間から山々を眺めたり。
c0321967_18331218.jpg
天狗の庭な高谷池を見下ろしたり、気持ちの良い時間。のんびりしていたいけど、怪しげな雲はまだまだあるので、崩れないうちに下りましょう。
c0321967_18331347.jpg
元気なアザミさんを愛でたり。
c0321967_18331447.jpg
秋色のシシウドさんや湿原を楽しみながら。
テント場に戻ると随分と増えていたような。
c0321967_18331554.jpg
さて気づけば、もう、17時だもの。お腹も空いたもの(*^^*)☆
ヒュッテで買った缶ビールは新潟地ビール、風味爽快ニシテ!
c0321967_18331684.jpg
荷物の多少の軽量化のため食事はお粗末。カレーめし。意外と美味しくて便利便利。箱からジップロックに移して、二重にしてたのに、ザックの外まで香っていたけれど(≧∇≦)
c0321967_1833173.jpg
お腹が満たされた頃、静かに陽が落ちようとして、最後の輝きを見せてくれていました。
c0321967_1833181.jpg
夕空にオレンジに染まる雲もやっぱり秋色ね。
c0321967_18331924.jpg
辺りが薄暗くなったらテントに入り、赤ワインちびちび。翌日の妙高山、燕温泉への道のりを確認しつつ…ちびちび。

眠りに着いたのは9時過ぎだったかしら。そうそう寝る前に見上げた夜空はとても綺麗で…星空撮影に挑戦しようかと思ったけれど…設定をすっかり忘れてしまって、数枚チャレンジして全部消去して…肉眼でしっかり脳裏に焼き付けて満足(*^^*)☆☆☆

さ…翌日に備えておやすみなさ〜ぃ(( _ _ ))..zzzZZ
[PR]
by woodnote2014 | 2014-09-18 18:31 | 山歩き | Comments(2)
Commented by yamausagi-sa at 2014-09-18 22:30
みっちゃん、こんばんは〜
妙高高原と聞くと、どうしてもスキーと赤倉温泉をイメージしてしまうんだけど、次回からは、この風景を思い浮かべる事になりそうだよ〜!

駒や尾瀬に似ているけどやっぱり違う、良い山だね。
私も歩きたい山リストに登録しておきましょっと(^-^)/

二日目はどんな光景か楽しみだ〜♪
Commented by woodnote2014 at 2014-09-19 07:16
山うさぎさん、おはようo(^▽^)o♪
妙高高原でスキーもいいねっ!!

秋の火打、もう数週間遅い方が紅葉が綺麗なんだろうけれど、人の少なさを狙って、初秋に行ってみました。

テント担いでの縦走は疲れたので次回は火打だけにしようかなと思いつつ、また行きたくなっています(*^^*)♪