「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

2014夏休み山行は表銀座縦走 day_2

深夜に風でドアがギーギーとなる音に目覚めたりもしたような…それでも、たっぷり歩いた心地よい疲労でぐっすり眠り、気持ち良く目覚めたのは4時少し前。
気持ちの良い朝と言いたいところだけれど、聞こえてくる風の音、時折聞こえる雨の音に少し気分も曇る。
天気予報は概ね曇り。土砂降りの雨予報ならば下山も厭わないのだけれど、意外と大丈夫かも?そんな希望的観測をしつつ朝ご飯をいただいたのは4:30と早い!

5:00前には常念へと向かわれるという同室だったお姉様方に挨拶をして外へ。
薄明るくなっていて北アルプス北部の山々が綺麗に見えました(*^^*)☆
c0321967_21242639.jpg




どんより雲も多めだけれど、太陽の気配がかすかに感じられ…
あれ?あれが太陽?
c0321967_21242658.jpg
いやいやあっちは南寄り。東はこっちだもの!
c0321967_21242787.jpg
少しは太陽の形を認識できたらいいなと思っていたけど、これが限界でした。
c0321967_21242886.jpg
さて、ザックを背負いテント場を抜けて、まずは大天井ヒュッテへも下ります。5:20
c0321967_21242990.jpg
なんとなく巻く感じの道を想像してたんだけど、岩ゴロゴロ意外と下る。
c0321967_21243090.jpg
イタドリやミヤマホツツジを眺めたりしながらも、足元には注意しなくちゃね。
c0321967_21243331.jpg
緑いっぱいの深い谷。なんだか吸い込まれそうたもの。
c0321967_2124313.jpg
そんなに危ないところを歩いた記憶は無いけれど、写真で見るとすごく高度感があるのよね。
c0321967_2124324.jpg
大天井ヒュッテに着く前にあれれ?予想外の雨!?霧雨と言った感じ。レインウェアは上だけ着ていたけれど、小屋の前でザックカバーをかけておきましょう。
c0321967_21243494.jpg
お気をつけてと大きな石に見送られて進むと、花々が声をかけてくる。ヨツバシオガマが沢山咲いていたからピンクの花は、全てヨツバシオガマのように感じていたけど
c0321967_2124362.jpg
ん?ん?ん?少し色と形の違うコ発見(*^^*)☆ テガタチドリちゃんね♪
c0321967_21243532.jpg
その他にはハクサンフウロやグンナイフウロが咲いていたり
c0321967_21243727.jpg
オタカラコウかな。
c0321967_21243778.jpg
ウメバチソウもたくさん(*^^*)♪
c0321967_21243949.jpg
シラネニンジンもたくさん。雨がパラつく中、可愛らしく咲いていました。ボケてるけど(≧∇≦)
c0321967_21244040.jpg
お花をパチリパチリ多くの人に抜かされつつ歩き、ビックリ平に着いたのは6:45
c0321967_2124416.jpg
雨はさほど強くないものの、雲の中にきたのね。晴れの日ならもっと気持ち良いであろう稜線歩き、無い物ねだりはやめにして天然ミストを楽しみながら歩きましょ(*^^*)
c0321967_21244241.jpg
岩場の陰にトウヤクリンドウちゃん発見♪
c0321967_21244371.jpg
のんびり歩いていたら反対方向から歩いてきた方が間に合えばこの先で雷鳥さんと会えると教えてくれたので、少し急ぎ足(≧∇≦)ぉ☆いた〜!!
c0321967_21244516.jpg
お母さん雷鳥さんと子供たち2羽。
c0321967_21244497.jpg
お子ちゃま達はわんぱくでじっとしていてはくれません!
c0321967_21244629.jpg
そんなお子ちゃま達を優しく強く見守るお母さんは、じ〜っとしててくれるから、写真も取りやすい♪
c0321967_21244730.jpg
ガスガスのモヤモヤの山道も雷鳥さん達との遭遇確率上がるから、いいよね♪ 自然に逆らわず、モヤった世界を楽しみます!
c0321967_21244851.jpg
ピークを巻いたり、登ったり…
c0321967_21244923.jpg
ピークが見えてくるたび、登らなくていいから、まこう、まこうと心の中で念じて見たり。えへへ。
c0321967_21245043.jpg
風が少し出てきて、雲がすすすーっと動く。真っ白で何も見えなかったのが少しずつ山腹の緑が見えたり。ちらっと太陽の気配を感じたり。(*^^*)☆快晴じゃなくとも山歩きはやっぱり楽しいのです!
c0321967_21245315.jpg
毒草として有名なトリカブトさん達、花は個性的で色も繊細な違いがあって、なんとなく好き(*^^*)♪
c0321967_21245266.jpg
少しお天気回復傾向?と思うと嬉しくなって巻いて立ち寄らなくていいと思っていた西岳山頂についつい立ち寄ってしまう!何も無い狭いピーク(≧∇≦)
c0321967_21245481.jpg
お天気は決して回復せず…とりあえず小屋まで下りませう。
c0321967_21245127.jpg
ヒュッテ西岳到着は9:00ちょうど。朝ご飯が早かったから小腹が空きました。小屋でドリップコーヒーを注文、小屋軒下で持参のシナモンロールと共にいただきました。んまい(*^^*)♡
お山は雲に見え隠れ、そんな雲の動きを眺めているのもまた楽し。
c0321967_21245594.jpg
c0321967_21245691.jpg
お腹が満たされたら、お手洗いもお借りして、元気にリスタートo(^▽^)o♪ここからは随分下りました。ハシゴやクサリもあって、慎重にゆっくり。雨はパラパラ少し粒が大きくなったり小さくなったり。
c0321967_21245822.jpg
疲れたらお花を愛でながら深呼吸。ヤマハハコちゃんにミヤマママコナちゃん(*^^*)/
c0321967_21245917.jpg
水俣乗越に着いたのは10:30
c0321967_2125058.jpg
雨がしっかり降ってきた。抜きつ抜かれつしていたご夫婦と一緒に休憩。あとは登りばかりだけど、2時間もすれば…と、塩飴舐め舐め、行きませう!お元気そうな単独女性がそそくさと出発されたので後を追う。
先に歩かれている方がいると先の道が分かりやすいし。…と思ったのに、あっさり離されてしまいましたとさ(≧∇≦)
自分しっかり道を見極め行きませう
c0321967_2125111.jpg
いやいや、なかなかどうしてしんどい道。でも前日に比べたら全然元気。あんまり汗かいてないからかしらね。登って登って…長いハシゴを下りる。このハシゴ、ほんとに長かった。がっしりとした鉄梯子だから怖さはないと思いつつ、なかなか下に辿り着かなくて、足滑らせたら…なんて想像してしまったら怖くなった。今まで一番怖い梯子は焼岳と思っていたのだけど、あまりの長さに東鎌がトップに踊りでましたよ!
c0321967_212524.jpg
いやいや怖い思いをしたあとは、心に安らぎを!
c0321967_628223.jpg
ハクサンイチゲを愛でたり。
c0321967_2125376.jpg
えっとこの低木の花はスイカズラ科よね。
水滴まとい可愛らしいイワギキョウちゃんや
c0321967_2125512.jpg
イワツメクサちゃんを眺めながら…最後の登り。
c0321967_2125748.jpg
水墨画のような景色を眺め…
c0321967_212575.jpg
ヒュッテ大槍が見えて来た時はホッとしたなぁ(*^^*)♡12:40
c0321967_21251070.jpg
天気が良ければ、荷物をデポして槍の、てっぺんへと向かいたいところだけれど、雨でカラダは冷えているし、お腹空いたし(≧∇≦)小屋にチェックインしちゃいましょ。
中では先を歩いていた女性が食事をされていて、その方はテント担いで、燕から槍まで1日で歩いて来られたそう。お山にはツワモノいっぱい。私なんてまだまだだゎ(≧∇≦)
さて、小屋に入ったら衣類は下着まで総とっかえしてサッパリしたら、缶ビールぷしゅって持参のスコーンとレーズンパン食べて…缶ビールはロング缶にしちゃったものだから、鮭とば食べつつ、呑兵衛たいむ。
もしかしたらテント場にいるかもしれない駒仲間を探しに行く気はすっかり失せていたのだけど…ヒュッテ大槍、wifi使えるのね。データの読み込みにすごく時間はかかったけど、友人ふた組は悪天のため下山したと知れば、もぉまったりモードです(*^^*)♪
お昼寝しようか、参考途中でレポ書いてしまおうかなんて思いつつ、のんびり。
同室の方とお話ししたりしてたらあっという間に夕食の時間☆美味しい夕食をしっかり頂いて…この日は泊まり客が少なかったからすぐに食堂は解放されて、飲み会モード。同室の女性は悪天のため連泊されていたので連泊仲間ができていて、そこに加えてもらって…利き酒大会!?(≧∇≦)
c0321967_2125988.jpg

美味しい生酒3種を飲みつつ山談義。消灯間際まで楽しい時を過ごしましたとさ…

さて…翌日の天気も雨模様。
上高地に下りよか新穂高に下りよか、さてさてどうする?と思いつつ就寝(( _ _ ))..zzzZZ
[PR]
by woodnote2014 | 2014-08-19 21:23 | 山歩き | Comments(2)
Commented by tabbi at 2014-08-20 01:21 x
こんばんは~
この日はどこも似たようなお天気だったんですね・・・

初日の燕から大天井までは懐かしくって、同じく最後の大天荘までの登りは辛かったなぁと思い出してました(´ー`)

歩いたことがない東鎌は、雨交じりのレポもなんだか楽しそうで^^
海の日連休は雨にやられて行かずじまいだったので、レポで楽しませてもらいました!!

レポの続きも楽しみにしてます^^
Commented by woodnote2014 at 2014-08-20 22:12
tabbiさん、この夏は変なお天気で特に休日はあいにくのお天気ばかりで残念ですよね。
雨なら雨で楽しんじゃう私ですが…
雨に衣類はもちろんザックからレインウエア、靴までびっしょり帰りの荷物が重かったです。

歩いた道で事故があったと知り、恐怖を感じてしまったけれど、それでもやっぱり山が好きなんですよね(*^^*)♪安全に楽しみましょ!!