「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

お天気屋さんな至仏山へ Vol.2

7月27日朝4時起床。お湯を沸かしながら、シュラフやシュラフマットなどなどをくるくる畳んで片付けて…アルファ米のご飯にお湯を入れたら、珈琲いれて飲みながら、まったり荷物整理。
朝ごはんは鯛のだし茶漬け(*^^*)♪
お腹が満たされたら、テント畳んでザックにまとめます!

さてズシっと腰に重さを感じつつ、自然見本園、至仏山登山口へと向かいます!
c0321967_20371928.jpg




前日、尾瀬ヶ原でたくさんのトキソウを眺めたけど、以前は同時期にたくさん見たサワランがないなぁと思ってたところに1輪発見(*^^*)♪それも美人さん。キンコウカと蜘蛛の巣のそばでひっそりと…

自然見本園はまだ朝靄に包まれていて、散策を楽しむ方もシルエット。
c0321967_20372481.jpg
c0321967_20372349.jpg
燧方向、振り返ると太陽の気配。尾瀬の朝が始まります!
c0321967_2037225.jpg
光に背中を押されながら…林間へ
c0321967_20372194.jpg
登山届を書いてポストに投函。
c0321967_20372612.jpg
さ、登りますよ〜o(^▽^)o♪
c0321967_20372879.jpg
いやぁ、登りになってはじめて感じるテント装備のザックの重さ。テントは少し湿っているし、食材は無くなり軽くなった筈だけど、ハイドレーションシステムに1.5kgの水入れたし…16kgくらいあったみたい(帰りの温泉で測量)。ズシっと腰に重さを感じつつ、まぁのんびり行きましょう!
c0321967_20373192.jpg
ヤマブキショウマみたいなのとかオオバギボウシやら花々を愛でながらゆっくり。ゆっくりしか歩けませんて(≧∇≦)
c0321967_2037324.jpg
ミネウスユキソウさんに朝陽が当たる。陽射しが感じられるようになって振り返ると樹林の合間から見える朝靄。尾瀬ヶ原では白虹なんてみられてるんじゃないかなぁなんて…まだ見ぬ憧れの白虹に想いを馳せたりしつつ、上へ。
c0321967_20373456.jpg
この辺りのイワシモツケはもう終わりなのかな?上にあるものの方が白くて綺麗だったかも。
c0321967_20373572.jpg
ミヤマダイモンジソウも可憐に咲き…
c0321967_20373686.jpg
くるりん、コオニユリさんも咲いてます。
c0321967_20373819.jpg
荷物も重いし、急ぐ理由もないのでのんびりのんびり歩くことを楽しみながら進みます。前ばかり見てもいられないし(*^^*)尾瀬ヶ原にかかっていた靄はさささーっと引いていきます。
c0321967_20374267.jpg
上の写真と下の写真の撮影ラグは2分ほど。牛首辺りまで雲がひいていきました。
c0321967_20374355.jpg
振り返ってばかりもいられない。森林限界を超えたら気持ちの良い青空も見上げなくっちゃ。
c0321967_20374624.jpg
美しい緑の中にはオオバギボウシがたくさん咲いていました。
c0321967_20374872.jpg
蛇紋岩の岩岩もあるので、足元にも気をつけつつ、一歩ずつ。
c0321967_20375035.jpg
それにしても青空綺麗だ〜o(^▽^)o嬉しくてついつい空を見上げてしまう。足が止まると汗がぶわっと吹き出す…あーづーひー!!!と嬉しい悲鳴。
c0321967_2037534.jpg
すっかり靄が取れたね。綺麗だね。とキスゲさんと一緒に眺めます(*^^*)♪
c0321967_20375523.jpg
わずかに残るぽわぽわワタスゲさん達にハナニガナさん達。
c0321967_20375727.jpg
大好きなシブツアサツキちゃん、この子はまだ咲きはじめかな?
c0321967_2037585.jpg
別アングル、やや逆光でも撮っておきましょう(*^^*)♡
c0321967_20375938.jpg
さてさて鎖場登場です!いや見た目ほど大変ではないんですよ。鎖なくても登れるんだけれど、今回のザックは重いのだ!油断大敵、慎重にいきましょう♪といいつつ、楽々くりあ〜!
c0321967_2038137.jpg
コメツツジさんを眺めながら呼吸を整えたり
c0321967_2038323.jpg
尾瀬ヶ原を振り返りながら、ゆっくり。
c0321967_2038535.jpg
日光方面の景色もゆったり眺めます。
c0321967_2038717.jpg
c0321967_2038852.jpg
お天気が良いと花々も嬉しそうに見えて、私も嬉しくなり、暑さになんて負けずに歩きます!
c0321967_20381011.jpg
今度は三人娘のシブツアサツキちゃんに出会えた!
c0321967_203813100.jpg
ハクサンシャジンかな?ツリガネニンジンと見分けられないのは仕方ないよね?(≧∇≦)
c0321967_20381547.jpg
ウサギギクちゃん、こんにちは。
c0321967_20381669.jpg
オトギリソウちゃんもいっぱい咲いていたね!
c0321967_20381861.jpg
ミネウスユキソウさん達もね、たくさん会えました(*^^*)♪
c0321967_2038195.jpg
タカネナデシコさんもはじまりました〜!!
とお花を楽しんでいると歩が遅くなり、道をどんどん譲ります。軽快な足音が近づいてきたので、端っこに避け、どうぞ〜と声をかけようとしたら…あれ?見覚えがあるぞ。駒の小屋で二度三度、忘年会でも会ってるKくんだ!こんにちは〜o(^▽^)o♪
いや〜今回は知り合いに会わない旅を決め込んでいたのに、びっくりなタイミングで会うもの!!ふふふ。
パーティが健脚組と後続とふたつに分かれてしまったので健脚組に待ったをかけるべく走って登って行かれた!タフだもの。
c0321967_2038212.jpg
いつしか至仏の西側からもくもく雲が出てきて、怪しげなお天気になってきたけれど、太陽さんに少し休んでもらいましょ。暑くて暑くてたまんないんだもの(≧∇≦)
c0321967_20382240.jpg
少し風を感じながら、山頂までの景色を楽しみます!ああ、霞んでるけど鳩待峠が見える。いやぁ遠いゎ!
c0321967_20382427.jpg
慌てずのんびりお花を愛でながら進みましょ。ね、ホソバツメクサちゃん。
c0321967_20382524.jpg
ああホソバヒナウスユキソウちゃんも咲いてる〜o(^▽^)o♪
c0321967_20382713.jpg
タテヤマリンドウちゃんにミヤマコゴメグサちゃんも仲良く咲いていた!
c0321967_20382823.jpg
この辺りのチングルマちゃんはすっかり果穂になってたね!
c0321967_20383085.jpg
そして…あれれ?あれれ?この小さなキミ、オゼソウちゃんよね?
アオヤギソウくらいの大きさを想像してたらツクシサイズ。可愛いのね〜!
c0321967_20383246.jpg
尾瀬の名を持つお花ちゃんだもの、すごくすごく会いたいなと思ってたの♡会えて嬉しかったなぁ♪
c0321967_20383362.jpg
シラネニンジンやミツガシワなどなど白いお花も緑の斜面を華やかにしていたよ。
c0321967_20383599.jpg
そんな中、大人っぽいピンク色はジョウシュウアズマギクさん。
c0321967_20383785.jpg
素敵な女性でした(*^^*)♪
c0321967_20383939.jpg
o(^▽^)oいつしか登頂!!9:25
c0321967_20384060.jpg
ザックを下ろして、羊羹食べながら、少し休憩(*^^*)♪と思ってたら雨がぱらぱらりん。午前中までは持つかなぁと思ってたんだけどな。
小雨程度だったのでレインウェアを着るまででも無いかなぁと思ったけれど、首から下げたカメラを守るために上だけ着ておきましょっと。
長居はしない方が良さそうだから、9:40下山を始めましょ。でもね小至仏までの稜線にもお花が沢山なのよね!雨に負けずにパシャりパシャリ。
c0321967_20384227.jpg
ムラサキタカネアオヤギソウさん
c0321967_20384387.jpg
ミネウスユキソウさんやホソバヒナウスユキソウもたくさんまだまだ元気に咲いていてくれました。
c0321967_20384568.jpg
と呑気にお花を楽しんでいたら、雨が強くなってきた。いかんいかん。レインウェアの下も履き、ザックカバーもかけなくちゃ。あたふたあたふた。
c0321967_20384677.jpg
雨はふれどお花はやっぱり楽しみたい〜!ねぇ、タカネシオガマちゃん!
c0321967_20384817.jpg
岩場の影には、ムシトリスミレちゃん。本で名前は知っていたけれど、お会いするのは初めてでした〜!
c0321967_20384972.jpg
ハクサンシャクナゲちゃんも雨に打たれて少しうつむいちゃったかな。
c0321967_20385110.jpg
イブキジャコウソウちゃんは雨になんか負けない感じ。
c0321967_20385295.jpg
タカネシオガマちゃんは雨に潤って透明感増してきた感じ(*^^*)♪
c0321967_20385495.jpg
ガスガスの中を小至仏へと向かう。4月末にスキーで来てこの辺りはすっかり雪の下だったから岩岩ごつごつをちっとも感じなかったんだよなぁ。雪が優しくつつんでくれていたんだよなぁなんて思いながら…4月とは違ってちょっと意地悪な白さに包まれた道を行く。
c0321967_20385683.jpg
タカネバラさんにも会えました!そして小至仏到着10:50
あれ?やたらと時間かかっちゃったな。レインウェア着込んだり、登りの人や先行く人に道譲ったり、滑りやすくて慎重になったり。まぁ写真撮るのに足を止めてるのが長過ぎたかな。まぁ、のんびりいきましょう。
c0321967_20385863.jpg
でもねぇ…雨がどんどん酷くなってきたもの。あんまりカメラを濡らしちゃうのも可哀想。といいつつハクサンイチゲさんやら
c0321967_2039097.jpg
シナノキンバイさんに会えるとついついパシャリ。
c0321967_2039298.jpg
ウラジロヨウラクさんに会う日はいつも雨。雨が似合う女だなぁ(*^^*)♪なんて思いながらパシャリ。
c0321967_2039383.jpg
c0321967_2039579.jpg
笠ヶ岳への分岐を越えて、小湿原。ここも静かで素敵なところなんだけど…雨ザーザー。晴れていたら、まだまだぽわぽわ楽しめそうだったのに残念。しっとりワタスゲさん、また来年ねっ(*^^*)/
c0321967_2039753.jpg
まだまだ違うお花ちゃんも見られたんだけど、撮れなかったり、あまりのボケっぷりだったり(≧∇≦)沢山のお花を楽しめたけど、なんだか前回より減ってる気がしたなぁ。気のせいだといいな(*^^*)♪
c0321967_20398100.jpg
雨は勢力を増すばかり…もう急いで下りる〜!!!団体さんを何組か抜かさせてもらい、12:30下山完了。
c0321967_20391031.jpg
山の天気は変わりやすいと言うけれど…登りの天気と下りの天気、差が激しすぎだよ、お天気屋さんなんだから至仏さんてば!

鳩待峠に着いた途端、あれ?雨が小ぶりになった!トイレに寄ってレインウェア脱いで、ザックカバーも片付けちゃいましょ。
大雨が嘘のように良いタイミングでおさまってくれたのでよしよし!

乗合タクシーで戸倉連絡所へ着くとすぐに上毛高原行きのバスが来る時間だったから、乗っちやって、鎌田で降りてみた!
寄居山温泉ほっこりの湯で気持ち良く汗を流し、姉妹店かたしなやさんで地ビール水芭蕉と盛りそば、舞茸天ぷらを頂いて、満足、満足。そして…帰路に着いたのでした。バスに座れなかったらどうしよう?という不安もなんとかギリギリ座れて、ラッキー、ラッキー!

雨はあれど、それも自然。
2014年テント泊山行はちょっと頑張って至仏山でした〜o(^▽^)o♪


[PR]
by woodnote2014 | 2014-08-02 20:36 | 山歩き | Comments(0)