WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

ご機嫌斜めの女王さま☆仙丈ヶ岳

海の日の三連休。今年は梅雨入りがたしか早かったから、早く明けるだろうとの希望的観測は裏切られ、当初の黒戸尾根からの甲斐駒と仙丈という計画は…
いゃ、計画が狂ったのは天気のせいではなく、芦安・白州への夜行バスが道路崩落のために運休になってしまったからなのだけど、変更を余儀無くされ、仙丈のみの山行となった。
仙丈だけならば、テン泊で行きたいところだったのだけれど、駒の姉さんから教えてもらった山小屋、電話をした時のご主人の雰囲気がとっても良かったし、お天気もまだ不安定なので、そのまま大平山荘泊とすることに…。

甲府から代替運行の奈良田経由広河原行き、北沢峠行きのバスに乗り換え、南ア入り。降り立ったところに素敵な景色。やっぱり山はいいね。
c0321967_20203698.jpg




クリンクリン、九輪草を眺めつつ、本日のお宿、大平山荘さんへ。
c0321967_20204252.jpg

舗装道を通り行くのかなと思ってたらショートカット道あった♪

静かな針葉樹林帯に入って行くと…
c0321967_20203728.jpg
ホソバノキソチドリ発見o(^▽^)o♪
c0321967_20203829.jpg
美しいギンリョウソウちゃんもいっぱい。
c0321967_20203955.jpg
ちっちゃなキノコちゃんも仲良く並んでいた。
c0321967_20204024.jpg
そんな景色を楽しんで煙突から煙が登る大平山荘さんへチェックイン!
c0321967_2020419.jpg
もくもく煙は、薪ストーブから出ていました。雨が降ったり止んだり、気温が低かったのね。
c0321967_20204321.jpg
綺麗な山小屋、入るとまっすぐ通路、その両脇に畳の小上がりといった感じで、天井には南アのポスター達が貼られていました。
c0321967_2020446.jpg
お昼ご飯はバスの中で、ちっちゃなパンをひとつ食べただけだったので、生ビール飲んじゃったりなんかして、パンとおつまみなんか食べちゃって。13:30頃。
雲がなければ北アが臨めるベンチに座ってね(*^^*) 雲がもくもくで見えなかったけどね。
c0321967_20204535.jpg
それでも青空覗いたりして、気持ちの良い昼下がり。ベンチの前の草むらには…雑草のごとく、雑草に紛れて咲くゴゼンタチバナさん。
c0321967_20204645.jpg

まぁ、珍しくもなくなっちゃったので、あんまり写真に撮らないし、若干雑草のごとく扱っちゃったりしてたけど…そんなゴゼンタチバナさんの葉っぱにちょこんと2匹のちっちゃなバッタさんが、虫嫌いの私の目にも可愛らしく映っちゃったよ。

時はまだ14時。
戸台口方面への遊歩道があったので、少し歩いて見た。
c0321967_20204638.jpg
可愛らしいコイチヨウランちゃんや
c0321967_20204784.jpg
クルマバソウちゃんやら
c0321967_20204816.jpg
ヨツバムグラさんなど、ちっちゃなお花が静かに咲いていたよ。
c0321967_20204992.jpg
ホソバノキソチドリさんもo(^▽^)o♪

小屋の周辺をお散歩したり、のんびり小屋で過ごしたり…
夕食は16:30頃から。副菜たっぷりカレーライス。ことこと煮込まれたそうでまろやかで優しいお味でした(*^^*)♪
c0321967_20205071.jpg
消灯19時。いつもなら眠れるわけが無い時間なのだけれど、前夜、ついつい夜更かしをして寝不足だったものだから、消灯前に寝付けちゃった(( _ _ ))..zzzZZ

3:10頃起床。小屋外のトイレに行きながら見上げた空に満天の星o(^▽^)o☆天の川も見られたよ!!
ええ、ええ、写真などありませんけどね。

お弁当にしてくれた朝ごはんを小屋外で食べて…その時には満天の星空はすでに雲隠れ。

小屋出発は4:05となりました。
北沢峠からの入山は4:20 まだ薄暗いので、ヘッデンで足元照らして歩きます。

さて…仙丈ヶ岳の山頂目指して進みます!
標高3033mのお山。尺貫法の単位で表せば1000.8丈で、千丈ヶ岳との記載も残ってるとか。カールの広さで千畳との云われもあるようだけど。
北沢峠は標高2030m、ちょうど千米ほどの高さを登るわけですよ♪

少しずつ空が明るくなって来て、茜色の雲が樹間から見えるなぁと思っていたら…
c0321967_20205171.jpg
太陽さんが山々、樹林帯の隙間を縫って…いや、光は縫うようにはなかなか進まないけれども…光を私に届けてくれました〜o(^▽^)oひゃっほ〜♪
c0321967_20205450.jpg
進む山の道もほんのり橙色に染まって、気持ちの良い朝です!
c0321967_20205481.jpg
たんたんと登り、キバナノコマノツメちゃんに出会ったのは3合目、4合目の辺りだったかしら。
c0321967_20205624.jpg
雲の切れ間から北岳さんが顔を覗かせてくれたり
c0321967_12413431.jpg

c0321967_20205722.jpg
鳳凰三山が見えたり…気持ちの良いお天気になったなぁと思いながら
c0321967_20205866.jpg
五合目大滝頭を通過6:00
そこから少しずつ土や根の這う山道から姿を変えていった。
c0321967_20205979.jpg
高度も上がってきて息も切れやすい。慌てず急がす一歩ずつ。
山に立ち向かうのではなく、山に溶け込むように歩きたいなと意識して、呼吸を整え、進みます!

樹林帯を抜け、飛び込んできた緑のお山の美しさo(^▽^)oそして開放感♪
c0321967_2021067.jpg
気持ちイイ〜!!仙丈藪沢小屋のロケーション素敵っ♪
c0321967_2021177.jpg
雲海に浮かぶ山々達を見下ろし、深呼吸♪
c0321967_2021295.jpg

c0321967_2021383.jpg
ハイマツの花々も鮮やかで、そんな合間の道を進むのも楽しい♪
c0321967_2021358.jpg
この辺りからお花達も現れてくれました。
c0321967_2021458.jpg
この子はツガザクラちゃんかなぁ?と思ったけど、葉っぱが違うね。ちっちゃなツツジさんは難しいや。
c0321967_2021627.jpg
コイワカガミちゃん達は色濃く潤って艶っぽい(*^^*)
c0321967_2021768.jpg
ミネズオウちゃんははじめまして☆
c0321967_2021828.jpg
アオノツガザクラちゃんもいっぱい咲いていてくれました(*^^*)♪
c0321967_12274572.jpg
c0321967_1227472.jpg
お花ちゃん達を楽しんで…小仙丈ヶ岳、7:10通過。いつしかガスが濃くなって、展望は楽しめなかったの。お先真っ白さ。
c0321967_202197.jpg
花々がなぐさめてくれたから、ま、いっか(*^^*)♪
c0321967_2021963.jpg
地を這うようなシャクナゲちゃんも2種か3種か咲いていた。
c0321967_20211016.jpg
そっぽ向いてる子が多かったんだけれど。たくさん咲いていました。でも、もうすぐ終わりかな。会えて嬉しかったよ!
c0321967_20211166.jpg
c0321967_20211220.jpg
イワツメクサちゃんはこれからかな。
c0321967_20211364.jpg
オヤマノエンドウさんにイワウメさん。少し霧というか小雨が降ってきて、ちゃんと撮ってあげられなくてごめんね(^◇^;)
c0321967_20211417.jpg
ヨツバシオガマちゃんと思って撮っちゃったキミは、ミヤマシオガマちゃんだったのね♪
c0321967_20211596.jpg
ハクサンイチゲちゃんもあんまり見かけなかったけどこれからかな?

お花ちゃん達を楽しんで歩き、ガスの中、あれが山頂かな?と思ったら、騙された(^◇^;)
c0321967_20211636.jpg
このピークを巻いた先が山頂でした!
c0321967_20211743.jpg
8:35登頂o(^▽^)oガスガスだけど〜!!
ザックを置いて、チョコミントポッキー食べながら、晴れろ〜と念じてみるも晴れず。イワベンケイさんに慰めてもらいました。
c0321967_20211884.jpg

団体さんがふた組も登ってきたので賑やかに。じゃぁ、私は下りましょ。
下って行くと私も山頂?と思ったピークを指し、「あれが山頂ですか?」とすれ違うオバサマに聞かれ、「と思うでしょ〜!!」と言ったら、悟りガッカリしたご様子だったので「でもあれを巻いたらすぐですよっ♪」と教えてあげました。

下りは馬の背ヒュッテ経由で五合目に抜けようかと思っていたけれど、小仙丈尾根の景色も天気が回復すれば見られるかもと…上りと同じ道を来たのだけれど、なかなかね。
まぁ焦らず、岩場は上り下り譲りつつゆっくり安全第一で通りましょ!
c0321967_20211922.jpg
小雨は気のせいだったかなって感じですぐに止んだものの、ガスはなかなか切れず。
それでも少し視界がよくなったりも。
c0321967_20211950.jpg
雲の中の景色を楽しみながら下ります。
c0321967_20212082.jpg
ナナカマドさんも花盛りで水も滴るいい女o(^▽^)o♪
c0321967_20212168.jpg
小仙丈ヶ岳に戻って来たのは10:00前くらいだったかな。そこで少し休憩して…少し陽光差して暖かい光を感じてから、また下ります。
そうしたら雲が窓を開けてくれて…甲斐駒さん、姿を見せてくれるのかと期待させるだけさせといて、また雲隠れ(≧∇≦)
c0321967_20212357.jpg
もうね、下りて山ビール(←生ビールって打つつもりがミスタッチ。でもそれが気に入ってそのまんま!)を楽しみに、せっせと下ります(*^^*)
c0321967_20212313.jpg
お天気は相変わらずパッとしなかったけど、靄に包まれた樹林帯もなかなか素敵でした☆
c0321967_20212454.jpg
12:20下山完了!
こもれび山荘さんで生ビールと山菜そばを頂いて…帰路についたのでした。←まさにイマココ
代替路線、甲府行きの到着時刻が遅れ、5分の差で指定をとってた電車に乗れなかったものの、臨時特急の自由席に座れて、あと40分ほどで帰宅となりました!

予定がいろいろ狂えど結果オーライ☆良い山旅でした。
でもでもでも甲斐駒も仙丈も晴れた日にまたチャレンジだ〜o(^▽^)o♪
[PR]
by woodnote2014 | 2014-07-21 20:17 | 山歩き | Comments(9)
Commented by akko-kornblume at 2014-07-22 17:38
みっちゃん、出来る女はまた帰路でblogアップ、さすが!

女王さまはご機嫌斜めだったのね。
朝は期待させるお日様も輝いていたのにね(^-^;
でもでも、さすが花の山だね、いっぱい咲いてるね~♡
Commented by akko-kornblume at 2014-07-22 17:41
間違えて送信しちゃったから、続き!

綺麗なカールを見にもう1回行かないとだね。
大平山荘さんの夕飯美味しそう~♡

夏山はまだ始まったばかり♪
今年も楽しんじゃおうね~(^-^)/
Commented by yamausagi-sa at 2014-07-22 22:04
クリンソウのお出迎え、綺麗だね〜(*^^*)♪
さすが姉さんが教えてくれた小屋、いい雰囲気だ〜!
ガシガシ歩くのもいいけど小屋でゆっくり過ごす時間も至福の時だもんね。

夜明けの時間、写真で見ててもうっとり♡
茜色の雲と木立から見える太陽に感激だね。この太陽が隠れちゃうなんて女王様はほんと、気まぐれなのね!
でもリベンジの楽しみが出来たと思えばまた楽し、かな…

仙丈は花の山だったのね、まだ見た事がない花もある〜
これをすぐに名前がわかってブログをアップ出来るみっちゃんて凄いです。
Commented by woodnote2014 at 2014-07-23 06:35
あっちゃん(*^^*)♪ 帰りの道中長くって、バスも電車も通路側で車窓からの景色も楽しめる感じじゃなかったので…出来る女頑張りました☆
女王様は優しくもやっぱりSなのか…森林限界越えるまでは良いお天気だったのに、美しい景色を見せては貰えなかったよorz
甲斐駒さんにいたっては、樹林帯の中にいる時は気配を感じさせてくれたものの、見えるとこに私がいる時は雲隠れ…
どちらも「またおいで!」と言ってくれたようです。
藪沢新道は今月いっぱいぐらいはダメだった。雪が多い時は通れるけど、薄くなって来て、危険な今は通れないのね。
また来月か再来月にでも行きたいなぁと考え中(*^^*)♪ カールの広がる雄大な景色が見たいもの☆
Commented by woodnote2014 at 2014-07-23 06:40
山うさぎさん(*^^*)♪ お山でのんびりはホントに贅沢な時間。バスで来ただけで全然歩いてなくても山の中で飲むビールは美味い!!
でもやっぱり下山後のビールの方が美味しかった♪ 見たかった広大な景色はおあずけだったけど、花々が可愛らしかったから、ホント救われました。
花の名前は山でいろいろ出会っているうちに自然と覚えたり、ネットで調べながらね、レポ書いてるの。
分からない時は放置することも諦める出来る女ですっ( ̄^ ̄)ゞ
Commented by まつおの母 at 2014-07-25 20:23 x
こんばんは〜( ´ ▽ ` )ノ

今回は黒戸がなくなった代わりに九輪草の群生に出会えたり、可愛い小さなキノコちゃん達に会えたり、小屋ではゆっくり美味しい物も食べられて、そしてもちろん女王様にも会えて結果オーライでしたね♪

私はついつい負けるか!!なんて思いで登ってしまいますが、みっちゃんみたいに溶け込け込むように山に入るのも素敵だななんて思いました…表現がまたステキ♪

辛い歩きはその言葉を思い出して登りたいです(*^^*)

樹林帯を抜けた時の開放感!!最高ですよね!
さ、梅雨明けしたし今度こそきっと黒戸尾根から甲斐駒さんが待っていてくれますよ!o(^▽^)o
Commented by woodnote2014 at 2014-07-26 08:58
まつおくんのははちゃま、こんにちはo(^▽^)o♪
不安定なお天気の中、黒戸尾根を歩かずに済んだことはラッキーだったなぁと思います!次は絶対晴れると信じて、次の機会を考えています♪
山や自然は敵に回したら勝てっこないもの。仲良く楽しむのがいちばん。
とはいえ…たまに負けてしまうのは、山ではなく自分になのよねぇorz

梅雨明けして、本格夏山シーズン到来o(^▽^)o♪
北も南も中央も会津も富士山も…山が私を呼んでいる!まつおくんも呼ばれてるんだけどなぁ、彼は山より卓球なのねん♪それもまた青春o(^▽^)o♪
Commented by りこ at 2014-08-15 20:26 x
こんばんは。
夏山のあと、怒濤の日々を経て、まったりの休前日にきました。

素敵な山旅(o^^o)。
仙丈、雲の中、こんなに素敵に歩けるかたは少ないですよ。

新しい言葉も素敵(*^^*)。
お先真っ白、山ビールは斬新だし!、画像も伝えたいことがストレートに届き上手だなあ、と感心しました。

夏休みのあと、週末なしの12日勤務のあとの週末でホッとしすぎて今日は飲み過ぎましたが、また読み直したいいい山レポです!
また読み直したいレポです。
Commented by woodnote2014 at 2014-08-19 21:47
りこさん、嬉しくくすぐったくなるようなコメントありがとう(*^^*)♡
なのに気づくの遅れてお返事も遅くなってしまいました。

自分では少し山慣れしてきて、レポも単調、感動も薄れているかも?と麻痺してたんだけど…りこさんに読み直したいなんて言ってもらえて感動です!ありがとう♪

りこさんの夏休みレポ、自分の夏休み突入前のUP分しか読めてなくて…帰ってきたら続きがいっぱいあって驚いたの!!
自分のレポ仕上げたらゆっくり読みに伺いま〜す♪