WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

しっとり潤うアヤメ平から奥尾瀬・渋沢へVol.2

お腹が空いたo(^▽^)o原の小屋さんの休憩所でカレーうどんを注文し、お外のベンチでいただいていると…ハクセキレイちゃんがひょこひょこ現れます!
カメラを向けるとひょこひょこ、パタパタ消えてしまいます(^◇^;)
写真撮れず。

見晴はレンゲツツジが満開。
c0321967_1235546.jpg
綺麗でした。



見晴から下田代を眺める。
c0321967_12355540.jpg
また雲が少し厚くなっていて至仏の頂上付近は雲の中。
c0321967_12355685.jpg
緑の中に薄紫の花…ああ、もうハクサンチドリの季節なのね(*^^*)♪
c0321967_12355799.jpg
サギスゲさん達は羽を広げて飛び立つ準備をしています!
c0321967_12355820.jpg
ミツガシワさんは相変わらず毛深くていらっしゃる(*^^*)♪
c0321967_12355895.jpg
c0321967_12355959.jpg
そして…今回一番のお目当て、ほわっほわのワタスゲちゃんo(^▽^)o♪
c0321967_1236050.jpg
景鶴さんをバックにしてみたり
c0321967_1236145.jpg
至仏さんをバックにしてみたり
c0321967_1236272.jpg
いやいや背景など緑で良いのだ。ほわほわまんまるワタスゲさん、可愛いなぁo(^▽^)o♪
c0321967_1236311.jpg
いやはや、そんなこんないっぱい撮ってたら、ミラーレスAOちゃんのバッテリーランプがぴこぴこ。
いや、替えはもちろんあるけどね。だいたい1日半は持つのに、この日は写真撮り過ぎ!?
ここからシャッター自粛モードに入っちゃいます!
下田代、赤田代と歩き、さて三条の滝へ向かおうか…いや、すでに足も疲れてきたし、段吉新道を進みしょ。
昨年はトガクシショウマに会えたけど…今年は少し遅かった。残念。
c0321967_1236418.jpg
ウスバサイシンにも会えないかなぁ?と思ったけれど…会えて嬉しかったな(*^^*)♡

そして、やたらと目に着いたのは、双葉ちゃんの上にも双葉ちゃんのこの子。
この下の双葉の頃にブナの芽だと知ったから、さらに葉っぱが増えたこの子達が可愛らしくて、可愛らしくて(*^^*)
たくさんのブナの子供たち。
大きくなり、一本のブナの木に成長できる子はごくごく僅かなのだろう。
でも今ここで成長しようと生きているブナの若者たち。頑張れ〜p(^_^)q
c0321967_1236577.jpg
ウリハダカエデさんの葉っぱは個性的。ウリハダカエデかな?と樹皮を見れば、ウリハダだから分かりやすい☆
c0321967_1236678.jpg
渋沢へと続く道は木道もなく気持ちの良い森林。
c0321967_1236895.jpg
少し足元の悪い道もあるけれど…慎重に歩いていくと、緑に包まれた小屋に到着です(*^^*)/
c0321967_1236826.jpg
小屋の前には2輪のニッコウキスゲさんが咲いていました♪
c0321967_12361099.jpg
14:00に小屋に到着。いささか足腰疲れてはきているものの、まだ時間は早いから、小屋番、森さんにご挨拶をして、荷物を置かせてもらって、さらに奥へと進むことにしましょ!

昨年2度訪れた時には、橋を架ける前だったり、流された後だったか、架かっておらず、恐る恐る石を飛び渡ったけれど、今年はちゃんと架かっていて安心、安全(*^^*)♪
c0321967_12361119.jpg
勢いよく流れるシボっ沢を渡り、美しい奥尾瀬へと入っていきます。
c0321967_12361284.jpg
八木沢新道も自然の中にいるなぁと、感じたけれど、ココがいちばん本当の自然が残っているように感じられて大好きなのです。
c0321967_12361487.jpg
ふたりしずかが大勢で迎え入れてくれました(*^^*)♪
c0321967_12361552.jpg
そして、緑の中にひっそり黄色いキミ。コケイランさんに会えました(*^^*)☆
c0321967_1236169.jpg
山の中のランは意外に地味だけれど、やっぱり気品があるのよね。
c0321967_12361646.jpg
登山道はかろうじて分かるけれど、シダの葉で覆い隠されていたりもするから、慎重に確かめつつ歩いていたら、水の流れ落ちる音が気配が感じられて…
もう一度渡渉して対岸へ。
c0321967_12362425.jpg
この石の上、写真じゃ分からないけれど、どうにも普通に歩けはしなくって、意を決してえいや〜っとホップステップ…ズルっ、ジャポっ(^◇^;)
c0321967_12361851.jpg
えへへ、両足首まで川の中に入っちまったぜ!中まで浸水したのは左足だけ、慌てて捕まろうとした岩に右手薬指の爪先に内出血…あはっ☆強い子だから痛くないもん、泣かないもん♪
痛みや怪我はほぼ無いなと確認して、笑って滝壺へ!
c0321967_12362233.jpg
水しぶきを感じ、魂が宿る水の流れになんだか心現れて…その水が命を吹き込んで行く山々の緑を眺め…長居はせずに戻ります。
c0321967_12361996.jpg
また渡渉して帰らねばという気の重たさから早く解放されたかったのσ(^_^;)
c0321967_12362390.jpg
帰りは上手く渡れてひと安心。山肌流れる名もなき滝?や岩に生きる苔を眺めながら、ゆっくり小屋へと戻りましょ♪
c0321967_12362066.jpg
森林の中、大好きな2本の寄り添う木々があって…来る時は見落としちゃうことが多いんだけど…探してたけど見当たらなかったのよね。
c0321967_12362557.jpg
帰りにも…見つけられず…いや、見落とすようなモノじゃないのだけど。
倒れちゃったのかしら(T . T) 場所を勘違いして気づかなかっただけかも!?
秋にまた行って確かめよう。
c0321967_12362672.jpg
少し薄暗くなってきたような深い緑の林を抜けて、また別のコケイランちゃんと出会う。
c0321967_12362773.jpg
ミズナはもう食べたいという目で見てしまうσ(^_^;)えへへ。
c0321967_12362868.jpg
そしてショウキランちゃん、発見o(^▽^)o♪
ギンリョウソウと同じく葉緑体を持たないのだけど、薄いピンクが可愛らしい!
c0321967_1236297.jpg
ツボミちゃんもいましたよ♪ 撮影してから4日。今頃はもう咲いているかな。
c0321967_12363022.jpg
小屋裏の沢に戻ってきました。石を綺麗に積み上げてあったけど…なかなか美しいバランスo(^▽^)o♪
c0321967_12363111.jpg
急流のシボッ沢を渡って、小屋へと戻りましょ。
c0321967_12363226.jpg
小屋のすぐ裏には、木の断面にびっしりとなめこのようなキノコちゃん!一瞬、納豆に見えちゃったσ(^_^;)
c0321967_12363358.jpg
15:45 小屋に戻って、お部屋に案内いただいて…今夜は団体さんが入るから、もしかしたら相部屋になるかもとご連絡いただいていたけど、おひとり様で広く部屋を使わせていただいて…
団体さんが来る前にどうぞと温泉にゆったり浸からせていただいて、ビールぷしゅo(^▽^)o♪

この日はよく歩いた、歩いた!夕食までうとっとしてしまい、夕食の頃にはなんだかお腹ペコペコで珍しくおちゃけもいただかずにご飯食べたくなっちゃったo(^▽^)o☆

食後ちょっと談話室でお花の名前を調べたり…部屋に戻ってお布団にごろり。
消灯時間を待たずに眠りにつきましたとさ☆
渋沢温泉小屋は沢の流れが結構聞こえて、初めて止まった時は騒々しく感じたけれど、慣れるとそれが心地よく♡朝までぐっすり♪

さて翌日は…兎田代まで戻って、燧裏林道を行きますよ〜!
その様子はVol.3で…

…ってか、最近レポ長くなり過ぎだぁ(^◇^;)
[PR]
by woodnote2014 | 2014-07-03 12:35 | 山歩き | Comments(2)
Commented by akko-kornblume at 2014-07-03 21:28
みっちゃん、こんばんは!

よく歩いたね~!みっちゃんが歩いたことがないところがまだ尾瀬にあったのね。

お花もいっぱいで雨にも降られなかったとはすごいなぁ。
そして・・・渡渉があるのね。怪我しなくて良かった!
私は渡渉が出来ないから、この滝には行けないわー(T_T)
でも、シボッサワは行きたいな。早く行きたいな。
続きも待ってるよん。
Commented by woodnote2014 at 2014-07-03 23:41
あっちゃん、こんばんは〜(*^^*)♪
尾瀬のメインストリートはだいたい歩いたものの、笠ヶ岳や皿伏、白尾、歩いてみたいコースがまだ残ってるよぉ!
同じ道も季節を変えて楽しめるし尾瀬は飽きないねぇo(^▽^)o♪
渋沢大滝は頑張って渡渉すれば滝壺まで行けるけど、少し離れたところから眺めるだけでも十分素敵よっ♪
奥尾瀬は尾瀬らしからぬ森の深さが感じられるから、是非是非行きましょっ!