「ほっ」と。キャンペーン

WOODNOTE

woodnote.exblog.jp
ブログトップ

スキーで登って滑る会津駒ヶ岳

2014年GW後半戦は、久しぶりの単独行。はじめての単独BCスキー山行。
行き先はいつもの会津駒ヶ岳 駒の小屋〜o(^▽^)o

昨年3月、山スキーの駒中仲間ふたりに連れてきてもらって、5時間登ってへとへとで2時間太腿パンパン必死で下りてきたっけ。
今年は小屋開けしてから登ります。
そしたら登る日、滑る日、下りる日に分けて足の負担が減らせるもん(*^^*)♪

前日は檜枝岐お気に入りの民宿檜扇さんに前泊。美味しい山人料理に舌鼓をうち、美味しいお酒をいただいて、たっぷり睡眠をとり、美味しい朝ご飯をいただいて、体調万全(*^^*)/

檜扇さんのご厚意に甘えて、登山口まで車で送ってもらい、9:00ちょい過ぎ、スタート。
川の流れは雪融け水もあってかいつにもまして激しい。ふきのとうもたくさん咲いて春の景色。
c0321967_20474077.jpg
道には少し雪が残っていたり、すっかり土が出ていたり。
車道もまだ通行止め。まぁ徒歩の私はいつだってショートカット道を行くのだけど。
c0321967_20474138.jpg
ショートカット道は、雪もなく土の上を歩きます。
c0321967_20474239.jpg
ザックにスキーを括り付け、足元はスキーブーツ、雪が出てくるまでは歩きにくいことを覚悟していたけれど、テレマークブーツはつま先にジャバラもあるし、柔らかいから、とても歩きやすくて、ちっとも苦にならなかった。

イワナシの花がたくさん可愛らしく咲いていたので写真に収めてみるも、背負ってるスキーがあるのでちゃんとしゃがめず接写できない〜(^◇^;)
c0321967_20474314.jpg
さてさて雪のお山が見えてきましたよ。
村では桜が咲き、春爛漫だけれど、上はやっぱりまだまだ雪深い!
c0321967_20474547.jpg
取り付きまでやってきました。約30分
c0321967_20474692.jpg
いつもよりちょっぴり時間がかかったかな。
でもまぁ良いペース。少し暑いけれど、変な汗も出てないし、良い感じ。
c0321967_20474884.jpg
階段登って急登が続きます。
c0321967_20474994.jpg
営林署の看板の辺りを過ぎると少しずつ雪が出てきて、ヘリポート跡でほぼ雪になってきたけれど、積雪量は少ないので、もう少しブーツのまま歩きます。
c0321967_20475014.jpg
マンサクの可愛らしい花が咲いています(*^^*)♪この春はスキー三昧で春のお花をろくに楽しめてないので、そんな出会いも嬉しい!
c0321967_20475147.jpg
ぼちぼちいいかなとシールを貼ったスキーを履いての登行を始めたのは10:30頃。
ツボ足なら直登できてもスキーだとキツイところもあるので焦らず確かなコースどりを心がけつつ。
でもねぇ急な斜面を巻くように登ろうとしても、雪が柔らかいザラメで登りにくくて、ずずずずず〜っと斜面を登りきれず、途中で板を外して手に持って登ってみたりした箇所も2箇所ほど。
まだまだ修行が足りませぬ。

登り始めから2時間、針葉樹がちらほら出てきた頃、お腹も空いたしお昼にしませう。
c0321967_20475254.jpg
檜扇さんからいただいたおにぎりにしようかと思ったけど、晩御飯にとっておくことにして…あんぱんパクり。

さてさて登りますか。スキー履いてえっちらおっちら。
おっ!燧さん、先週は向こうっかわの至仏からお会いしたけれど、今週はこっちかわからこんにちはo(^▽^)o♪
c0321967_20475360.jpg
さてさて脚がつかれてきたぞ。右の太腿がぷるぷるしだした13:10
もう少しで森林限界超えるかなぁと頑張って歩いてきたけど、少し休みましょ。
c0321967_20475581.jpg
木陰に脚を伸ばして座り、強いこのミロをぱくり。私の行動食の定番です!10分ほど休憩したら、太腿のぷるぷるもおさまって、よし、もう少しだ!
c0321967_2047561.jpg
人の足跡を避け、少し下の斜面をスキーのトレースを確かめながら、登るとサンクラスト、表面てかてかの雪面が綺麗で…う〜ん写真じゃわかんないな(^◇^;)
c0321967_20475881.jpg
そして駒ヶ岳が近づいてきた!トレースの多くは真っ直ぐ山頂方向に向かっていたので、方向転換!私は小屋へ行きますよっと♪
c0321967_2048153.jpg
14:05 駒の小屋、到着〜o(^▽^)o♪

玄関にいた小屋番三橋さんを見つけ「ただいま〜o(^▽^)o」といつものご挨拶!
そして「これから山頂行く?」と聞かれ「行ません!!」と即答。
だって、疲れたもん。ビール飲みたいんだもん!えへへへへ。

小屋には、駒中仲間のAぴろりんがいて、昨年も一緒になったLちゃん、Sちゃんらが来ると聞き、Kぽん、Kちゃん夫妻も来ると聞き、顔馴染みの面々たっくさんo(^▽^)o♪

夕食前にビール2缶、Aぴろりんとおしゃべりしたり、Lちゃんご一行様とおしゃべりしたりして。
5時半からは土間で、私はキャベツとベーコンのコンソメ蒸をおつまみに作り…
筍と舞茸のおにぎりもあったから、それで十分と思いきや、Aぴろりんのキムチ鍋、Sちゃんらのお野菜たっぷりお鍋、Kちゃんの手作りピクルスetc、Sくん(だったかな?)の手作りデザートパウンドケーキにIしぃの杏仁豆腐…お腹ぱんぱん。
ホントにホントにご馳走になりまくりの夜でした。

寝る前にトイレ、トイレと外に出てみると美しい星空。
北斗七星、三日月、火星に木星…あれは双子座?…と。美しい夜空を見上げました!

5月5日4:30起床。窓から東の空を見てみると雲はあれどオレンジがかっている。
これはカメラを持って外に出なくちゃねっ!!

ブルーアワーの燧ヶ岳、至仏山を眺めたり
c0321967_2048216.jpg
会津駒ヶ岳を眺めたり
c0321967_2048323.jpg
ご来光は?というと…雲は厚かった(^◇^;)
c0321967_2048486.jpg
ご来光やモルゲンロートは望めなくても新潟方面の山々は美しいし…
c0321967_2048748.jpg
尾瀬のお山は何度眺めても美しくて…満足(*^^*)♡
c0321967_2048981.jpg


そして…二度寝(( _ _ ))..zzzZZ と1時間半ほど眠ったろうか。
前夜あれだけ食べたのに、お腹は空くもので。

朝ごはんはワカメご飯と鯛のお吸い物の雑炊、手抜きご飯!

今回はねどうしたってスキーやらぶーつやらで荷物が重かったから…食材は軽くっ!!←っていつもだけどねっ♪

食事を終えたら、下山しちゃう仲間達をお見送り。
c0321967_2048108.jpg
2組のパーティなんだけど、顔見知りだったり初対面だったり、ともかく仲間っ!
下で一緒にランチをするとか…私も一緒に行きたい気持ちもあれど、私は連泊するんだも〜ん♪

皆を見送った後は…結構冷えてて雪も固いのでスキーをするには不適だし、ヒマだもの。
小屋のお掃除を手伝わせて下さいませ!!土間の掃き掃除、階段の掃き掃除、ワイパーがけなどさせてもらいまして…コーヒーブレイク(*^^*)♪
駒のねえさんとのおしゃべり楽しんでいたら、あっという間に11時。
雲に隠れてるとはいえ、お天道様も高くなってきて、雪も緩んできたようなので、山頂行っておきましょう!

シールを貼ったスキーでえっちらおっちら。はじめてスキーで会津駒ヶ岳山頂に立てました〜!
と証拠写真を撮りたいなと思っても山頂独り占め。ひとがいないので、山頂標識と駒の小屋の写真を撮っておきましょう♪
c0321967_20481128.jpg
去年や一昨年は行った中門方面や
c0321967_4135614.jpg
大戸沢岳、三ッ岩岳方面
c0321967_20481297.jpg
には行ませんっ( ̄^ ̄)ゞ
今年はヘタレでいいんです!!
駒の山頂から小屋下までなんとなくテレマークターンで滑り降りて、雪質にあんまり上手くは滑れなかったけど、それなりでも満足。
ちょうどお昼だし、戻りましょ。小屋に戻りましょ。ビール飲みましょ☆えへへ

この日のお泊り客3名様が小屋に疲れ、私が缶ビールなんぞ開けようとしていたものだから、山頂は明日にして飲むかって(^◇^;)あは。飲みましょう!飲みましょう!

缶ビールとレーズンバターパンとクリームシチューのランチをいただいたら、少しお昼寝しようかな?なんて思ったものの、身体が冷えたかトイレが近い。外のトイレに行くとますます身体が冷える。

そうこうしてたら、顔馴染みの駒中Sさん到着!
お久しぶりのご挨拶をしたら…三橋さんが泊まり客全員揃ったから、お仕事終了!さ、さ、さ、始めようなんて言うから15時からビール、ワイン、焼酎と始まりましたとさ。

Sさんのおつまみはんぺんチーズやらコンビーフ詰めピーマン頂いたりしたので、私もキャベツとソーセージ2種とミニトマトの簡単ポトフを作ってお裾分け。
昨晩の鍋鍋、絶品料理と比べると…比べちゃいけないほどの手抜きなのに、駒の小屋初心者のお客様達に喜ばれ、なんだかお恥ずかし。
そしてSさんからはジンギスカンなども振舞われ、今宵も楽しい宴。
はい食べ過ぎ、飲み過ぎです(^◇^;)

楽しい宴が終わり、床につくと、屋根に当たる雨の音。けっこう激しい雨の音。
雨の音を子守唄代わりに……(( _ _ ))..zzzZZ

5月6日 4時起床。窓から外をみてみると真っ白な様相。
c0321967_20481356.jpg
このまま寝ていたいところだけど、トイレにいっとくか…と外に出てみたら、雪がうっすら積もっているし!!
ポツポツふわふわ降ってくるし(^◇^;)
雪女健在!?えへへ。
c0321967_20481638.jpg
もう一度寝ようと思いつつ、もう睡眠たっぷりだし…前日はろくに動いてもいないくせに、いっぱい食べたくせに、お腹はやっぱり空くもので。朝ご飯にしましょ。
前夜のポトフ、コンソメスープに残り物のワカメごはんと乾燥野菜入れて、リゾット…というよりやっぱり雑炊にしてっと。

天気予報では徐々に回復して晴れに向かうそうだけど、まだまだガスって、気温も低い。
ふわっとガスが晴れ、駒のたおやかな山容が見えたりもしたけどね。
c0321967_20482020.jpg
小屋裏の大シラビソ達は寒さに耐えている感じ!
c0321967_20482622.jpg
空は少しずつ青さも見せてくれるのだけど。
c0321967_20482751.jpg
前夜の雨でデコボコ氷状、さらに上にうっすら雪。到底私がスキーで下れる状態ではないので、今日もお掃除手伝わせてくださいませ!
掃き掃き、拭き拭きしたら、ミルクティータイム(^◇^;)って手伝ってるのやら?いないのやら?

そうしてたら10:00過ぎだったろうか…3日の夜、下の民宿でお会いしたSさんがスキーで登って来られた。
このSさんとは民宿で初対面だったのだけれど…2年前の雪の季節、駒の小屋でお会いしたOさんのお知り合いで…
そのOさんは、昨年、会津駒にBCスキーで入られ、行方不明になり、残念ながらご遺体として発見された訳で…。
そしてそのSさんはOさんのお仲間の方でご遺体を発見された方だった訳で。
不思議なご縁で知り合って、私がひとりスキーで登ってきて下る予定だと話したこともあり、上がって来られた訳で。
一緒に下らせていただくことになった(*^^*)。
c0321967_20482833.jpg
いつしか青空になった駒の空。
c0321967_2048298.jpg
三橋さん、さゆりさんに見送られて下ります!11:30下山開始!
ひとりのんびり安全策を取りつつ、下らねばと思っていたところに、安心ガイドさんが道案内してくれて感謝です!
c0321967_20483047.jpg
燧ヶ岳も見納めて…下ります。最初はほんのり積もった雪になんとかターンもしやすかったのだけど、あ、テレマークじゃないけどね。
三橋さん達が見えるか見えないか森林手前はバリバリで硬くてデコボコ、厳しい斜面。プルークもしにくく、斜滑降、横滑りもしにくいけど、なんとか滑り降り、あっという間に水場の辺り。
少し休憩しつつ、滑って行くとあっという間にブナ林に。
c0321967_2048301.jpg
ブナの間隔は広く、斜面も思ったほど急には感じないものの、雪はでこぼこブナの実や小枝も落ちているから滑りにくい。
c0321967_20483130.jpg
Sさんが写真撮ってくれるなんて言ってくれた矢先に転ぶ(^◇^;)少し足も疲れてきたのね。
c0321967_20483343.jpg
Sさんはスムースにゆっくり下りてくれるけど、ついてくのが大変になってきた頃、ヘリポート近く。
c0321967_20483952.jpg
夏道より少し下の沢寄りを下りていたので、スキーを外し、夏道まで少し登り返して、ヘリポートで少し休憩。
c0321967_2048435.jpg
あとは雪やら土やら、岩やらをせっせとスキーブーツでくだります!
c0321967_20484674.jpg
まだまだ安心はできません!ザックに積んだスキーが地面や木々にぶつかりそうにもなるから気をつけないと。
c0321967_20485075.jpg
最後まで慎重に、Sさんと楽しくおしゃべりしながらね、下りてきましたよ♪
c0321967_20485255.jpg
雪がわずかに残る山肌と木々の新芽の緑に春を感じつつ…
c0321967_20485361.jpg
太陽さんにも照らされて、14:10頃だったかな。下山完了(*^^*)v

Sさんの車で荷物や靴をデポさせてもらった檜扇さんまで送ってもらい、燧の湯に入り、あした天気さんで至福の琥珀ビールに美味しいパスタをいただいて…

帰路の電車の中でレポかきかき←イマココ。
旅の途中でレポあっぷっぷo(^▽^)o♪

それにしても今回はSさんが多かった(^◇^;)
[PR]
by woodnote2014 | 2014-05-06 20:47 | 山歩き | Comments(10)
Commented by まつおの母 at 2014-05-06 21:46 x
こんばんは(*^^*)

今回も温かな方たちに囲まれて、美味しいご飯に楽しいお酒、とても良い山旅になりましたね。

そして下のお宿で偶然の出会い…もしかしたら本当にOさんと言うかたが安全を見守る為に引き合わせて下さったのかも…うーん、不思議な話しです。

しかし、みっちゃんがスキーで登ると聞いて上がってきて一緒に滑ってくださるなんてSさん素晴らしい方ですね、なんかその温かな気づかいにも感動しました。

いつも事故が起きない様に気をつけているつもりですが、雪山入門者の私とまつお君、本当に心を引き締めて登りたいと思います…なんて、かなり宴会が楽しみな私^^;

はんせーorz

お会い出来るの楽しみにしてま〜す(^_^)v
Commented by くみちょう at 2014-05-07 10:28 x
みっちゃん、お疲れ様でした。連休はしっかりと楽しんでいますね。おいらは5月の4連休は3日間お仕事で、うち2日は24時間勤務。仕事三昧のGWだったので羨ましい限りです。みっちゃんのブロクはいつ見ても楽しいし、今年も駒の小屋は楽しそうですね。行きたくなりました。これからも楽しんでくださいね。
Commented by 山うさぎ at 2014-05-07 20:28 x
こんばんは〜
いつにも増して、温かな出会いがあった駒の春スキーでしたねo(^_-)O Sさんの優しさの陰には、友を亡くされた哀しみがあるのでしょうか…。縁とは不思議な力ですね!

ブルーアワー、とっても素敵な写真ですね。
今週末もこんな時間があるといいなぁ〜♪
登山口でお会いしましょうね\(^o^)/
Commented at 2014-05-07 20:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by woodnote2014 at 2014-05-08 04:12
まつお君のお母様(*^^*)/
私も宴会楽しみです〜!!こないだはスキー担いで荷物も重かったけど、今回はガスやらダウンやら上にデポしてきたし、少し身軽で心も軽い♪
皆と一緒に歩くのも楽しみです。

実は下で亡くなられたOさんの話を聞きながら、私、あっちの世界に呼ばれてるんじゃないか?なんて少しマイナス思考にもなったのだけど…Sさんのエスコートの元、下れて…いろんなものに導かれて守られて、生かされていることを感じました♡
Commented by woodnote2014 at 2014-05-08 04:18
くみちょ〜さま(*^^*)/ GWもおつとめご苦労さまでした!
この季節にしか味わえない山菜を下で食べ、この季節にしか見られない景色を上で見て…たっぷり楽しんだGWでした。
今年の駒の小屋も大盛況!くみちょうの出頭はいつになりますかね?いつ行っても楽しい駒の小屋。とりあえず私は…また明後日行って来まぁす(^◇^;)
Commented by woodnote2014 at 2014-05-08 04:25
山うさぎさま(*^^*)/
山で多くの方々とふれあったり、言葉を交わしても、名前を覚えたり、再会したりすることが無い人のほうが多いというのに、縁は不思議と繋がって、亡くなられた方の人柄やエピソードなど聞けるのはやっぱり縁なんだろうなぁと思います!

この週末もお天気に恵まれそうだし、青い時間も赤く染まる時間も楽しめるんじゃないかと期待大ですね〜♪
Commented by woodnote2014 at 2014-05-08 04:27
非公開のAさま(*^^*)/
そうでしたかそうでしたか!勇気ある撤退、大事ですよね。
Aさんとも間違いなく強い縁を感じるので、またの機会にお会いできるのを楽しみにしています!!
Commented by tabbi at 2014-05-09 07:23 x
みっちゃんさん おはようございます
至仏に会津駒に GW楽しまれてますね(^O^)/
お聞きしてる会津駒の小屋 人と人のつながり・縁がすごいなぁと読ませてもらいました!
ほんと、早いうちに行ってみたい山・小屋です(^-^)
残り少ないBCシーズン 楽しんでくださいね♪
Commented by woodnote2014 at 2014-05-09 22:12
tabbiさん、こんばんは(*^^*)/
会津駒ヶ岳 駒の小屋はホントに縁のつながる素敵な場所です!
そんな訳でなか3日で明日も行ってきます。
久しぶりにスキーを持たずに出かけます(*^^*)/
でももう一回スキーツアーにも行っちゃいまぁす!!!